作品

漫画「チ。―地球の運動について―」が面白い

投稿日:

『チ。―地球の運動について―』という漫画が面白いのでそれの紹介です。

この漫画の主題となるテーマは「地動説」
ガリレオ・ガリレイが17世紀に地動説が正しいことを主張していて、
ローマ・カトリック教会からの異端審問と戦っていたのが有名な話です。

ガリレオも地動説発祥からぼちぼち後の人物であり、
既に16世紀初めにはコペルニクスが地動説を研究をしていて、
コペルニクスの直接の弟子レティクスや、ヨハネス・ケプラーなどが後を追っていて、
そんな中でも特に有名になったのがガリレオでした。

ただ、ガリレオの裁判が厳しい状況だったように、
基本的にキリスト教が天動説を信じてる中で異教を唱えるのは命がけだった時代がありました。
これはそんな時代の話です。

この作品の面白さは・・・とりあえず1話と2話が公式で無料公開なのでそれを読もう!に尽きます。

◆魚豊「チ。ー地球の運動についてー」 | ビッグコミックBROS.NET(ビッグコミックブロス)|小学館

 

内容的に万人受けかどうかは怪しいです。登場人物にはだいたい狂気を感じます。
ただ、個人的には登場人物の気持ちがほとんど分かるというぐらい感性が合ってます。
自分はそういう類の人間なのか・・・

現代は、地動説がむしろ当たり前すぎる時代であり、
逆に天動説的な視点がまた新たに必要な局面になっていますが・・・
地動説についてもまたダイレクトに面白いテーマなのでオススメです。


-作品

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ノベルゲーム「西暦2236年 ~University Edition~」の紹介とレビュー

  今回は推しの同人ゲーム紹介。 『西暦2236年 ~University Edition~』というノベルゲームについてです。 このノベルゲームの内容は本格的なSF、というか、「自分とは何か?」「人と …

アニメ映画「さよならの朝に約束の花をかざろう」を観に行きました

珍しく映画観に行ってました。 これむちゃくちゃ面白かった。 泣けるシーン何度もあるファンタジー作品。 ◆さよならの朝に約束の花をかざろう もともと、この作品に携わった美術監督の人が好きで、 『凪の明日 …

新海誠さんの作品を全部観てみたのでそれぞれの感想を書く

  新海誠さんの映画『君の名は。』が凄い勢いで人気ですね! 自分も、あの作品は非常に気に入ったので、 とりあえず3回は劇場で観ておいたり、 小説版などをしっかり押さえて楽しんでます。 それから、これま …

絵師「へびつかい」さんが紹介されていた!

人気絵師はプログラマー:半端ない情報量のイラストが素敵なへびつかいさん – 週アスPLUS: http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/325/325417/ …

アニメ映画「天気の子」の感想と批評。書いておくかー

    アニメ映画『天気の子』が放映されてしばらくしたので、 ちょっくら感想と批評を書いておくことにします。 興行収入約250億、日本映画で歴代2位の『君の名は。』の次回作です。 さぞかし期待する人は …

プロフィール

Author:Raimu

魔術・オカルト全般好きな理系。
サイキックの研究とか、占星術とか、
神秘と科学の考察的な、自分の好きなものを置いていきます。

詳しくはこちら

超能力や魔術の研究や、物理学・量子力学を絡めた解明を目的に、少しずつ書いていった連載記事。

『note』のテキストコンテンツとして執筆。社会不適合者が生き残るための考え方や知恵をテーマにしたテキスト。1~5でとりあえず一区切り。第1回目はこちら。

正式名称は『はじめての人でもホロスコープを自分で読めるようになるための記事』。西洋占星術で出した結果をある程度の所まで読めるようになることを目的とした記事。

半田広宣さん提唱の宇宙論・具体的イデア論と言われている『ヌーソロジー』。その基本から実践的な入門までを、自分なりに一通り説明したページ。

その他に作ったものはこちら。

『プロミテウス』というプログラミング学習用のブログを開設しました。
初心者向けの「プログラミング入門」がメインコンテンツになりますので、よろしくお願いします。

noteREQUで西洋占星術による鑑定を有料で受け付けています。生年月日と出生日時から占う命術鑑定です。
通常コースは3000円、簡易コースは1000円にて受け付けています。

Kindle本など。Amazonで買えます。
「佐道来夢」という名前で出してます。

書籍版Kindle版があり。
「4次元」とは何か?というのが主なテーマ。割と理系的な視点から「異世界」について探求していった本と言っても良いかもしれない。
『ヌーソロジー』の理解に必要な「4次元認識」の実践部分もあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
宇宙論『ヌーソロジー』の入門用。半田広宣さん監修の元、ヌーソロジーの主要な知識を押さえれるコンパクトなハンドブック。
「変換人生活のためのヒント」というテーマの書き下ろしテキストもあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
「リアルな魔法使い」とは何か?をテーマに、「目に見えないもの」との付き合い方や、その仕組みなどについて幅広く書いていった。オカルト的なことを実践していたり、関心のある人に読んでもらいたい本。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
ユング、フロイト、ラカンなどの「精神分析」のジャンルを、ヌーソロジーの概念を使って説明することを試みた「ヌーソロジー×精神分析」の本。精神分析の概念がゼロからでを分かるようにしつつ、ヌーソロジーの世界観の理解も深めることができる。
詳細はこちら

メイン⇒@raimu_23tm

占い関連⇒@raimu_23tm_thot

ヌーソロジーたん⇒@noosology_tan

アストロロジーたん⇒@astrology_tan