ヌーソロジー

OCOTにとっての「5」の数字について

投稿日:2012年9月23日 更新日:

ヌーソロジーで、「シリウス革命」を、復習してたら、非常に気になった所を見つけたので、そのまま抜粋です。
 

《ホロニック・ペンターブの説明の所と、オコツト達の「数」の考え方の話》

彼らは、まず「5」という数を無限の象徴として扱う。妙な言い方になるかもしれないが、彼らは「1」よりも「5」が先行して存在していると考えるの
だ。そして、この、数以前とも言える至高の「5」によって、「1」の観念を作り、これを存在が出現するための負荷と定義している。次に、そうやって生まれ
てきた「1」から、続く「2」「3」「4」「5」までの数に例のタカヒマラにおける基本概念――定質、性質、反性質、反定質などの意味合いをそのままダイ
レクトに当てはめ、宇宙のベーシックな構造を組み立てている。つまり、彼らにとって数とは言語そのものなのである。

よって、彼らにとっての「2」とは、創造における第一分化のことを意味しており、「2」=対化と考える。すなわち、「1」が定質で、「2」が性質
だ。よって、定質がなければ性質は存在することができない。それが性質に与えられた「反映」という概念の真意である。つまり、数において「2」が「1」を
含んでいるように、性質もまた暗黙のうちに定質を含んでいるのである。

続く、「3」とは等化、すなわち定質と性質の対称性を1なるものに戻そうとする作用のことで、つまり反性質のことを意味する。「4」はその反性質に
反映される作用のことで、この作用は「対化の中和」に相当する。「3」と「4」。すなわち、等化作用と中和作用もある意味で対化であるから、これらを付帯
質の対化と呼ぶわけだ。

付帯質の対化は次の「5」によって等化されるが、このときの「5」は次の精神システムにおいては「1」として働く。そして、この「1」は同時に新し
い「2」をその反映として作り出し、タカヒマラという精神システムに新たな対化が生まれるといった具合だ。こうしてタカヒマラの運動は飽きることのない5
進法的循環によって永遠に繰り返されえる。

当然のことながら、このようなシステムではいつまでたっても真実の「1」には行き着けない。いや、言い換えれば5イコール1、つまり、「5」こそが
顕現できぬ「1」そのものの仮の姿となってしまう。その意味で、「5」なるものとは、彼らにとってまさに無限そのものの象徴となるのだった。そして、存在
世界のすべての作用をこの最終的な「5」へと還元したときの世界を彼らは「オリオンの最終構成」と呼ぶ。その究極の「5」は世界の完成でもあり、また、世
界の始まりを意味する数でもあるのだ。

(「シリウス革命」p84~p85あたりから引用)

 
半田広宣さんの、『差異と反復』の話も、
なんだが、色々と言葉が多くてごちゃごちゃしてきたような印象を覚えますが・・・

要するに、重要なのは、
顕現できぬ「1」そのものの存在と、仮の姿で存在者としてある「5」との『差異』と、
「1」と「5」を永遠に5進法的に循環していくという、「1」と「5」との『反復』なような気がします。


-ヌーソロジー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「5次元の世界へ参入するということ」をアップしました。

「Raimuのヌーソロジー入門」に、 新しい節を追加しました。 <「次元観察子ψ5」の発見>の下に、 <5次元の世界へ参入するということ>です。 巷でなにかと話題になることの多い「5次元」ですが、 周 …

ψ1~ψ6、一望図

ヌーソロジーの次元観察子ψ1~ψ6を、ざっと見渡せる図と、 ψ1~ψ8周りの理解に絡む、用語の簡潔な説明です。 ψ1~ψ6までを、できるだけ簡潔に一目で見渡せるものが、 あったら良いなと思ってたので、 …

Raimu的ヌーソロジー用語解説集

『シリウス革命』とかに出てくる、 ヌーソロジーの用語で、 自分が重要だと思った所、 ヌーソロジーの概要を掴むために一通り抑えとくべきだと思った用語の、 簡潔な解説集です。 以下の用語が入っています。 …

精神分析用語とヌーソロジー用語のすり合わせまとめを最新にしました

『NOSとNOOSの精神分析』のリリースに伴って、 自分が以前に上げた、以下の二つの記事を最新の内容にしました。 ◆ユング心理学とヌーソロジー用語のすり合わせまとめ ◆ラカンの精神分析とヌーソロジー用 …

「素粒子一覧(和名&独自マークへ置き換えた図)」を作成しました。

  『素粒子一覧(和名&独自マークへ置き換えた図)』というのを作成しました。 「素粒子の名称や概念を、和名や別の絵文字(独自マーク、符号)に置き換えてしまった方が親しみやすいのではないか?」 …

プロフィール

Author:Raimu

魔術・オカルト全般好きな理系。
サイキックの研究とか、占星術とか、
神秘と科学の考察的な、自分の好きなものを置いていきます。

詳しくはこちら

超能力や魔術の研究や、物理学・量子力学を絡めた解明を目的に、少しずつ書いていった連載記事。

『note』のテキストコンテンツとして執筆。社会不適合者が生き残るための考え方や知恵をテーマにしたテキスト。1~5でとりあえず一区切り。第1回目はこちら。

正式名称は『はじめての人でもホロスコープを自分で読めるようになるための記事』。西洋占星術で出した結果をある程度の所まで読めるようになることを目的とした記事。

半田広宣さん提唱の宇宙論・具体的イデア論と言われている『ヌーソロジー』。その基本から実践的な入門までを、自分なりに一通り説明したページ。

その他に作ったものはこちら。

noteREQUで西洋占星術による鑑定を有料で受け付けています。生年月日と出生日時から占う命術鑑定です。
通常コースは3000円、簡易コースは1000円にて受け付けています。

Kindle本など。Amazonで買えます。
「佐道来夢」という名前で出してます。

書籍版Kindle版があり。
「4次元」とは何か?というのが主なテーマ。割と理系的な視点から「異世界」について探求していった本と言っても良いかもしれない。
『ヌーソロジー』の理解に必要な「4次元認識」の実践部分もあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
宇宙論『ヌーソロジー』の入門用。半田広宣さん監修の元、ヌーソロジーの主要な知識を押さえれるコンパクトなハンドブック。
「変換人生活のためのヒント」というテーマの書き下ろしテキストもあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
「リアルな魔法使い」とは何か?をテーマに、「目に見えないもの」との付き合い方や、その仕組みなどについて幅広く書いていった。オカルト的なことを実践していたり、関心のある人に読んでもらいたい本。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
ユング、フロイト、ラカンなどの「精神分析」のジャンルを、ヌーソロジーの概念を使って説明することを試みた「ヌーソロジー×精神分析」の本。精神分析の概念がゼロからでを分かるようにしつつ、ヌーソロジーの世界観の理解も深めることができる。
詳細はこちら

メイン⇒@raimu_23tm

占い関連⇒@raimu_23tm_thot

ヌーソロジーたん⇒@noosology_tan

アストロロジーたん⇒@astrology_tan