【連載】変換人型ゲシュタルト論

■変換人型ゲシュタルト論(6) ~「最終構成」と「変換人」とは?~

投稿日:2021年5月29日 更新日:

不定期連載『変換人型ゲシュタルト論』シリーズ。 記事一覧はこちら。


◆◇「最終構成」と「変換人」とは?◆◇

前回引用したオコツトからのメッセージでは、
『最終構成』ってワードが出てきた。

太陽系ノ最終構成ノタメニ、地球人ノ意識ニ進化ヲ生ミ出スコトガ、ソノ目的デス。

それから、『変換人』ってワードについてもうちょっと詳しく説明したい。
 

それらの説明をするために、書籍『2013:人類が神を見る日』を再度引用する。

「変換人というのは一体何なのですか? もう少し具体的に教えていただけませんか」
次元変換をしていくために現出してくる新しい力を持った人間たちのことです」
「次元変換?」
「そうです、次元変換です。次元変換とは新たな太陽系を作り出すことを意味します」
「新たな太陽系を作り出す………?」
「現在のあなたには受け入れ難い内容かもしれませんが、もうすぐ、この太陽系に大きな変動が起こり始めます。シリウスではこの変動のことを最終構成と呼びますが、最終構成に入ると、今までの太陽系は働きを終え、新しい太陽系が作り出されていくのです。この太陽系自体の創成は、実は、あなたがた人間の意識進化と対応しています。しかし、地球人の意識は、その進化の方向性にまだ同調することができていません。地球人に意識進化の方向を与えなければ、新しい太陽系活動にも支障が出てしまうかもしれないのです」

「次元変換」ってワードが出てきたり、ワケのワカラン情報になってきた。
この辺は、原書でもコウセンさん自身が戸惑う所である。

その後も話は続いて「最終構成とやらが自然に起きるけど、人間の意識も自然に進化するわけではない」「意識進化を阻止する背景がある」といった内容になってくる。
ちょっと陰謀論っぽくなってくるけど・・・

どうもこの辺は、我々があまりにも「唯物論が正しい。」と世界を認識していると、それが意識進化の阻害になるという話らしい。
この辺を突き詰めると、どうしても陰謀論っぽい世界観も絡んでくるんだけど、
ユダヤ人が悪いとかアーリア人が悪いとか爬虫類人が悪いみたいなのは、ヌーソロジーでは目指してないのでそっちに行かないように。
 
あと、『最終構成』について、別のページの情報も参照してみよう。 

「人間の意識がプレアデスからオリオン方向に向かい始めるのが太陽系の最終構成の意味なのですか」
「はい、意識が人間の次元から変換人の次元領域へと遷移し始めるということです」
「では、その最終構成とやらは、この地球に何らかの物理的災厄をもたらすのでしょうか」
「残念ながら今の時点では、最終構成が人間の意識にどのような現象を反映させてくるのか、はっきりとお教えすることはできません。現在の太陽系の働きが終わりを告げるという意味では人間の滅亡という表現もできるかもしれませんが、しかし、それは決して物理的な滅亡を意味しているわけではありません」

『プレアデス』と『オリオン』については前回で説明した。
構造的には、[プレアデス⇒シリウス⇒最終的にはオリオン]というイメージである。

「人間の滅亡という表現もできるかもしれません」「しかし、それは決して物理的な滅亡を意味しているわけではありません」のくだりも、そういうものということでなんとなく分かって欲しい。

具体的にこれからどうなるかはよく分からないらしい。
 

次元変換とピラミッド

さて、この「次元変換」というやつ、
さらに突き詰めてみると、古代エジプトで作られた「ピラミッド」もそれを目的に作られたということが分かってくる。

書籍『2013:人類が神を見る日』によると、
「具体的なことはまだ分からない。」
「オコツトが言っていたことを総合してみると」
といったくだりが書かれているけど、
「ピラミッドを作ったのは人間ではなさそう」と書いてあり、
『変換人』のような存在が作ったことは確かのようである。

そもそも、この辺りの文明を生きてた古代人は、我々と同じ人間と同様というよりか、俗に言う「宇宙人」みたいなものの方が近いらしい。
まるで宇宙から来たかのように超越的存在だということだ。
書籍では「半神半人」という表現もされている。

そうした半神半人のような古代人は、五次元や高次元の知識を持っていて、低次元から高次元への次元振動の共鳴装置を作ることができたらしい。それは高次元への進化を促す強力な宇宙エネルギーを生み出すことができるもので、ピラミッドにもそれが組み込まれているわけである。
ヌーソロジー的には、そうした「意識進化促進装置」として作られたものがピラミッドなのだ。

書籍ではコウセンさんは以下のように言っている。

「彼ら変換人達は個人を超えた種族全員に共通のあるビジョンを持っていて、そのビジョンの達成のためにのみ生きていたと言っていいかもしれない。そしてピラミッドもそのビジョン達成のための一環として建造されたに違いない」

ヌーソロジーは意識進化について明らかにするものなので、
その辺のロマンや美学の話はどうしても絡んでくる。

さて、「古代人」のネタだと、他にも「アトランティス」「ムー」の存在も、オコツトに聞けば返答が返ってくる。
それら古代の民は、意識進化して上次元に行ったり行かなかったり、
あるいは、今の時代だと「化石」として存在してたりするらしい。

マヤ文明の遺跡、イギリスのストーンヘッジ、イースター島のモアイ像・・・など、
世界のどこかにある古代の遺跡にも、
そうした不思議な文明の痕跡が残されているわけである。


 

トンデモ情報いろいろなヌーソロジー

このように、『冥王星のオコツト』にあらゆることに聞いてみたら、あらゆる返答が帰ってくるので色んなことが分かってくる。
例えば以下とか。

・夢の世界と死後の世界はまったく同じものである
・輪廻は存在しない。輪廻しているのは宇宙自身である
・宇宙のセックスと人間のセックスは互いに反転関係にある
・人間は死ななくなる、そして、赤ちゃんは生まれなくなる
・太陽はまもなく核融合を停止する
・やがてコンピューターはすべて停止する
・この宇宙を作ったのはアトランティス人である
・宇宙には太陽系しか存在しない
・恐竜が生物として存在したことはない

 
これらは書籍『2013:シリウス革命』で取り上げられた情報である。
この本は「トンデモ本」の路線で出版された本なので、インパクトのある情報が多い。

あと、筆者(Raimu)が作った『シリウス・ファイル公開所』のページにも、
多岐に渡るオコツト情報を載せておいた。

◆「シリウス・ファイル」公開所

以上のように、トンデモ情報オカルトモノとしてもウケそうなのが、ヌーソロジーの側面の一つである。

・・・さて、トンデモ情報ばかり追いかけてると脱線してしまう。

本題は『変換人型ゲシュタルト』である。
 
 

↓続き

■変換人型ゲシュタルト論(7) ~変換人型ゲシュタルトとは?(前編)~

2013:The Day God Sees God 人類が神を見る日 [ digital edition ]

ヌーソロジーをちゃんと学習するならこれ!
半田広宣さん初出版のものに加えて、
「変換人型ゲシュタルト」のレクチャーが付け足された代表書籍。
PDFのダウンロード版は1650円(税込)。

⇒NOOS ACADEMEIA ONLINE SHOPへ


-【連載】変換人型ゲシュタルト論

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

■変換人型ゲシュタルト論(11) ~基礎用語③ ノウス(NOOS)とノス(NOS)~

不定期連載『変換人型ゲシュタルト論』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇基礎用語③ ノウス(NOOS)とノス(NOS)◆◇ さて、ここで古代中国の話をしよう。 中国には陽と陰という言葉がある。 それは …

■変換人型ゲシュタルト論(2) ~科学の枠外にある存在~

不定期連載『変換人型ゲシュタルト論』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇科学の枠外にある存在◆◇ ヌーソロジーについて語っていって、できれば広まって欲しいものだけど・・・ まぁなかなか流行らない(笑) …

■変換人型ゲシュタルト論(13) ~基礎用語のおさらい~

不定期連載『変換人型ゲシュタルト論』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇基礎用語のおさらい◆◇ 『変換人型ゲシュタルト論』の基礎用語編を①~④までやった。 とりあえずこれでヌーソロジーの基礎知識につい …

■変換人型ゲシュタルト論(10) ~基礎用語② 負荷・反映・等化・中和~

不定期連載『変換人型ゲシュタルト論』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇基礎用語② 負荷・反映・等化・中和◆◇ 引き続き、ヌーソロジー用語についてである。 ヌーソロジー学習の基礎となる、 オコツトが言 …

「変換人型ゲシュタルト論」シリーズ、目次

  「連載」ということで書き続けている、 『変換人型ゲシュタルト論』シリーズの目次をここに載せておきます。 『変換人型ゲシュタルト論』は「Text for learning Noosology」とある …

プロフィール

Author:Raimu

魔術・オカルト全般好きな理系。
サイキックの研究とか、占星術とか、
神秘と科学の考察的な、自分の好きなものを置いていきます。

詳しくはこちら

超能力や魔術の研究や、物理学・量子力学を絡めた解明を目的に、少しずつ書いていった連載記事。

2021年頃に始めたヌーソロジー学習用のテキストの新作。
哲学、シャーマニズム、数学、神学、古代文明、意識進化、オカルト・・・など色んなジャンルが絡んでくる内容のもので、これを読めば『ヌーソロジー』ってどんなものなのかがざっくりと分かるようになるはず。

『note』のテキストコンテンツとして執筆。社会不適合者が生き残るための考え方や知恵をテーマにしたテキスト。1~5でとりあえず一区切り。第1回目はこちら。

正式名称は『はじめての人でもホロスコープを自分で読めるようになるための記事』。西洋占星術で出した結果をある程度の所まで読めるようになることを目的とした記事。

半田広宣さん提唱の宇宙論・具体的イデア論と言われている『ヌーソロジー』。その基本から実践的な入門までを、自分なりに一通り説明したページ。

その他に作ったものはこちら。

『プロミテウス』というプログラミング学習用のブログを開設しました。
初心者向けの「プログラミング入門」がメインコンテンツになりますので、よろしくお願いします。

noteREQUで西洋占星術による鑑定を有料で受け付けています。生年月日と出生日時から占う命術鑑定です。
通常コースは3000円、簡易コースは1000円にて受け付けています。

Kindle本など。Amazonで買えます。
「佐道来夢」という名前で出してます。

書籍版Kindle版があり。
「4次元」とは何か?というのが主なテーマ。割と理系的な視点から「異世界」について探求していった本と言っても良いかもしれない。
『ヌーソロジー』の理解に必要な「4次元認識」の実践部分もあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
宇宙論『ヌーソロジー』の入門用。半田広宣さん監修の元、ヌーソロジーの主要な知識を押さえれるコンパクトなハンドブック。
「変換人生活のためのヒント」というテーマの書き下ろしテキストもあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
「リアルな魔法使い」とは何か?をテーマに、「目に見えないもの」との付き合い方や、その仕組みなどについて幅広く書いていった。オカルト的なことを実践していたり、関心のある人に読んでもらいたい本。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
ユング、フロイト、ラカンなどの「精神分析」のジャンルを、ヌーソロジーの概念を使って説明することを試みた「ヌーソロジー×精神分析」の本。精神分析の概念がゼロからでを分かるようにしつつ、ヌーソロジーの世界観の理解も深めることができる。
詳細はこちら

メイン⇒@raimu_23tm

占い関連⇒@raimu_23tm_thot

ヌーソロジーたん⇒@noosology_tan

アストロロジーたん⇒@astrology_tan