西洋占星術

西洋占星術における各惑星サインの意味(引用)

投稿日:2013年3月20日 更新日:

西洋占星術における、各惑星の意味の一覧です。

松村潔著『最新占星術入門』に書いてあるものが、物凄く的確に、かつ、良くまとまってる気がしたので、載せておきます。
これは、カバラの解釈や、ヌーソロジーの観察子に割り当てられてる各惑星の意味にも通じています。

 

月のサイン:
月のサインが表すのは、自分というパーソナリティを守るための、オートマティカルな感情の反応パターンです。これは物心つく前に育成され、本人よりむしろ他人から観察されやすい傾向だといえます。

水星のサイン:
水星は神経の発達に関係します。これは、その人のベーシックな活動のスタイルや、知性の働かせ方のパターンを維持するのに必要なものです。知性のほか、コミュニケーションや創意工夫の能力などを示します。

金星のサイン:
金星は、人生における楽しみや快楽、美しいものを愛でたり、愛情を堪能したりする天体です。このサインを読むことで、その人が最も快いと感じる楽しみと、それに対するアプローチの傾向がわかります。

太陽のサイン:
人生を自主的に切り開いていくときに何をよりどころにする傾向があるか、あるいは人生の目的は何かが、太陽のサインに表われてきます。なお、受動的に生きるときは、月のサインがより強く影響力を持ちます。

火星のサイン:
火星は、個人の意思を外的に持ち出し、行動へと駆り立てます。したがって、火星が滞在するサインは、その人が他者を押しのけたり、冷静さやバランス感覚を失いやすいのはどのような状況であるかを示します。

木星のサイン:
木星は、その人の心の中にあるイメージを表します。それを発展させるために、どんなところでどのような活動をすればよいのかを、サインが示唆します。この惑星は、中年期からその影響を強めます。

土星のサイン:
若いうちは苦手意識を持っていても、年をとるにつれて発達してくる部分が、土星のサインに表れます。社会における自分の位置づけが明確になってくると、土星の示すサインは、その人の安定した資質となります。

天王星のサイン:
天王星は、社会全体を未来へと牽引する力を持っています。ひとつのサインに長く滞在するので、個人というよりも世代的な特徴が表れ、改革力とひらめきをどの分野で発展するかが読み取れます。

海王星のサイン:
意識を深く広げていくときに、どんな分野を源流にするかが表れます。この惑星も、天王星として同じく世代的な特徴を表します。

冥王星のサイン:
冥王星は、無から意思をつくりだす「自己創造」の惑星です。時代ごとの文化を生み出す根源的な意思や価値感がどこにあるかを表します。世代ごとの特徴としてのサインの意味を理解する必要があります。

西洋占星術においては、自分が生まれた日付、時間に、
どの惑星がどの星座の位置にあるかで、その性格を占いますが、
そのそれぞれの惑星が、以上の意味を持ってるわけです。


-西洋占星術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「12星座別、魔術に対する目的とアプローチ傾向」というのをまとめました

考えだしたら発想が膨らんでいったので、 『12星座別、魔術に対する目的とアプローチ傾向』というのをまとめてみました。 この星座の場合これは必ずこれ、というより、 こんな感じで魔術にも様々な目的が考えら …

「アストロロジーたん」を公開します

◆アストロロジーたん(@astrology_tan)さん | Twitter 『アストロロジーたん』というのをリリースしました。 アストロロジー(占星学、西洋占星術)に関するツイートをするbotです。 …

「令和元年」時点のホロスコープを読んでみました

最近、西洋占星術の中級ぐらいのスキルもしっかり身につき、 ちょいちょい占いもできるようになった自分です。 そんなわけで「星が読めるやつ」の端くれになったので、 「令和元年」のホロスコープというのを せ …

西洋占星術の歴史をざっくりとまとめてみた

先日、いよいよアストロロジー(西洋占星術)をちゃんと習い始めたりしました。 それの関連もあって『世界史と西洋占星術』という本を改めて読んだので、 西洋占星術の歴史をまとめておきます。  

はじめての人でもホロスコープを自分で読めるようになるための記事【西洋占星術】

『西洋占星術』。 それは、西洋産の星占い。 紀元前2000年前のバビロニアとか、古代ギリシャとか古代ローマとかから使われていた 由緒正しき占い・・・ ・・・と、そんな「西洋占星術」をはじめて知る人でも …

プロフィール

Author:Raimu

魔術・オカルト全般好きな理系。
サイキックの研究とか、占星術とか、
神秘と科学の考察的な、自分の好きなものを置いていきます。

詳しくはこちら

超能力や魔術の研究や、物理学・量子力学を絡めた解明を目的に、少しずつ書いていった連載記事。

『note』のテキストコンテンツとして執筆。社会不適合者が生き残るための考え方や知恵をテーマにしたテキスト。1~5でとりあえず一区切り。第1回目はこちら。

正式名称は『はじめての人でもホロスコープを自分で読めるようになるための記事』。西洋占星術で出した結果をある程度の所まで読めるようになることを目的とした記事。

半田広宣さん提唱の宇宙論・具体的イデア論と言われている『ヌーソロジー』。その基本から実践的な入門までを、自分なりに一通り説明したページ。

その他に作ったものはこちら。

『プロミテウス』というプログラミング学習用のブログを開設しました。
初心者向けの「プログラミング入門」がメインコンテンツになりますので、よろしくお願いします。

noteREQUで西洋占星術による鑑定を有料で受け付けています。生年月日と出生日時から占う命術鑑定です。
通常コースは3000円、簡易コースは1000円にて受け付けています。

Kindle本など。Amazonで買えます。
「佐道来夢」という名前で出してます。

書籍版Kindle版があり。
「4次元」とは何か?というのが主なテーマ。割と理系的な視点から「異世界」について探求していった本と言っても良いかもしれない。
『ヌーソロジー』の理解に必要な「4次元認識」の実践部分もあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
宇宙論『ヌーソロジー』の入門用。半田広宣さん監修の元、ヌーソロジーの主要な知識を押さえれるコンパクトなハンドブック。
「変換人生活のためのヒント」というテーマの書き下ろしテキストもあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
「リアルな魔法使い」とは何か?をテーマに、「目に見えないもの」との付き合い方や、その仕組みなどについて幅広く書いていった。オカルト的なことを実践していたり、関心のある人に読んでもらいたい本。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
ユング、フロイト、ラカンなどの「精神分析」のジャンルを、ヌーソロジーの概念を使って説明することを試みた「ヌーソロジー×精神分析」の本。精神分析の概念がゼロからでを分かるようにしつつ、ヌーソロジーの世界観の理解も深めることができる。
詳細はこちら

メイン⇒@raimu_23tm

占い関連⇒@raimu_23tm_thot

ヌーソロジーたん⇒@noosology_tan

アストロロジーたん⇒@astrology_tan