ヌーソロジー

ヌーソロジーの次元観察子とVR(バーチャルリアリティ)空間の対応

投稿日:2016年6月26日 更新日:

最近、ヌーソロジーとVR・3Dゲームに関する気付きがあって、
これがなかなかしっくり来ているのでまとめてみます。

主に偶数系の元止揚の次元観察子、
ψ4、ψ6、ψ8のあたりは、
4次元時空としての空間認識と関わっていますが、
電子ゲームとの関わりでいうと以下に対応します。


次元観察子ψ4:
3D静止画と2Dゲームに対応。
4次元時空の認識。

次元観察子ψ6:
3Dゲームに対応。
4次元時空への身体投入と、
複数の4次元時空認識の統一。

次元観察子ψ8:
オンライン3Dゲームに対応。
4次元時空の複数の身体が作り出す世界。
複数の4次元時空の身体感覚の統一。


ψ6がポイントですかね。
やはり、「身体をまるごと3Dに入れる」が、
中心箇所になると思います。
ψ2は飛ばしましたが、
さしずめ、「デジタル時計などによる時間認知」って所ではないか?と思います。

これが、「幼児の時間・空間認識の発達」や「人間の自我の形成」ともリンクしているので、それについて詳しくまとめてみるのも良さそうです。

そして、これの面白い所は、「4次元時空」をそのまま「4次元空間」(または知覚正面・エーテル空間とも)に取り替え、また、『中和』の働きを『等化』の働
きに置き換えたら、そのまま、ψ3、ψ5、ψ7といった、アセンション側の構造にも当てはまるのではないか?という所です。
「認識」⇒「複数認識の統合と身体化」⇒「複数の身体感覚の等化」という発展構造がネックになりそうです。


-ヌーソロジー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【NOOS WAVE】「川瀬統心×天海ヒロの特別対談後半」のメモ書き

前回の記事は以下。 【NOOS WAVE】「川瀬統心×天海ヒロの特別対談後半」のメモ書き 引き続き、3月20日に『NOOS WAVE』で 「川瀬統心×天海ヒロの特別対談後半」が配信されたので、 またど …

エニアグラムについてとか。ヌーソロジーとの絡みについてとか

今回は「エニアグラム」について書いていきます。 まず、エニアグラムとは何か?について。 簡単に説明すると、 人間の性格ってだいたい9タイプに分けることができるよね みたいな性格類型論です。 もうちょい …

no image

コウセンさんのブログ記事「願いとして叶わざるはなし」

願いとして叶わざるはなし http://www.noos.ne.jp/cavesyndrome/?p=3617   テキスト執筆のため、過去の情報を漁ってる最中に、 改めて読んだ記事。 半田広宣さんの …

「ヌースレクチャー2009年版DVD」の「メモ書き」を置きました

ヌースレクチャー2009年版のDVD(現在はダウンロード販売)を、 大分前から少しずつ観てたんですが、 そのDVDの内容が観やすいように、 「動画内のどの時間にどういうことを言っているのか?」 を書い …

書籍「2013:人類が神を見る日」はここが良い

ヌーソロジーの公式サイトから、書籍『2013:人類が神を見る日』のダウンロード版(¥1,500)が出ました。 PDF形式の電子書籍です。 タブレット端末を持ってる方なら、「Sidebooks」などのア …

プロフィール

Author:Raimu

魔術・オカルト全般好きな理系。
サイキックの研究とか、占星術とか、
神秘と科学の考察的な、自分の好きなものを置いていきます。

詳しくはこちら

超能力や魔術の研究や、物理学・量子力学を絡めた解明を目的に、少しずつ書いていった連載記事。

『note』のテキストコンテンツとして執筆。社会不適合者が生き残るための考え方や知恵をテーマにしたテキスト。1~5でとりあえず一区切り。第1回目はこちら。

正式名称は『はじめての人でもホロスコープを自分で読めるようになるための記事』。西洋占星術で出した結果をある程度の所まで読めるようになることを目的とした記事。

半田広宣さん提唱の宇宙論・具体的イデア論と言われている『ヌーソロジー』。その基本から実践的な入門までを、自分なりに一通り説明したページ。

その他に作ったものはこちら。

noteREQUで西洋占星術による鑑定を有料で受け付けています。生年月日と出生日時から占う命術鑑定です。
通常コースは3000円、簡易コースは1000円にて受け付けています。

Kindle本など。Amazonで買えます。
「佐道来夢」という名前で出してます。

書籍版Kindle版があり。
「4次元」とは何か?というのが主なテーマ。割と理系的な視点から「異世界」について探求していった本と言っても良いかもしれない。
『ヌーソロジー』の理解に必要な「4次元認識」の実践部分もあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
宇宙論『ヌーソロジー』の入門用。半田広宣さん監修の元、ヌーソロジーの主要な知識を押さえれるコンパクトなハンドブック。
「変換人生活のためのヒント」というテーマの書き下ろしテキストもあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
「リアルな魔法使い」とは何か?をテーマに、「目に見えないもの」との付き合い方や、その仕組みなどについて幅広く書いていった。オカルト的なことを実践していたり、関心のある人に読んでもらいたい本。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
ユング、フロイト、ラカンなどの「精神分析」のジャンルを、ヌーソロジーの概念を使って説明することを試みた「ヌーソロジー×精神分析」の本。精神分析の概念がゼロからでを分かるようにしつつ、ヌーソロジーの世界観の理解も深めることができる。
詳細はこちら

メイン⇒@raimu_23tm

占い関連⇒@raimu_23tm_thot

ヌーソロジーたん⇒@noosology_tan

アストロロジーたん⇒@astrology_tan