シュタイナー

シュタイナーについてあれこれ

投稿日:2014年7月6日 更新日:

『ヌーソロジー宇宙学 VS シュタイナー神秘学』というイベントが
2014年7月20日に東京で行われます。
当然、自分も、参加する予定です。

ここで、自分のシュタイナーに対する見識というか、
関わりについて書いておきます。
 

まず、ざっくりと、高校時代に「シュタイナー教育」なるものがあるということを耳にしていて、
その概要なんかは軽く押さえていました。

大学の前半あたりで、「シュタイナー教育」についてもう少し掘り下げたり、
シュタイナーは学者でありながら霊能者で、
万能な能力を発揮して活躍していた人だというのを、
知っていくことになりました。

シュタイナーを本格的に読み始めたのは、大学の後半のあたりで、
代表書籍と思われる『神秘学概論』『いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか』は、
とりあえず読み通しました。
これは一応、「内容を把握した」って感じで、
人智学の考え方と方向性は掴んだというか、
分かる所と分からない所を把握したというか、
使えそうな所を押さえたというか、そんな感じです。
まだ理解できてない所があるまま、本棚に閉まってあります。

特に、『神秘学概論』の惑星期の話なんかは、
「これは凄く難しいな・・・、ヌーソロジーでいうと大系観察子ぐらい難しいのでは?」と判断するなりして、
保留にしている箇所だったりします。

それから、健康について気になったので、『健康と食事』を読んだり、
色について気になったので、『色彩の本質・色彩の秘密』を読んだり、
瞑想用の文章について気になったので『瞑想と祈りの言葉』を読んだりしました。

特に、『健康と食事』は今でも実生活に役立ってる気がするので、良かったと思います。
自分は、牛乳やチーズなどの乳製品と相性が良い人間なんですが、
積極的に採るようになったのも、この本の影響な気がします。

それから、ヌーソロジーで『悪の秘儀』が話題になっていたので、
『悪の秘儀』を買うなどします。
これも、「アーリマン」「ルシファー」「キリスト」の意識があるというのは押さえておきましたが、
全部を読んで理解できたわけではないと思います。
  

シュタイナーは、あまりに核心を突き過ぎて難しい分野を扱っているせいなのか、
とてもじゃないけど理解できない箇所が多いので、
「使える所は使っておく」というアプローチで、
扱っている人が多いのではないか?と思います。

あと、シュタイナーの言う「霊界参入」と、ヌーソロジーの「意識をシリウス領域へ」というのは、
方向性としては同じと思われるもので、
その際、シュタイナーは「優れた精神性」の重要性を説いていたんですが、
ヌーソロジーはそういうのが無いのが特徴です。
これは、コウセンさんが説教くさい言い方が好きでないというのと、
オコツトとコウセンさんの、性格と方針がそうだからなんだと思います。
自分もそういう感じの良さは好きなんですが、
「精神性」というのも重要でないわけではないので、
その辺を訴えておくために、「シュタイナー」との接合なんかもいるかもしれません。


-シュタイナー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シュタイナー「健康と食事」まとめ

ルドルフ・シュタイナーの『健康と食事』という本で、 自分が気になった所を抜粋してみました。 原書のがより詳しく書かれてるんで、 あくまで参考程度に見てみてください。   <食について色々> ・精神科学 …

シュタイナーの「目覚め」と「眠り」の瞑想文

自分の気に入っている、瞑想文の紹介です。 ルドルフ・シュタイナー『瞑想と祈りの言葉』(p51)より引用、 「目覚め」と「眠り」に時に唱えると良いとされる瞑想文です。   <目覚め> 宇宙の精神の輪のな …

シュタイナー、喉のチャクラ開発のための8つの言葉

ルドルフ・シュタイナーの「瞑想と祈りの言葉」に書いてある、 喉のチャクラを開発すると言われる、8つのメッセージです。 思考的で思慮深い人のためのバイブルになりそうです。 無意識から思考を引き出すために …

プロフィール

Author:Raimu

魔術・オカルト全般好きな理系。
サイキックの研究とか、占星術とか、
神秘と科学の考察的な、自分の好きなものを置いていきます。

詳しくはこちら。

超能力や魔術の研究や、物理学・量子力学を絡めた解明を目的に、少しずつ書いていった連載記事。

半田広宣さん提唱の宇宙論・具体的イデア論と言われている『ヌーソロジー』。その基本から実践的な入門までを、自分なりに一通り説明したページ。

その他に作ったものはこちら。

Kindle本など。Amazonで買えます。
「佐道来夢」という名前で出してます。

書籍版Kindle版があり。
「4次元」とは何か?というのが主なテーマ。割と理系的な視点から「異世界」について探求していった本と言っても良いかもしれない。
『ヌーソロジー』の理解に必要な「4次元認識」の実践部分もあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
宇宙論『ヌーソロジー』の入門用。半田広宣さん監修の元、ヌーソロジーの主要な知識を押さえれるコンパクトなハンドブック。
「変換人生活のためのヒント」というテーマの書き下ろしテキストもあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
「リアルな魔法使い」とは何か?をテーマに、「目に見えないもの」との付き合い方や、その仕組みなどについて幅広く書いていった。オカルト的なことを実践していたり、関心のある人に読んでもらいたい本。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
ユング、フロイト、ラカンなどの「精神分析」のジャンルを、ヌーソロジーの概念を使って説明することを試みた「ヌーソロジー×精神分析」の本。精神分析の概念がゼロからでを分かるようにしつつ、ヌーソロジーの世界観の理解も深めることができる。
詳細はこちら

メイン⇒@raimu_23tm

占い関連⇒@raimu_23tm_thot

ヌーソロジーたん⇒@noosology_tan

アストロロジーたん⇒@astrology_tan