魔術的なの

「杖(ワンド)」というのを作ってみた話

投稿日:2017年4月22日 更新日:

C95fivwaadyfg

魔術や魔法とかで使われる、「杖(ワンド)」というのを作ってみました。
自分は『リアル魔法使いマニュアル』というのを書いてるぐらいですし。
むしろ、その道のプロからしたら今まで作ってなかったのかとツッコまれそうなぐらいですが、ありモノで済ますことが多かったので、あんまり自作ってことは無かったんですよね。

ワンドというと一般的なのは、公園で拾った木の枝とかを自分の好きなようにデザインして使う・・・などがありますが、この杖は割と「石」が主成分ということになります。
その辺で買った、鍾乳洞のつららみたいな石が気に入っていて、杖として使えそうだと思ったので、持つ場所を取りつけたっていうのが発端ですね。
好みなので藍染の布を使用してたりします。

そもそも、魔術や魔法において「杖(ワンド)」を使う意義とは何か?についてですが、
『リアル魔法使いマニュアル』で書いたように、「ラッキーアイテム」として機能することもありますが、
「杖を持つ」という行為そのものが、「これから魔法を使うぞ」という儀式として機能することもあります。
あと、パワーストーンなどを仕込むことにより、物質の力を活かすことができるとか、
対象に意識を集中することができるとか、
振ったり、右に回したり左に回したりすることで効果が期待できる。
・・・・といったことなどが挙げられます。
 

ヌーソロジーとの絡みで言うと、
「杖(ワンド)」という対象に対して特別な意識を向けることにより、
物質をただ物質として認識しないという効果があったり、
他、意識を集中させやすくなったりもします。
以下のような「反転認識」や「4次元認識」を、杖というアイテムを使うことでやりやすくなるってこともあると思います。

Ray_speed2

以下の図に対して、ワンドを垂直に立ててイメージしてみるということも。

4world_2

もちろん、こういうのは普通に「杖なしでもできる」んですが、
アイテムなしだと、その分、自分の内在エネルギーを消費するってこともあり得るので、この手のマジックアイテムというのは、「補助ツール」として使うもの・・・ということになるわけです。

こういう補助手段というのに色んな種類のものがあり、言霊を使ったものや体術を使ったものなどもありますが、この手の「アイテム」を使うのが、割と西洋魔術的な手段なのではないか?と思います。


-魔術的なの

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「まほー工房」というサークルを紹介してみる

『まほー工房』というサークルが面白いので、ちょっと紹介してみます。 ◆まほー工房 これは、「魔術のレッスン」「魔法ハウツー」といったことが学べる、学習用の音源を販売しているサークルです。

水木しげるがスウェーデンボルグを紹介してる漫画

かの有名な妖怪大王、水木しげるさんがとうとう亡くなられましたね・・・ 自分は、「スウェーデンボルグ」という人は水木さんの漫画で知りました。 他にも、面白オカルトとんでもエピソードが水木さん流に紹介され …

「魔女入門」っていう100円Kindle本が結構良かった。

ツイッターで魔術繋がりの情報を見てたら知った本。 普通にスピリチュアル系っぽい路線の内容も含まれています。 100円ということもあり、文章は短め、一項一項も短めであっさり読めるけど、言いたいことが簡潔 …

「木丸みさき」さんの「魔女について」まとめ

「木丸みさき」さんという人が無料連載している、 「魔女」に関する漫画(エッセイ?)が面白いです。 「魔女になりたい」という動機から、 「魔女」にまつわる色々なこと。 ゆるゆるな雰囲気ですが、 色々と学 …

「トート・タロット」の小アルカナ説明メモ

『トート・タロット』の小アルカナの意味について、 以前から公開してるものがありますが、 改めてブログに上げ直します。 タロットカードの小アルカナは量が多くて覚えるのが大変ですが、 ヌーソロジーの知恵を …

プロフィール

Author:Raimu

魔術・オカルト全般好きな理系。
サイキックの研究とか、占星術とか、
神秘と科学の考察的な、自分の好きなものを置いていきます。

詳しくはこちら。

超能力や魔術の研究や、物理学・量子力学を絡めた解明を目的に、少しずつ書いていった連載記事。

半田広宣さん提唱の宇宙論・具体的イデア論と言われている『ヌーソロジー』。その基本から実践的な入門までを、自分なりに一通り説明したページ。

その他に作ったものはこちら。

Kindle本など。Amazonで買えます。
「佐道来夢」という名前で出してます。

書籍版Kindle版があり。
「4次元」とは何か?というのが主なテーマ。割と理系的な視点から「異世界」について探求していった本と言っても良いかもしれない。
『ヌーソロジー』の理解に必要な「4次元認識」の実践部分もあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
宇宙論『ヌーソロジー』の入門用。半田広宣さん監修の元、ヌーソロジーの主要な知識を押さえれるコンパクトなハンドブック。
「変換人生活のためのヒント」というテーマの書き下ろしテキストもあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
「リアルな魔法使い」とは何か?をテーマに、「目に見えないもの」との付き合い方や、その仕組みなどについて幅広く書いていった。オカルト的なことを実践していたり、関心のある人に読んでもらいたい本。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
ユング、フロイト、ラカンなどの「精神分析」のジャンルを、ヌーソロジーの概念を使って説明することを試みた「ヌーソロジー×精神分析」の本。精神分析の概念がゼロからでを分かるようにしつつ、ヌーソロジーの世界観の理解も深めることができる。
詳細はこちら

メイン⇒@raimu_23tm

占い関連⇒@raimu_23tm_thot

ヌーソロジーたん⇒@noosology_tan

アストロロジーたん⇒@astrology_tan