【連載】サイキック研究

■サイキックの研究と分析(51) ~実用サイキック一覧 基本系~

投稿日:2021年2月7日 更新日:

Photo_2

不定期連載『サイキックの研究と分析』シリーズ。 記事一覧はこちら。


◆◇実用サイキック一覧 基本系◆◇

さて、これまでサイキックについて色々と書いていきましたが、
「結局、現実的にあるサイキックってどんなのがあるの?」って話をしていきます。

ざっと思いつく限りで一覧を挙げると以下です。

・ヒーリング
・引き寄せ
・占い(卜術)
・ムードメイク
・ゾーン作り
・身体強化
・精神読解
・透視
・予知
・知覚強化
・サイコメトラー
・催眠
・印象操作
・時間操作
・過去救済
・物質変容(微細)
・ポルターガイスト起こし
・念写
・成功法則
・幽体離脱
・タルパ利用
・召喚
・霊界交信

 
とても多いですが、それぞれについてザーっと書いていこうと思います。

参考文献もとい推奨文献も積極的に載せていきますので、
気になる本があったら購入して読んでみてください。

まずは<基本系>ということで以下から説明します。

・ヒーリング
・引き寄せ
・占い(卜術)
・ムードメイク
・ゾーン作り
・身体強化

 

ヒーリング

これこそサイキックにおける基本のものと言えるでしょう。

『微小レベルで物質に影響する』の項でもちょっと触れました。

「手当て療法」とか「気功」とか「シータヒーリング」とか「レイキ」とか・・・
色んな名前がついてるものがありますけど、原理はほぼ一緒という説もあります。
「手当て療法」の中には胡散臭いのもありますけど、原理的にはやろうと思えば誰でもできます。

理論上は遠隔も可能らしいので、「遠隔ヒーリング」をやってる人もたまに見かけます。

なんか電磁気の応用でヒーリングエネルギーを作る装置もあるらしいです。
政木和三博士の『神経波磁力線発生器』というものが有名です。
ヒーリングと電磁気学は何かしらの関係がありそうなのでとても気になります。
科学では解明されてないけど研究が進んで欲しいです。
※政木和三博士は超人的な発明家の人です。

あと、「祝詞」の力を使うものもあったり、
「言霊」とか「幾何学」の力を活かすものもあります。
それらも宇宙の理を構成しているものなため重要でしょう。

古典的で民間的な手法だと「痛いの痛いの飛んでいけ。」があります。
ヒーリングの基本といったらこれです。
あらゆる超能力の極意がそこに集約されているかもしれません。
結局は思い込みの力でもあるので、「催眠」の力も関係しています。

自己を癒す技術だと「ホ・オポノポノ」あたりもオススメです。
ホ・オポノポノはネイティブハワイアンによるシャーマニックな問題解決法で、
「ウニヒピリ:潜在意識、内なる自分」「ウハネ:表面意識、理性的な自分」「アウマクア:超意識、両者を超えた存在」の三つの意識を基本としています。
そして、ウニヒピリを見つけて癒していくことで自己実現の道を探っていきます。

スピリチュアル系を学ぶ場合はその辺の知識を持っていると良いです。
 

    
 

引き寄せ

これも現実的なサイキックの代表例です。

『引き寄せの法則とシンクロニシティ』の項で書いたので詳細な説明は省きます。

派生によって色んな流派が生まれていますが、
大元の発想はキリスト教から出てきてて、
聖書の新解釈をする「ニューソート」の一派から、引き寄せ的な発想が登場しました。
ニューソートはほとんど西洋魔術の一種みたいなものなので、
西洋魔術の話はそっちにも繋がってきます。

引き寄せの法則の伝道師は色々といますが、
自分に合ってる人や本から学べば良いと思います。
 

  
  

占い(卜術)

占いのカテゴリーの一つである「卜術(ぼくじゅつ)」は、
簡単に説明すると「ランダムに出した結果を意味があるものとして捉える」占いです。

卜術占いの一種だと「タロットカード」が有名です。
あと、みんなが神社で引くおみくじとかも卜術占いとまったく一緒です。
東洋で有名なのだと「易占い」とかもそのカテゴリーに入ります。
(※易についてはbotを作ったりしました → 

タロットカードといったものがなんで当たるかは『引き寄せの法則とシンクロニシティ』の項で書きました。
「シンクロニシティ」によって起きていて、「引き寄せの法則」も関係しています。

卜術占いは「霊視」ほどハードルは高くないですが、
この世で起きてる現象から、霊界(ここで言う『波の世界』)で起きてる事象を読み取ることができるので、
実はとてもポピュラーなサイキックに該当します。
 

  
  

ムードメイク

目には見えないけど、「オーラ」みたいのってあるよね?
オーラが実際に存在するかはさておき、
芸能人のオーラみたいなのは何故かよく聞く話です。

ある種の一流の人は「ムード」を作るのが上手いです。
それは見た目とか話し方とかの問題でもあるけど、
非常に強い力になるとそれはほとんどサイキックの領域になります。

かの有名なスティーブ・ジョブズは、
「現実湾曲フィールド」を持ってたという伝説というか噂がありますが、
それは異常に高い「ムードメイク」の能力と言えるでしょう。

アメリカの大統領とかも大体はそういう能力を持っているのかもしれません。

サイキックはそんな力と関係しています。
 

 
  

ゾーン作り

スポーツの世界とかで、
極限の集中状態のことを「ゾーン」と呼ぶことがあるらしいです。

知覚能力が極限まで上がっているとそれはもはやサイキックの領域になります。
他者まで巻き込んで「ゾーン」の状態を作ると「ムードメイク」も可能です。

他にも「コンフォートゾーン」というワードがあります。
これは「快適な空間」を意味するものですが、
意識をコンフォートゾーンに持っていくことで、
ビジネスなどで高いパフォーマンスを発揮することができます。
これは苫米地英人って人がよく言ってます。

ある種のプロセスを得て特殊な意識の状態になるのもサイキックの一種と言えるでしょう。

日常的な意識状態以外の意識状態のことを「変性意識」とも呼びますが、
変性意識を有効活用するのがゾーン系のサイキックです。
 


  

身体強化

現実的なサイキックということで「身体強化」もその一つになります。

「気」とかその辺も考慮した身体の強化がそれに該当します。
「ヨガ」とかがとてもポピュラーでしょう。
人間の身体はまだまだ科学で解明されてないものなので、
サイキックを含んだ身体強化が潜在的に重要になります。

これは「ヒーリング」も関係してるし、
強い肉体の「引き寄せ」にも関係しています。

サイキックの話は結局の所、身体を使う身体能力の話なので、
身体を強化していく発想が現実的になってきます。
 

  

 
 

 


-【連載】サイキック研究

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

■サイキックの研究と分析(40) ~確信の法則~

不定期連載『サイキックの研究と分析』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇確信の法則◆◇ 次に、『確信の法則』についてです。 『確信の法則』は、『認知の法則』の次段階のものと言うことができるものです。 …

■サイキックの研究と分析(47) ~固執してしまうこと~

不定期連載『サイキックの研究と分析』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇固執してしまうこと◆◇ 次から紹介する法則は、どちらかというとサイキックの欠点みたいな法則についてです。 まずは『固執してしまう …

■サイキックの研究と分析(34) ~魔術や魔法の4大区分「術」「信」「智」「体」~

不定期連載『サイキックの研究と分析』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇魔術や魔法の4大区分「術」「信」「智」「体」◆◇

■サイキックの研究と分析(30) ~波動が鍵になる?~

不定期連載『サイキックの研究と分析』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇波動が鍵になる?◆◇

■サイキックの研究と分析(44) ~共鳴の法則~

不定期連載『サイキックの研究と分析』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇共鳴の法則◆◇ これまで、『贈与の法則』と『源泉の法則』について説明していきました。 基本的に、サイキックで扱う意識エネルギー的 …

プロフィール

Author:Raimu

魔術・オカルト全般好きな理系。
サイキックの研究とか、占星術とか、
神秘と科学の考察的な、自分の好きなものを置いていきます。

詳しくはこちら

超能力や魔術の研究や、物理学・量子力学を絡めた解明を目的に、少しずつ書いていった連載記事。

『note』のテキストコンテンツとして執筆。社会不適合者が生き残るための考え方や知恵をテーマにしたテキスト。1~5でとりあえず一区切り。第1回目はこちら。

正式名称は『はじめての人でもホロスコープを自分で読めるようになるための記事』。西洋占星術で出した結果をある程度の所まで読めるようになることを目的とした記事。

半田広宣さん提唱の宇宙論・具体的イデア論と言われている『ヌーソロジー』。その基本から実践的な入門までを、自分なりに一通り説明したページ。

その他に作ったものはこちら。

『プロミテウス』というプログラミング学習用のブログを開設しました。
初心者向けの「プログラミング入門」がメインコンテンツになりますので、よろしくお願いします。

noteREQUで西洋占星術による鑑定を有料で受け付けています。生年月日と出生日時から占う命術鑑定です。
通常コースは3000円、簡易コースは1000円にて受け付けています。

Kindle本など。Amazonで買えます。
「佐道来夢」という名前で出してます。

書籍版Kindle版があり。
「4次元」とは何か?というのが主なテーマ。割と理系的な視点から「異世界」について探求していった本と言っても良いかもしれない。
『ヌーソロジー』の理解に必要な「4次元認識」の実践部分もあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
宇宙論『ヌーソロジー』の入門用。半田広宣さん監修の元、ヌーソロジーの主要な知識を押さえれるコンパクトなハンドブック。
「変換人生活のためのヒント」というテーマの書き下ろしテキストもあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
「リアルな魔法使い」とは何か?をテーマに、「目に見えないもの」との付き合い方や、その仕組みなどについて幅広く書いていった。オカルト的なことを実践していたり、関心のある人に読んでもらいたい本。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
ユング、フロイト、ラカンなどの「精神分析」のジャンルを、ヌーソロジーの概念を使って説明することを試みた「ヌーソロジー×精神分析」の本。精神分析の概念がゼロからでを分かるようにしつつ、ヌーソロジーの世界観の理解も深めることができる。
詳細はこちら

メイン⇒@raimu_23tm

占い関連⇒@raimu_23tm_thot

ヌーソロジーたん⇒@noosology_tan

アストロロジーたん⇒@astrology_tan