ヌーソロジー

ヌーソロジーと四大元素論(火・地・風・水)の関係について その2

投稿日:

前回の記事↓

ヌーソロジーと四大元素論(火・地・風・水)の関係について その1

ヌーソロジーと四大元素論(火・地・風・水)の関係の話の続きです。
 

火と地と風と水と、「ノウス(NOOS)」と「ノス(NOS)」

ケイブコンパスと四大元素論との絡みを考えていくと、
と、『ノウス(NOOS)』『ノス(NOS)』の関係も重要になります。

 

まずは分かりやすいのは「」です。

「火」『奇数系元止揚』に対応してるのでこれはほぼそのまま『ノウス(NOOS)』
「地」『偶数系元止揚』に対応してるのでこれはほぼそのまま『ノス(NOS)』
と解釈できます。
『ノウス(NOOS)』は「不安定で揺らめいていて知覚しにくい」、
『ノス(NOS)』は「はっきりと見える所に定まってて知覚しやすい」、
みたいな性質を持っています。

つまり、「火」『ノウス(NOOS)』「地」『ノス(NOS)』ってのはとても近いので、
これは絡めて理解することが容易です。

そんでもって、一癖あるのが「」です。
「風」『思形』に対応してるのでこれはほぼそのまま『ノウス(NOOS)』
「水」『感性』に対応してるのでこれはほぼそのまま『ノス(NOS)』
・・・と言いたい所ですが、
『思形』『感性』に関しては、人間の意識からすると、
『思形』『ノス(NOS)』『感性』『ノウス(NOOS)』として機能することもあるので一概には言えません。

これを説明するには、「科学」と「自我」の関係あたりが分かりやすく、
科学の力ってのがおよそ『思形』の力で、
科学が自我の力を強める方向に行くと、『思形』『ノス(NOS)』の力を強める。
・・・と理解すれば良いです。

ただ、科学が本来の力を発揮したり、大元である知性の力が発揮されれば、
『ノウス(NOOS)』として機能することもあります。
『思形』の解釈はこのように一癖あって、『感性』も同様に一癖あります。

なので、ざっくりと理解するのであれば、
「風と水は2面性があるので、ノスとノウスどっちにも転ぶ」
と覚えておけば良いです。

まとめると以下になります。

⇒割とそのままノウス
⇒割とそのままノス
⇒元々ノウスだけどノスにも転じる。2面性があってどっちにも転ぶ。
⇒元々ノスだけどノウスにも転じる。2面性があってどっちにも転ぶ。

 

というわけで、ヌーソロジーと西洋占星術について

さて、これまで四大元素論とヌーソロジーの関係について説明をしていきました。
そんでもって、四大元素論は西洋占星術にも出てくるものです。

西洋占星術について、詳しくは以下を参照してください。

はじめての人でもホロスコープを自分で読めるようになるための記事【西洋占星術】

西洋占星術的には…
の星座が、牡羊座・獅子座・射手座
の星座が、牡牛座・乙女座・山羊座
の星座が、双子座・天秤座・水瓶座
の星座が、蟹座・蠍座・魚座
・・・というふうになっています。

そんでもって、ヌーソロジーは『変換人型ゲシュタルト』の習得がメインの課題になっています。
変換人型ゲシュタルトとは、つまりは奇数系観察子の世界に入ることです。
そして、奇数系観察子の世界とは、四大元素論的には火属性の世界(それから直観の世界)ってことになります。

・・・ということで、

火属性推し

・・・ってことになります。

そもそも、変換人型ゲシュタルトの理解というやつに必要なのは、基本的に「直観」ってやつです。
だから、「直観」をどう活かしていくかってのか?って話にもなっていきます。
そして、その「直観」の力が「火」の力というわけです。

一方で、『偶数系観察子』人間の自我の世界です。
自我は物質の世界をベースに出来上がっています。
みんな自我で思想を統一して、
そこからみんなで働いていくことで社会を作り上げていきます。
そこに問題があった場合、そこから脱する思想も出ているものの、
やってること自体は大事だったりします。

畑を耕して米を作って、物資を切って建物を作って、
作ったものを貯蓄して、安定した社会を築いていく。
・・・みたいなのは「地」の方向性でもあります。

その辺をちゃんと考えていくと、

地属性は普通に世の中に必要だよね

な話にもなります。

好きなことやりつつ生活するには貯蓄が必要みたいなものかな・・・
こっちの分野を軽んじているようだと、それはそれで問題です。

あと、「水」「風」の関係に関しても、
どっちも必要って話になりますが、
どっちかが欠けてる人は、欠けてる方の視点が必要って話になりそうです。

松村潔さんみたいな人による西洋占星術だと、
四大元素の4つの要素は、人間が意識進化するのに必要なもの
みたいなことが言われています。
四大元素のすべてを揃えることによって、
天上の第五元素「エーテル」が生まれる・・・みたいな話です。
そして、自分はどの部分が欠けているかを知るために、
自分のホロスコープを読む・・・みたいな話にもなります。

 
そんなこんなで、
「ヌーソロジー×四大元素論」は突き詰めると奥が深いテーマですが、
とりあえずそんな感じです。


-ヌーソロジー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

精神分析用語とヌーソロジー用語のすり合わせまとめを最新にしました

『NOSとNOOSの精神分析』のリリースに伴って、 自分が以前に上げた、以下の二つの記事を最新の内容にしました。 ◆ユング心理学とヌーソロジー用語のすり合わせまとめ ◆ラカンの精神分析とヌーソロジー用 …

【NOOS WAVE】「川瀬統心×天海ヒロの特別対談後半」のメモ書き

前回の記事は以下。 【NOOS WAVE】「川瀬統心×天海ヒロの特別対談後半」のメモ書き 引き続き、3月20日に『NOOS WAVE』で 「川瀬統心×天海ヒロの特別対談後半」が配信されたので、 またど …

ヌーソロジーと四大元素論(火・地・風・水)の関係について その1

だいぶ前、ヌーソロジーと西洋占星術の関係について軽く聞かれたことがありました。 確かにこれはめっちゃ相性が良いので研究は進んでいます。 ヌーソロジー×西洋占星術をやるにおいて、 ヌーソロジーと惑星の絡 …

【NOOS WAVE】「川瀬統心×天海ヒロの特別対談前半」のメモ書き

先日、3月13日に『NOOS WAVE』で 「川瀬統心×天海ヒロの特別対談前半」が配信されました。 ◆「 NOOS WAVE:半田広宣が語るヌーソロジーのエッセンス 」の音声版 | himalaya …

『差異』の意味について

『差異』の意味が分からないなぁ、と、前々から思っていて、 広宣さんの説明では、まだまだ解かり切れない所があったので・・・ いっそ、自分の言葉で解釈することにして、 『同一性』と合わせてまとめてみました …

プロフィール

Author:Raimu

魔術・オカルト全般好きな理系。
サイキックの研究とか、占星術とか、
神秘と科学の考察的な、自分の好きなものを置いていきます。

詳しくはこちら

超能力や魔術の研究や、物理学・量子力学を絡めた解明を目的に、少しずつ書いていった連載記事。

『note』のテキストコンテンツとして執筆。社会不適合者が生き残るための考え方や知恵をテーマにしたテキスト。1~5でとりあえず一区切り。第1回目はこちら。

正式名称は『はじめての人でもホロスコープを自分で読めるようになるための記事』。西洋占星術で出した結果をある程度の所まで読めるようになることを目的とした記事。

半田広宣さん提唱の宇宙論・具体的イデア論と言われている『ヌーソロジー』。その基本から実践的な入門までを、自分なりに一通り説明したページ。

その他に作ったものはこちら。

『プロミテウス』というプログラミング学習用のブログを開設しました。
初心者向けの「プログラミング入門」がメインコンテンツになりますので、よろしくお願いします。

noteREQUで西洋占星術による鑑定を有料で受け付けています。生年月日と出生日時から占う命術鑑定です。
通常コースは3000円、簡易コースは1000円にて受け付けています。

Kindle本など。Amazonで買えます。
「佐道来夢」という名前で出してます。

書籍版Kindle版があり。
「4次元」とは何か?というのが主なテーマ。割と理系的な視点から「異世界」について探求していった本と言っても良いかもしれない。
『ヌーソロジー』の理解に必要な「4次元認識」の実践部分もあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
宇宙論『ヌーソロジー』の入門用。半田広宣さん監修の元、ヌーソロジーの主要な知識を押さえれるコンパクトなハンドブック。
「変換人生活のためのヒント」というテーマの書き下ろしテキストもあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
「リアルな魔法使い」とは何か?をテーマに、「目に見えないもの」との付き合い方や、その仕組みなどについて幅広く書いていった。オカルト的なことを実践していたり、関心のある人に読んでもらいたい本。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
ユング、フロイト、ラカンなどの「精神分析」のジャンルを、ヌーソロジーの概念を使って説明することを試みた「ヌーソロジー×精神分析」の本。精神分析の概念がゼロからでを分かるようにしつつ、ヌーソロジーの世界観の理解も深めることができる。
詳細はこちら

メイン⇒@raimu_23tm

占い関連⇒@raimu_23tm_thot

ヌーソロジーたん⇒@noosology_tan

アストロロジーたん⇒@astrology_tan