カバラ

「カバラの入門書はどれが良いか?」という問題について

投稿日:2016年12月25日 更新日:

ある日、『西洋魔術シンポジウム』なる 魔術関連のイベントに参加していました。
その中で「カバラの入門書はどれが良いか?」という質問がありました。
この問題は、結構、ベテランの人に向けてそれが問われたにも関わらず、
あまりしっくり来る答えがはっきり返ってこない問題でした。
(オススメ本は英語の本だったりするし・・・)

「カバラとは何なのか?」 というのをあっちこっち探したり調べたりしてる身としては、
確かにこれは難しい問題で、 例えば、日本語に翻訳されている本なんかは、
近代魔術カバラの影響を受けているものが多いけれど、
これは正統な「ユダヤ・カバラ」かというとそうでもなく、
かといって、現代日本において、 正統な「ユダヤ・カバラ」で、満足できるカバラがちゃんと学べるかというと、
それもかなり難しかったりします。
ベテランの人にとっては、 流派と正当性を特に意識するからこそ、
答えるのが難しい問題なんだと思います。

この問題について、 とりあえずの素人見解としては、 まずは読みやすい、
大沼忠弘さんの『実践 魔法カバラー入門』を読んで、 カバラの世界観や、その雰囲気を掴んでみて、
それから、ガッツリと内容が書かれている、 ダイアン・フォーチュンの『神秘のカバラー』を読んで、
近代魔術カバラとして割とメジャーなカバラを学んで、
それから、 『神のようになる―カバラーと人生の窮極目的』を読んで、
カバラの原典に近い「ゾハールの書」的な、「ユダヤ・カバラ」の姿勢を学ぶ・・・などのやり方があります。

これらの書籍は、全部、大沼忠弘さんという人が、執筆・翻訳に関わっているので、
大沼さんで構成されるコースということになります。

ただ、それを読んだだけでも、 「パスワーク」といった近代魔術カバラの手法にはあまり触れられていないし、
「ユダヤ・カバラ」についても、 一部分しか触れていないので、 そうした点を踏まえる必要があります。

補足として、 ゴールデンドーン形成時のカバラの情報を追いたければ、
『ヴェールを脱いだカバラ』(翻訳がイマイチなため、読み込みは難しい。)

ユダヤ・カバラ系で、ルーリアカバラあたりの情報が割と書かれているのが、
『知の教科書 カバラー (講談社選書メチエ) 』

ユダヤ神秘主義の権威と言われる人の本を読みたければ、
ショーレムの 『カバラとその象徴的表現』

・・・などを押さえておくと良いかもしれません。

実は、Youtube動画っていう手段もあって、
『明かされたカバラ』シリーズを見るという手もあります。

他にも色々とやり方があるでしょうけど、 自分の分かる範囲のやり方では、そんな所です。


-カバラ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

イシス学院受講完了しました

先週の土日に、 イシス学院という所の「カバラー初級:審判コース」が受講完了しました。 感想は色々と…ありますが、 とりあえず、得たものはかなり多くあり、 ヌーソロジーに関しても、カバラに関しても自信が …

カバラ×ヌーソロジーについてまとめ

カバラ×ヌーソロジーを考えるにおいて、今の所の自分の知識と見解のまとめです。 元々、半田さんがレクチャーでカバラをテーマにするということで、それに向けてメッセージとして送った情報ですが、 全体でシェア …

no image

パス学習用のカバラ図

パス学習用の、自作のカバラ図を作りました。 それぞれの、数字とヘブライ文字との対応は、ここなどを参照。 あと、「神聖ゲマトリアン・タロット」の本がなかなか良かったです。   横向き版です。   あと、 …

no image

自作のカバラ図

自作のカバラ図ができました。 使用ソフトはInkscapeを使っています。 少々、ヌーソロジーとかの観点から、アレンジしてる所がありますが、 なかなか良い仕上がりになりました。     ~横 …

no image

自作のカバラ図(ケテル、ホクマー、ビナー部分込み)

手作りのセフィロト図です。 前にも作った奴がありましたが、 今回は、伝統カバラに忠実な形になります。 多分、ケテル、ホクマー、ビナーの存在を、 明確にしてる分、こっちのが扱いが難しいです。 この三つの …

プロフィール

Author:Raimu

魔術・オカルト全般好きな理系。
サイキックの研究とか、占星術とか、
神秘と科学の考察的な、自分の好きなものを置いていきます。

詳しくはこちら

超能力や魔術の研究や、物理学・量子力学を絡めた解明を目的に、少しずつ書いていった連載記事。

『note』のテキストコンテンツとして執筆。社会不適合者が生き残るための考え方や知恵をテーマにしたテキスト。1~5でとりあえず一区切り。第1回目はこちら。

正式名称は『はじめての人でもホロスコープを自分で読めるようになるための記事』。西洋占星術で出した結果をある程度の所まで読めるようになることを目的とした記事。

半田広宣さん提唱の宇宙論・具体的イデア論と言われている『ヌーソロジー』。その基本から実践的な入門までを、自分なりに一通り説明したページ。

その他に作ったものはこちら。

『プロミテウス』というプログラミング学習用のブログを開設しました。
初心者向けの「プログラミング入門」がメインコンテンツになりますので、よろしくお願いします。

noteREQUで西洋占星術による鑑定を有料で受け付けています。生年月日と出生日時から占う命術鑑定です。
通常コースは3000円、簡易コースは1000円にて受け付けています。

Kindle本など。Amazonで買えます。
「佐道来夢」という名前で出してます。

書籍版Kindle版があり。
「4次元」とは何か?というのが主なテーマ。割と理系的な視点から「異世界」について探求していった本と言っても良いかもしれない。
『ヌーソロジー』の理解に必要な「4次元認識」の実践部分もあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
宇宙論『ヌーソロジー』の入門用。半田広宣さん監修の元、ヌーソロジーの主要な知識を押さえれるコンパクトなハンドブック。
「変換人生活のためのヒント」というテーマの書き下ろしテキストもあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
「リアルな魔法使い」とは何か?をテーマに、「目に見えないもの」との付き合い方や、その仕組みなどについて幅広く書いていった。オカルト的なことを実践していたり、関心のある人に読んでもらいたい本。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
ユング、フロイト、ラカンなどの「精神分析」のジャンルを、ヌーソロジーの概念を使って説明することを試みた「ヌーソロジー×精神分析」の本。精神分析の概念がゼロからでを分かるようにしつつ、ヌーソロジーの世界観の理解も深めることができる。
詳細はこちら

メイン⇒@raimu_23tm

占い関連⇒@raimu_23tm_thot

ヌーソロジーたん⇒@noosology_tan

アストロロジーたん⇒@astrology_tan