魔術的なの

「木丸みさき」さんの「魔女について」まとめ

投稿日:2017年1月21日 更新日:

「木丸みさき」さんという人が無料連載している、
「魔女」に関する漫画(エッセイ?)が面白いです。

「魔女になりたい」という動機から、
「魔女」にまつわる色々なこと。
ゆるゆるな雰囲気ですが、
色々と学べるものがあるような気がします。

以下、はじめの方の話のリンクです。

・“魔女”になりたい漫画家・木丸みさきが挑むゼロからの魔女修行

・大阪・アメ村の“魔女ショップ”で出会った男たちの正体は●●だった!

・魔女の信じる神に指定なし! 神の降りる“自家製”依代づくりで漂う異臭はアレだった?

・魔女の奥義『影の書』の存在が明らかに…!その信仰の秘密が見えてきた

しばらくの連載の後、上記の続きが書籍化されるようになりました。

第2部のシリーズもあって、かなり色々な内容が書かれています。

ちなみに、木丸みさきさんの漫画で紹介されてる『銀孔雀』という店は、
谷崎瑠美という魔女の人が自分なりの魔女探求の末に立ち上げたものです。

◆GUINQUJACK 銀孔雀 – Witchcraft for everyday’s fine prayer

漫画に出てくるカシワギさんは瑠美さんの弟子の方で、
育児の都合で瑠美さんが休止中の時はカシワギさんが運営していましたけど、
現在はまた瑠美さん主導で運営がされているみたいです。

 

魔女とは何か?

ここで、「魔女とは何か?」ということについておさらいしておきましょう。
「魔女」という言葉の使われ方まで踏まえると定義が広いけど、
発祥には約15世紀から18世紀のヨーロッパで広範囲に突発的に行われた「魔女狩り」があって、
「魔女狩りの対象にあった者」ということになります。
また、魔女の宗教や魔女が使う技術のことを「ウィッチクラフト」と言います。

昔に実際にあった「魔女」の定義は「魔女狩りの対象にあった者」であり、
それに相当する文化を生きていた者、ということになると、やはりその意味は広範囲になり、
なんせ15世紀から18世紀に渡ってヨーロッパで広範囲に・・・ってことなので、
地域や文化によって千差万別ってことにもなり、
ヨーロッパの田舎で薬草に詳しい人から、
キリスト教以外の神秘思想や錬金術に傾倒してた者まで指すことになります。

また、「魔女」は女性が主体で大衆的であるという性質上、
「色んな所に混じり合う」という性質を持ち合わせます。
パンクとか混沌魔術とかヒッピーとかフェミニズムとかと融合して盛り上がることもあれば、
音楽やバーチャルリアリティにまで影響を与えたりすることもあります。
日本の場合は、やはり日本の出版社等の影響もあるので、
主流のスピリチュアルと融合していくこともあると言えます。

そんな中でも、1960年頃に「ジェラルド・ガードナー」という人が起こした
現代ウィッチクラフト運動が、後に「ウイッカ」という新流派になっていることが有名です。
それをアメリカに伝えたのが「レイモンド・バックランド」という人で、
アメリカノリを含んだユルめのウィッチクラフトが以下の書籍にまとめられてるので、
「ウィッチクラフトはだいたいこんなもの」と知っておくなら以下の書籍がオススメです。

 

 
・・・まぁ、そんなこんなで、「魔女」の文化には有名な流派はあるものの、
定義が曖昧で混じりやすい性質が持っていて、
「多様性」が前提にあるのが特徴のようなものなので、
木丸みさきさんみたいに、自分なりに「魔女とは?」と問いながら、
今風にチャレンジするスタンスが必要だからこそ、
こうした漫画が有意義なのだと思います。


-魔術的なの

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「魔女入門」っていう100円Kindle本が結構良かった。

ツイッターで魔術繋がりの情報を見てたら知った本。 普通にスピリチュアル系っぽい路線の内容も含まれています。 100円ということもあり、文章は短め、一項一項も短めであっさり読めるけど、言いたいことが簡潔 …

各月相の意味の一覧

各月相の意味の一覧です。 書籍、「月の魔法」などを参考にしました。 旧暦の日付に1を引くと、月齢になります。 月齢と月相と関係は、季節によって変わったりします。 詳しくはこちらのサイトを参照。   < …

「杖(ワンド)」というのを作ってみた話

魔術や魔法とかで使われる、「杖(ワンド)」というのを作ってみました。 自分は『リアル魔法使いマニュアル』というのを書いてるぐらいですし。 むしろ、その道のプロからしたら今まで作ってなかったのかとツッコ …

「まほー工房」というサークルを紹介してみる

『まほー工房』というサークルが面白いので、ちょっと紹介してみます。 ◆まほー工房 これは、「魔術のレッスン」「魔法ハウツー」といったことが学べる、学習用の音源を販売しているサークルです。

水木しげるがスウェーデンボルグを紹介してる漫画

かの有名な妖怪大王、水木しげるさんがとうとう亡くなられましたね・・・ 自分は、「スウェーデンボルグ」という人は水木さんの漫画で知りました。 他にも、面白オカルトとんでもエピソードが水木さん流に紹介され …

プロフィール

Author:Raimu

魔術・オカルト全般好きな理系。
サイキックの研究とか、占星術とか、
神秘と科学の考察的な、自分の好きなものを置いていきます。

詳しくはこちら。

超能力や魔術の研究や、物理学・量子力学を絡めた解明を目的に、少しずつ書いていった連載記事。

半田広宣さん提唱の宇宙論・具体的イデア論と言われている『ヌーソロジー』。その基本から実践的な入門までを、自分なりに一通り説明したページ。

その他に作ったものはこちら。

Kindle本など。Amazonで買えます。
「佐道来夢」という名前で出してます。

書籍版Kindle版があり。
「4次元」とは何か?というのが主なテーマ。割と理系的な視点から「異世界」について探求していった本と言っても良いかもしれない。
『ヌーソロジー』の理解に必要な「4次元認識」の実践部分もあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
宇宙論『ヌーソロジー』の入門用。半田広宣さん監修の元、ヌーソロジーの主要な知識を押さえれるコンパクトなハンドブック。
「変換人生活のためのヒント」というテーマの書き下ろしテキストもあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
「リアルな魔法使い」とは何か?をテーマに、「目に見えないもの」との付き合い方や、その仕組みなどについて幅広く書いていった。オカルト的なことを実践していたり、関心のある人に読んでもらいたい本。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
ユング、フロイト、ラカンなどの「精神分析」のジャンルを、ヌーソロジーの概念を使って説明することを試みた「ヌーソロジー×精神分析」の本。精神分析の概念がゼロからでを分かるようにしつつ、ヌーソロジーの世界観の理解も深めることができる。
詳細はこちら

メイン⇒@raimu_23tm

占い関連⇒@raimu_23tm_thot

ヌーソロジーたん⇒@noosology_tan

アストロロジーたん⇒@astrology_tan