西洋占星術

「自分の知り合いに見る〇〇座の性格」シリーズ

投稿日:2018年6月2日 更新日:

Img_20180602_1803283

西洋占星術ネタで、
自分がTwitterで何気なくツイートしてた、
『自分の知り合いに見る〇〇座の性格』というのがあります。

西洋占星術を習得中の身として、
星座ごとの性格(一般的に言われる~月生まれの星座、みたいなやつ)を、
自分の周りにいる知ってる人をベースに簡単に書いていました。

12星座が全て揃ったことだし、ここにもまとめてみることにしました。

※奇人変人のいて座である自分視点によるものになります。
※「火属性」というのは、おひつじ座、しし座、いて座のことを指します。


<自分の知り合いに見るおひつじ座の性格>
・とりあえず素で突っ走る能力が高い。
・シンプルにパンクなモチーフのものが好き。
・気に入らないものは中指立てながらも突っ走っていくスタンス。
・うお座によってる場合はアーティスト補正がかかってる。
・おうし座によってる場合はちょっとしっかりしてる。事業とか起こしそう。

<自分の知り合いに見るおうし座の性格>
・それなりに落ち着いた物腰の態度を取る。
・たまにおうし座に見えない人もいる。ただ、休息を取るのが大好きなのがやっぱりおうし座っぽい。
・多趣味な印象がある。結構いろんなことに興味を持ちやすい。
・おひつじ座によってる人はやっぱり斬新なもの好き。起業とかしそう。
・ふたご座によってる人は仕事ができそう。

<自分の知り合いに見るふたご座の性格>
・あんまり身近な知り合いにいないので言えることあるか微妙だけど……とりあえず、社交的な能力高そう。
・知的な分野で活躍してる人もいる。
・オカルト関係やるとしたら、学術的な視点を結構持ってる。
・おうし座によってる人はじっくり学問やるのに向いてそう。
・かに座によってる人は人当たりも良さそう。

<自分の知り合いに見るかに座の性格>
・繊細なので、ちょっとしたことで気にしたりする。バッシングに弱い。
・話が上手い。というか、理屈はさておき親しまれるのが上手い。気づかいも上手い。
・家庭が大事っていう発想に行き着きやすい。発想が大衆的なので大衆にウケやすい。
・ふたご座によってる人は知的な分野向きに補正かかってそう。
・しし座によってる人は、ちょっと強いお父さんお母さんみたいな補正かかってそう。

<自分の知り合いに見るしし座の性格>
・とりあえず野心が強い。なんかデカいことをしたがってる。
・リーダーができるかどうかは別問題。ただ、率先して何かをしたがりそうな性格はある。
・他の火属性と比べると社会的なことを考えるので仕事ができる。けど、言うことを聞くとは限らない。
・かに座によってる人は、角は丸めで良い人そう。
・おとめ座によってる人は、野心に加えて仕事までできそう。

<自分の知り合いに見るおとめ座の性格>
・とりあえず、キッチリと作業をする能力が高い。
・真面目でないこともある。ただ、作業となるとキッチリやるし、ルールも押さえてるのでしっかりしてる。
・自分の知り合いは特に不真面目な要素強い人多いけど、ルールは分かってるらしくて立ち回りが上手い。
・しし座によってる人は真面目じゃない方によってそう。
・てんびん座によってる人は仕事ができて人当たりもよさそう。

<自分の知り合いに見るてんびん座の性格>
・自分みたいな変人にも話しかけてくれるようなコミュ力。ただ、八方美人な性格で、実は「自分」というのをあまり持ってないらしい。
・リア充適正があるけど、変人コミュニティに属してることもある。
・イノベーションを起こす人と相性が良いけど、役割は仲介役なので、本筋の人とは考え方が違う。
・おとめ座によってる人は世渡りが上手そう。
・さそり座によってる人はちょっと闇を抱えてそう。いくらかは「自分」みたいのを持ってそう。

<自分の知り合いに見るさそり座の性格>
・不器用星座の代表格。この世の闇とか哲学に興味ある。
一見、そうは見えないこともあるけど、よくよく見てみるとやっぱり微妙に不器用だったり、発想が極端だったり、哲学とか変なものが好きだったりする。
・精神力が凄い。よくそんなことできるねみたいなことをやってる。
・ちなみに自分のMC星座はこれ。
・てんびん座によってる人は人当たりが良いのでマシになってそう。多少は器用かもしれない。
・いて座によってる人はもっと宗教哲学とかに凝ってそう。

<自分の知り合いに見るいて座の性格>
・自分となんか発想が似てるな~と思ったら、いて座なことがあるあるなマイ星座。
・基本的にフリーダム精神を胸に生きてる。
・一見フワフワしてるようで結構色々考えてる。自分独自の哲学を持ってて、それを力強さにして生きてる。
・さそり座によってる人は哲学色が濃そう。
・やぎ座によってる人は、よってない人よりもしっかりしてそう。

<自分の知り合いに見るやぎ座の性格>
・なんかやたらと知り合いに少ない……というかほとんどいないぞ。つまりそんなに合わないのか……
・とりあえず根が真面目なんだと思う。
・骨が丈夫。みたいな性格。ノリがキツいとついていけなそう。
・いて座によってる人は、いくらかラフな方によってそう。
・みずがめ座によってる人は、真面目な職人みたいになってそう。

<自分の知り合いに見るみずがめ座の性格>
・自分の知り合いに結構多い。斬新だけど友好的な性格が合ってるっぽい。自分のASC星座でもある。
・のんびりだったり楽観的だったりマイペースだったりするけど話しやすい。
・大体、変わったものが好き。イノベーションを起こす奴だけど、火属性系とは微妙にノリが違う。単独で戦えるというよりかは、友人か機械に頼る方が向いてる。
・やぎ座によってる人は、変なもの好きに真面目な性格が混ざってそう。
・うお座によってる人は、変なもの好きにロマンチシズムが混ざってそう。

<自分の知り合いに見るうお座の性格>
・これも割と知り合いに多いかな? アーティスト適正とオカルティスト適正があるけど、人当たりの良いコミュニケーションもできるという印象。
・イノベーションを起こす火属性系のようにアートに走ることもあるけど、こちらはあくまで「夢を与える」能力が高い。
・自分の場合だとアートには哲学を求める傾向があるけど、こっちの人はあくまでロマンを求める傾向にある。ファンタジー感が大事。
・みずがめ座によってる人はハイテクなものにもいくらか惹かれそう。
・おひつじ座によってる人はロマンに加えて行動力もありそう。



-西洋占星術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「12星座を写真加工で表現してみた画像」が出来ました。

strong

「令和元年」時点のホロスコープを読んでみました

最近、西洋占星術の中級ぐらいのスキルもしっかり身につき、 ちょいちょい占いもできるようになった自分です。 そんなわけで「星が読めるやつ」の端くれになったので、 「令和元年」のホロスコープというのを せ …

西洋占星術における各惑星サインの意味(引用)

西洋占星術における、各惑星の意味の一覧です。 松村潔著『最新占星術入門』に書いてあるものが、物凄く的確に、かつ、良くまとまってる気がしたので、載せておきます。 これは、カバラの解釈や、ヌーソロジーの観 …

西洋占星術の歴史をざっくりとまとめてみた

先日、いよいよアストロロジー(西洋占星術)をちゃんと習い始めたりしました。 それの関連もあって『世界史と西洋占星術』という本を改めて読んだので、 西洋占星術の歴史をまとめておきます。  

2020年。木星と土星と冥王星が合流してヤバくなる話

今回は西洋占星術的に重要な話です。 西洋占星術では現在の星の運行が大事であり、 何かが始まったタイミングでの星の位置に意味があると解釈します。 ここ最近、占い師の間で有名なのは、 土星と冥王星が近い位 …

プロフィール

Author:Raimu

魔術・オカルト全般好きな理系。
サイキックの研究とか、占星術とか、
神秘と科学の考察的な、自分の好きなものを置いていきます。

詳しくはこちら

超能力や魔術の研究や、物理学・量子力学を絡めた解明を目的に、少しずつ書いていった連載記事。

『note』のテキストコンテンツとして執筆。社会不適合者が生き残るための考え方や知恵をテーマにしたテキスト。1~5でとりあえず一区切り。第1回目はこちら。

正式名称は『はじめての人でもホロスコープを自分で読めるようになるための記事』。西洋占星術で出した結果をある程度の所まで読めるようになることを目的とした記事。

半田広宣さん提唱の宇宙論・具体的イデア論と言われている『ヌーソロジー』。その基本から実践的な入門までを、自分なりに一通り説明したページ。

その他に作ったものはこちら。

『プロミテウス』というプログラミング学習用のブログを開設しました。
初心者向けの「プログラミング入門」がメインコンテンツになりますので、よろしくお願いします。

noteREQUで西洋占星術による鑑定を有料で受け付けています。生年月日と出生日時から占う命術鑑定です。
通常コースは3000円、簡易コースは1000円にて受け付けています。

Kindle本など。Amazonで買えます。
「佐道来夢」という名前で出してます。

書籍版Kindle版があり。
「4次元」とは何か?というのが主なテーマ。割と理系的な視点から「異世界」について探求していった本と言っても良いかもしれない。
『ヌーソロジー』の理解に必要な「4次元認識」の実践部分もあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
宇宙論『ヌーソロジー』の入門用。半田広宣さん監修の元、ヌーソロジーの主要な知識を押さえれるコンパクトなハンドブック。
「変換人生活のためのヒント」というテーマの書き下ろしテキストもあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
「リアルな魔法使い」とは何か?をテーマに、「目に見えないもの」との付き合い方や、その仕組みなどについて幅広く書いていった。オカルト的なことを実践していたり、関心のある人に読んでもらいたい本。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
ユング、フロイト、ラカンなどの「精神分析」のジャンルを、ヌーソロジーの概念を使って説明することを試みた「ヌーソロジー×精神分析」の本。精神分析の概念がゼロからでを分かるようにしつつ、ヌーソロジーの世界観の理解も深めることができる。
詳細はこちら

メイン⇒@raimu_23tm

占い関連⇒@raimu_23tm_thot

ヌーソロジーたん⇒@noosology_tan

アストロロジーたん⇒@astrology_tan