ヌーソロジー

ヌースレクチャーのPDFをコンビニで簡単に冊子化できたのでやり方のメモ

投稿日:

2020年9月28日に、
ヌーソロジーレクチャー2009年シリーズの書き起こしPDFテキストが発売されました。

◆書き起こしテキスト「01」を発売開始しました | NOOS ACADEMEIA online shop

このテキストは2013年のレクチャーなどと比べると時期的に古いとはいったものの、
ヌーソロジーの基礎が十分に出来上がってからのレクチャーなので、
ヌーソロジーをちゃんと学ぶためにはとてもオススメです。

最初の方であるvol.1とvol.2は、
主にヌーソロジーの成り立ちや、ヌーソロジー基本概要に近い内容が多く、
自分が書いた『ヌーソロジー基本概要+』で足りてない情報をちゃんと学ぶのにも適しているでしょう。

そして、このPDFを紙媒体で読むために、
コンビニで簡単に冊子化する方法があるので、
それについて書いていきます。
(約110ページ分で、コストは550円ぐらいです)
 

コンビニで印刷する方法

USBかSDメモリーカードにデータを入れる

まず、PDFのデータはUSBメモリに入れます。
SDメモリーカードでも良いし、コンビニにある機械は色んな媒体に対応してるので、
スマホに入れたものを転送することもできるし、
CD-Rに入れたものも使えるようです。

ちなみに、コンビニのマルチコピー機は、役所で使う書類とかを印刷するのにも使えるので、
覚えておくと便利です。

データが入ったものをコンビニに持っていきましょう。
 

マルチコピー機を使う

今回は代表的なコンビニってことで、セブンイレブンで印刷しました。

マルチコピーのメニューがあるので「プリント」を選びましょう。
次に「普通紙プリント(白黒10円)」を選びましょう。

後は、画面に従ってUSBメモリなどを指したりデータ転送をしていきます。
 

指定したページをプリント

「プリントページ指定」の所でちょっと操作が必要です。

ここで、vol.1のみを印刷するようにして、1~52ページを指定しましょう。
次に印刷する時は53~111ページです。

vol.1のみの印刷が区切り良いというのもありますが、一度に100ページ以上は印刷できないので、
vol.1⇒vol.2と別々の冊子にする必要があります。
 

出力形式を指定

A4とかA3とか、紙の大きさなどを選ぶ画面が出てきます。
大きさは好みで良いですが、大体、一般的な書籍のサイズだとA4ぐらいが妥当です。
ただ、それだとちょっと文字が小さめになるので、
老眼が気になる人とかはもうちょっと大きいサイズで印刷した方が良いかもしれません。

あと、「冊子で印刷」をするかを選ぶ画面もここにあるので、
冊子で印刷するように選びましょう。
横書きテキストなのでホチキス止めは左側に来ます。
 

印刷する

最後は印刷するだけです。
vol.1は26枚で、vol.2は30枚になるはずです。

ここでちょっと注意点があります。
500円玉か、500円以上の小銭は事前に用意してください。

何故なら、マルチコピー機は1000円札とかは使えないからです。

小銭が無い場合はくずしておきましょう。
 

本みたいに綴じて完成

vol.1とvol.2がそれぞれ印刷できれば、
あとはホチキス止めなどをすれば完成です。

止め方に関して何でも好きなやり方で良いと思います。
自分は適当なホチキス止めにしましたが、
本当は中綴じのが良いし、もっと良いやり方があるみたいです。

◆冊子の作り方。まず決めるべきことは?用意するべきものは? | ネット印刷通販 バンフーオンラインショップ
 

ヌーソロジーの書籍一覧と今回のテキスト

先ほども書きましたが、
ヌーソロジーレクチャー2009年シリーズのテキストは
自分が書いた『ヌーソロジー基本概要+』で足りてない情報をちゃんと学ぶのにも適しているし、
ヌーソロジーをちゃんと理解したい人向けのテキストとしても適してるので、
内容が気になる人は紙媒体にしてでも読むと良いでしょう。
 

~導入向け~

『ワンネスは二つある』『奥行きの子供たち』

~ヌーソロジー理解向け~

『人類が神を見る日(ダウンロード版)』
『ヌーソロジー基本概要+』(参考書に)
『ヌーソロジーレクチャー2009年シリーズテキスト』←new

~読み物1~

『シリウス革命』(情報量が多い)

~読み物2~

『反転の創造空間』(ぶっ飛んだ情報が多い)

~読み物3~

『4次元思想とフラットランド』(Raimu製。軽めの内容)

 


-ヌーソロジー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「Raimuのヌーソロジー入門」の「オコツトの提示したヌーソロジーの方向性」の部分を新しくしました

久々に『Raimuのヌーソロジー入門』を更新しました。 これは2013年ぐらいから書き始めて2016年ぐらいに完成したテキストで、 内容が分散気味で至らない所はあれど、 ヌーソロジー理解に必要な情報は …

小野満麿さんが最近書いたテキストがアップされた

『プロジェクト・メタトロン』の小野満麿さん(別名:トーラスさん)が 最近書いたテキストをアップされたみたいです。 小野さんのサイトはあんまり細かくまで読んでませんでしたが、 テキスト更新とかされてるみ …

ヌーソロジーの次元観察子とVR(バーチャルリアリティ)空間の対応

最近、ヌーソロジーとVR・3Dゲームに関する気付きがあって、 これがなかなかしっくり来ているのでまとめてみます。 主に偶数系の元止揚の次元観察子、 ψ4、ψ6、ψ8のあたりは、 4次元時空としての空間 …

Raimu的ヌーソロジー用語解説集

『シリウス革命』とかに出てくる、 ヌーソロジーの用語で、 自分が重要だと思った所、 ヌーソロジーの概要を掴むために一通り抑えとくべきだと思った用語の、 簡潔な解説集です。 以下の用語が入っています。 …

精神分析用語とヌーソロジー用語のすり合わせまとめを最新にしました

『NOSとNOOSの精神分析』のリリースに伴って、 自分が以前に上げた、以下の二つの記事を最新の内容にしました。 ◆ユング心理学とヌーソロジー用語のすり合わせまとめ ◆ラカンの精神分析とヌーソロジー用 …

プロフィール

Author:Raimu

魔術・オカルト全般好きな理系。
サイキックの研究とか、占星術とか、
神秘と科学の考察的な、自分の好きなものを置いていきます。

詳しくはこちら

超能力や魔術の研究や、物理学・量子力学を絡めた解明を目的に、少しずつ書いていった連載記事。

2021年頃に始めたヌーソロジー学習用のテキストの新作。
哲学、シャーマニズム、数学、神学、古代文明、意識進化、オカルト・・・など色んなジャンルが絡んでくる内容のもので、これを読めば『ヌーソロジー』ってどんなものなのかがざっくりと分かるようになるはず。

『note』のテキストコンテンツとして執筆。社会不適合者が生き残るための考え方や知恵をテーマにしたテキスト。1~5でとりあえず一区切り。第1回目はこちら。

正式名称は『はじめての人でもホロスコープを自分で読めるようになるための記事』。西洋占星術で出した結果をある程度の所まで読めるようになることを目的とした記事。

半田広宣さん提唱の宇宙論・具体的イデア論と言われている『ヌーソロジー』。その基本から実践的な入門までを、自分なりに一通り説明したページ。

その他に作ったものはこちら。

『プロミテウス』というプログラミング学習用のブログを開設しました。
初心者向けの「プログラミング入門」がメインコンテンツになりますので、よろしくお願いします。

noteREQUで西洋占星術による鑑定を有料で受け付けています。生年月日と出生日時から占う命術鑑定です。
通常コースは4000円、簡易コースは2000円にて受け付けています。

Kindle本など。Amazonで買えます。
「佐道来夢」という名前で出してます。

書籍版Kindle版があり。
「4次元」とは何か?というのが主なテーマ。割と理系的な視点から「異世界」について探求していった本と言っても良いかもしれない。
『ヌーソロジー』の理解に必要な「4次元認識」の実践部分もあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
宇宙論『ヌーソロジー』の入門用。半田広宣さん監修の元、ヌーソロジーの主要な知識を押さえれるコンパクトなハンドブック。
「変換人生活のためのヒント」というテーマの書き下ろしテキストもあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
「リアルな魔法使い」とは何か?をテーマに、「目に見えないもの」との付き合い方や、その仕組みなどについて幅広く書いていった。オカルト的なことを実践していたり、関心のある人に読んでもらいたい本。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
ユング、フロイト、ラカンなどの「精神分析」のジャンルを、ヌーソロジーの概念を使って説明することを試みた「ヌーソロジー×精神分析」の本。精神分析の概念がゼロからでを分かるようにしつつ、ヌーソロジーの世界観の理解も深めることができる。
詳細はこちら

メイン⇒@raimu_23tm

占い関連⇒@raimu_23tm_thot

ヌーソロジーたん⇒@noosology_tan

アストロロジーたん⇒@astrology_tan