ヌーソロジー

「右翼のスマル」と「左翼のスマル」について

投稿日:

今回は現代社会に通じるヌーソロジーの話をしていきましょう。

『右翼のスマル』『左翼のスマル』というワードで説明できる話があるので、
それについて書いていきます。
 

スマルとは?

まず、『スマル』とは何か?
これはヌーソロジー用語の一種で、
知らない人向けにおさらいすると、『変換人型ゲシュタルト論』の以下でも少し書いた「プレアデスより下次元にあるもの」です。

■変換人型ゲシュタルト論(9) ~基礎用語① 次元観察子と定質/性質など~

ヌーソロジーには『オリオン』『シリウス』『プレアデス』『スマル』という4大概念があるので、
『スマル』はそのうちの一つである「意識の領域」みたいなものになります。

『冥王星のオコツト』による説明だと以下のものがあります。

スマルとはオリオンとプレアデスの関係が完全に転倒したところに生み出されている虚無のようなもの。進化の無限性の反対側に存在させられています

スマルは人間の意識がプレアデス的領域を宇宙の本質と錯誤したときに生まれる、いわばオリオンの進化の力が完全に転倒させられたところにある力です

このスマルは、人間という次元を作り出すためには必要不可欠な力なのですが、最終構成においては人間の意識進化を妨げる強力な抑止力となります。分かりやすく言えば、地球人に物質という概念やエゴを与えている力とでも言いましょうか。

「虚無のようなもの」ということで、まるで地獄のようにネガティブな概念ですが、
「人間という次元を作り出すためには必要不可欠な力」という風にも書かれているし、
「人間の意識進化の反映として出現してくるもの」「新しい精神を作り出すためには必要な影の部分」などとも書かれています。

そんな感じで、『スマル』は人間社会において必ず出てくるものだし、
ある意味では意識進化に必要な概念とされています。
 

右翼とは?

次いで、『右翼のスマル』と『左翼のスマル』について説明するために、
「右翼」「左翼」について説明しましょう。

右翼と左翼は、18世紀のフランス革命期の時の議会が元になってるぐらい古く使われている政治用語です。
フランス革命の時は、国王を中心とする君主制の政治にするか、民衆を中心とする共和制の政治にするかで思想が割れていましたが、
君主制を支持する立場が右側に座っていて、君主制ではなく民衆に政治的決定権をもたせる共和制が左側に座っていたため、
そうした風潮が伝統的に続き、保守派を意味する「右翼」と、革新派を意味する「左翼」という呼び方が定着しました。

しかし、後世の政治においては、民主主義や資本主義が先進国の主流となってるため、
政治のシステムは昔よりも複雑化していて、状況によって何を「右翼」と呼び、何を「左翼」と呼ぶか、揺れ動きやすい概念となっていますが・・・
簡単に言うと「保守」の立場が右翼であり、「革新」の立場が左翼ということになっています。

今の日本の政治でいうと、与党である自民党が「右翼」であるし、それに反対する野党が「左翼」ということになります。
まぁ、そもそも政治の状況が昔と大きく違っているので、「右翼」と「左翼」という呼び方自体が古いって説もあるんですが・・・
今回は便宜上その言葉を使っていく方針でいきます。

右翼の思想として典型的なのが、指導力のある人間を中心とした「富国強兵」の思想です。

国が強い力を持っている方が良いし、お金があって豊かな方が良い。
指導力のある人を軸にした方がまとまりやすいし、厳しくルールを作って管理した方が無難にまとまりやすい。
そういう一連の「保守」の思想に向かうほど、より強く「右翼的」と言えます。

これが行き過ぎると、「ファシズム」と呼ばれるぐらい強い結束を持つようになり、
さらには他国への侵略戦争まで良しとするとなります。
そこまで行くと流石に現代日本では好まれません。
右翼の中でも過激派と穏健派と分かれることはあるので、同じ派閥内でも色々とあります。

ルールに厳しくならないと富国強兵は難しいし、
人民管理の発想も出てくるため、こうした思想は「自由」や「多様性」と相性が悪いです。

今は、世界中がなるべく戦争しないように動くのが基本となってるため、
「外交のために他国に舐められない程度の軍事力を保持しながら、そこそこの経済力を維持する」
みたいに、外交と経済についてを優先的に考えていくことが保守的であり、
今の日本の与党の思想もそんな感じになっています。

また、政治の話はとりあえず置いといて、もっとざっくり捉えると、
なにか「力を持った権威」があった場合、
「権威に従おうとする立場」が「右翼」に近いと言っても良いでしょう。
 

左翼とは?

「左翼」は「右翼」と同様に揺れ動きやすい概念ですが、
簡単にいうと「右翼に反対する立場」が該当します。

富国強兵みたいな思想は、豊かさと安定をもたらすため無難に魅力的ではありますが、
人民管理は必ずしも完璧に上手くいくとは限らないし、殺伐とした状況にもなってきます。
また、もっと平和を大事にしようと考えると、それと対立した思想が出てくるようになります。

それから、富国強兵の思想みたいなものは自由とも相性が悪いため、
自由を重んじる者はそれに反対するようになります。
そうした「自由主義」は「リベラル」と呼ばれ、左翼に近い立場として捉えられるようになります。

あと、これが盛り上がると1960年代のアメリカで出てきた「ヒッピームーブメント」のように、
ベトナム戦争に反対する平和運動が発展し、自然と調和した生き方を目指すスピリチュアルなムーブメントにもなってきます。

左翼とスピリチュアルもまた相性が良いため、両方兼ねている人も中にはいますが、
必ずしもそこは同じ思想になっていくとは限らず、
左翼にせよスピリチュアルにせよ、どこまでの思想を他に取り入れていくかは人それぞれになってきます。

以上のような「革新」に向かっていると言える思想が「左翼」であり、
今の日本の野党も与党に反対しているものはそういう方向性を含んでいます。
(それが果たして本当に革新的であるかは怪しいですが・・・)

それから、政治の話はまたとりあえず置いといて捉えると、
なにか「力を持った権威」があった場合、
「権威に逆らって変えようとする立場」が「左翼」に近いということになります。
 

右翼のスマルと左翼のスマル

今回書きたいことを結論からいうと、
「右翼にスマルがあることは有り得るし、左翼にもスマルがあることが有り得る」という話です。

これをそれぞれ『右翼のスマル』『左翼のスマル』と呼ぶことにします。
「右翼⇒保守」「左翼⇒革新」とするならば、
『保守のスマル』と『革新のスマル』と呼んでも良いかもしれません。

まず、『右翼のスマル』とは何なのか?
これは割と分かりやすいもので、
例えば、「より強く、より豊かに」を目指す「富国強兵」の思想では、
人民管理が必須になるので、必ず「支配」の構造が出てくるようになります。
その支配が作り出す地獄のような状況や、そこにある意識の構造が『右翼のスマル』と言っても良いでしょう。

特に、『スマル』は「思考停止」と密接に関係している概念なので、
そうした支配的な社会の中で思考停止してる者が多い時に、
スマル的な風潮が増大していくと言っても良いでしょう。

大体、権威に従うエリートみたいな人は右翼側に該当し、
それと異なる大衆派みたいな人は左翼側に該当するので、
陰謀論のような話だと、政府とか金融機関とか製薬会社とか超大企業とか、
「大衆を支配する闇の勢力」が右翼側にあると誘導されることが多いです。

したがって、「支配する力を持った権威」を『右翼のスマル』のようなものとみなし、
悪い存在かのように扱われることがよくあります。

一方で、『左翼のスマル』とは何なのか?

「左翼」は一見、支配的な存在に逆らおうとする勢力ということで、良さそうに見えるものですが、
その思想は必ずしも成功するものではなく、むしろ人間の歴史を見るとほとんど失敗しています。
何故失敗してしまうのか? そこは人間の限界ということで調べると色々と出てくるでしょう。

日本で起きたことで有名な話だと、1968年頃に「全共闘」と呼ばれるものがありました。
元々は大学の学費値上げから発端した反対運動でしたが、
そこから日本の各大学にいる学生が組織的に一致団結した武力闘争になり、
資本主義に反対する共産主義の思想を持つ者も混ざったりして全国的に大きい団体となりました。

ここでは、大学や警察や政府といった権威側が「右翼」で、それに逆らう学生が「左翼」みたいな構図となります。
しかしながら、最終的には左翼側である学生達の間でも内部抗争みたいなものが生じて荒れ狂った状態になっていきました。
革命で団結する立場の者同士で暴力沙汰になるほど争う事件が度々起きて、これが「内ゲバ」と呼ばれるようになりました。

アメリカで1960年代にあったヒッピームーブメントも、
元々はアメリカが引き起こしたベトナム戦争に反対する流れがあって出てきた平和を愛する「左翼」の立場です。
しかしながら、フリーセックス問題・暴動問題・薬物利用の問題と、
様々な問題を抱えていたこともあり、次第に衰退してしまいました。

どうもこの辺りの話で共通しているのは、
「利己的で支配的な政治」を嫌って戦って立ち上がったにも関わらず、
そういう立場の者も結局、利己的な性格を持っている者がほとんどで失敗するか、
あるいは、多くの人を統率する力や組織の維持能力が無くて衰退するか・・・ということが多いようです。

大体、ここでも自分が信じるものに対する「思考停止」が起きた時に、
結局うまくいかない状況が出てくるようになります。
右翼側でも左翼側でも、思考停止によって『スマル』が生じる法則は共通しています。

以上のように、左翼の立場の者達に巣食うエゴみたいなものや、
そこにある意識の構造が『左翼のスマル』と言っても良いでしょう。

そんなわけで、右翼的なものも左翼的なものも、
良さげな方向に行くものもあれば、『スマル』みたいな方向に行くことも双方あるわけです。

分かりやすく言うと、双方に「悪」みたいな存在があり、
同時にその逆の「善」みたいな存在もあるため、
「善悪×悪善」みたいな構造になっているわけです。

ヌーソロジーでは、こうした「2×2」の構造のことを『キアスム』と呼び、
意識進化やアセンションのためには理解することが必須の概念となっています。
 

良さげな右翼と良さげな左翼

さて、双方とも悪い方向性のものがあれば、良い方向性のものもあります。
双方において「良さげな方向に行くもの」はどんなものでしょう?

良さげな右翼は・・・まぁ公務員みたいなものと言っても良いでしょう。

右翼を支える者の代表例といったら軍人だし、軍人というと昔は良いイメージはなかったかもしれませんが・・・
今の日本の自衛隊は割とフツーの人でも、過酷な訓練を潜り抜ければなることができるので、
色んな人がいるらしいです。
(みんな屈強な肉体を必ず持ってそうだけど。)
自衛隊の人達は、災害が起きた時のレスキュー活動などで大活躍してくれます。

自衛隊に限らずとも、権威ある立場の職業の中で、
真面目に仕事をしている人は国やみんなのために働いている人もいます。

あと、現代は国に仕える仕事をするのが権威主義というより、
お金を稼ぐのがとにかく上手い人が権威主義だという風潮もあります。
お金を稼ぐこと自体は良いも悪いもないためなんとも言えませんが・・・
そうした力を持つことによってできることや可能性が増えることもあるため、良い方向性もあると言えます。

そんな良さげな右翼は、ヌーソロジー的にはプレアデス的な存在と言って良いでしょう。

一方で、良さげな左翼は・・・これもそれなりに良い人なんじゃないでしょうか?
立場的には自由主義に近いので、自由を愛する良い人となるでしょう。

自衛隊のように過酷なルールには耐え難いかもしれないけど、
自由を求めるのは悪いことではありません。
あと「愛」という言葉を使いがちなのはこちら側の特徴ですが、
愛情深い人が悪いわけではありません。
(その愛が本物であればの話だけど・・・)

こちら側にいる人は理想が高いのが特徴と言えるので、
上手くいかないのは理想の高さに要因があるかもしれないと言えます。

自由と善意、あとは愛だとかを基軸にした社会が作れればそれが理想ですが、
人間の世の中は、大衆性を考慮すると管理統制の発想を取り入れないとなかなか上手くいかないものです。
やはり、そうなると右翼側の思想を持つ人とのやり取りは必須だろうと思います。

また、「スピリチュアル」にも通じているのがこっちの立場ですが、
その方針で成功していて、社会を変える力まで持ってる天才みたいな人はなかなかいません。
多くの人はどうしてもスマル化してしまうものです。

ただ、もし成功しているならそれはシリウス的な存在と言えると思います。
 

アーリマン的な悪とルシフェル的な悪

さて、『右翼のスマル』と『左翼のスマル』の話に関連して、
ヌーソロジーで言われている話があります。

ヌーソロジーではシュタイナーの言葉を引用して、
「悪」には「アーリマン的なもの」と「ルシフェル的なもの」の二種類のタイプがある
ということが、書籍『2013:シリウス革命』に書かれています。

「アーリマン」とは物質的な存在であり、思考を固定する支配的な存在でもあるものです。
「科学」がその存在に近いです。
そして、そこから生じる悪が「アーリマン的な悪」ということになります。

一方で、「ルシフェル」とは精神的な存在でもあり、曖昧さをもたらすがゆえの危険な存在でもあるものです。
「宗教」がその存在に近いです。
そして、そこから生じる悪が「ルシフェル的な悪」ということになります。

そして、「右翼」は保守的で物質的なものに近く、
「左翼」はそれを破壊するものとして、精神的で宗教的なものに近いです。

したがって、『右翼のスマル』はアーリマン的な悪に近く、『左翼のスマル』はルシフェル的な悪に近い
ということが言えるようになります。
「スマル=悪」というわけではありませんが、
『スマル』から生じるエゴから、それぞれ「悪」のような存在が生み出されていくと言っても良いでしょう。

それから、人が特定の集団に対して「悪」と認識する時は、
だいたい自分側の立場にある「悪」と、相手側の立場にある「善」に気付いていません。
そのため、以下のような状態になります。

したがって、そうした状態にならないように気をつけつつ、
双方の「悪」もとい『スマル』のような存在に気付いていく必要があるわけです。
 

ワクチン推進派と反ワクチン派

最後に。自分がなんでこの話をしようと思ったのか?

新型コロナが世界的に猛威を振るっている影響で、
それに対するワクチンも世界中で問題視されるようになっていきました。
そうした状況から「ワクチン推進派」「反ワクチン派」の対立構造がより過激になっています。

ここでも分かりやすい「右翼」と「左翼」の立場と、
双方にある『スマル』の存在があります。

ワクチン推進派は、国や現代医学が推進しているものを利用しているということであり「右翼」みたいな立場にあるし、
反ワクチン派は「左翼」みたいな立場にあります。

これも、双方が思考停止していくほど『スマル』が登場してくる問題になるわけです。

「ワクチン推進派のスマル」とはどんなものか?
だいたいそれは反ワクチン派にとって「闇の勢力」みたいな言い方がされます。
莫大な金を持つユダヤ人の金融機関みたいな所に闇の存在があり、
それは世界征服や人口削減などを企んでいて、
政府や製薬会社もそれと手を組んでいて、
ワクチンは大衆を支配するために、陰謀によって投与される薬物だとかなんとか・・・

・・・というか、そこまで言うのはフェイクだとしても、
思考停止で国に従っていると、その方針に何かしらの危険性があった場合に大衆は防ぐことができません。
『スマル』は悪いものというより、「思考停止により生じるもの」なので、
国や権威に従うことに思考停止の状態が見られれば、
そこに必ず『スマル』みたいなものが生じてくると言った方が良いでしょう。

一方で、「良さげな推進派」はどんな感じになるのか?
ワクチンの有効性と安全性は、医者や科学者にとっても謎が多い中で研究しなければいけないものである中、
例えば、接種率が高いことで有名なイスラエルのデータを見ると短期的には効く結果は出ていました。
安全性や副作用に関しては、厚生労働省が事例を集めて公式ページで公開していますが、
「接種後死亡」と呼ばれるものでも確率にすると0.002%未満に収まるものだし、
重篤症状が発生する確率と合わせても0.01%以下で稀なケースとなっています。
感染防止の効果は期待できない場合でも、致死率が減少している結果は出ているため、
推進する理由は既存のデータから揃っています。

・・・まぁ要するに、現状出ている結果から判断すると、
確率的に安全そうな道を選ぶとワクチン推進の方向性に行くものになります。
ワクチンは政府やメディアが推進しているだけでなく、
医者や科学者や免疫学の専門家も自らの身を守るためにほとんどの人が利用しているものです。

新型コロナの脅威は、想像以上の感染力を持つ変異株の登場によって予想外の事態となっていますが、
自然災害が相手のようなものなので不測の事態は仕方がありません。
ワクチンは「絶対安全」は言い過ぎだし、「確実に効くし持続もする」とも言い切れませんが、
どうにか推進していきたいのは理解できることです。

それから、「反ワクチン派の中で良さげな人達」はどんな感じなのか?
単に「ワクチンを受けるつもりはない」という意味での「反ワクチン派」はそれなりに多くいると思います。
これはだいたい自然派な人に多かったり、スピリチュアルな人に多かったりします。
ヌーソロジーが好きな人にも多いです。
今回使われているmRNAワクチンを打つと自身の遺伝子が書き換えられる・・・とか言われてるのは確実にデマなんだけど、
遺伝子組み換えの技術がめちゃくちゃ使われて作られているのは確かなので、
倫理的な問題で警戒する人がいるのも無理はないと思います。

あと、やはり少ないとはいえ確実に存在する副作用のリスクもあるし、
変異株に対する有効性や持続性を考えるとメリットが大きさも微妙であるし、
アレルギーのリスクもあるため、ワクチンが合わない人は合わないらしいです。

したがって、考えた結果の理由から「ワクチンを打たない」と選択するのは良いのだと思います。
感染リスクと重症化リスクは高いと思うので心配にはなりますけど、
何が正解か分からない自然災害が相手なので、現状だとそうなるのは仕方がないことです。

そして、厄介なのは「反ワクチン派のスマル」です。
ワクチンの存在に反対する者は、18世紀のイギリスで天然痘ワクチンが発明された頃からいたらしいです。
そのため、アメリカでもイギリスでもヨーロッパでも、昔から徒党を組んでたような者がいたし、
「反ワクチンの団体」によって収益を得てる奴らもいます。

そうした所からの情報が世界中に伝わって、デマや陰謀論といったものが拡散されてしまっているため、
どうしようもなく迷惑な偽善悪党みたいなのが多くて注意が必要です。

こうした「反ワクチン派のスマル」は『左翼のスマル』に該当し、
やはり「思考停止」が要因で一気に広がっていくものですが、
最も厄介なのは「思考しているつもりで思考停止に陥っている」という状況です。
これは、兵隊のように分かりやすく思考停止した『右翼のスマル』とも違う性質があって厄介です。
兵隊や労働者のような勤勉性や社会性が無いくせに、
思考停止していることへの気付きが難しいと、周囲にとってかなりめんどくさい人間になります。

そういう点では『左翼のスマル』は『右翼のスマル』よりも厄介と言える性質を持っています。
 

反ワクチン派にある段階

ひとことで「反ワクチン派」といっても、色んな段階の人がいます。

とりあえず、明確な基準を挙げるなら、以下のものがあると思います。

~反ワクチンの理由として理解できるもの~
①ワクチンの副作用が危ないかもしれない
②ワクチンは効かないかもしれない
③ADE(抗体依存性増強)になるかもしれない

~頭おかしいと思うもの~
④新型コロナの被害は実は大したことない
⑤マスクはみんな外すべきだし、外せばこの問題は解決する
⑥新型コロナはフェイクであり実は存在しない。新型コロナ騒動は茶番である

 
①②③の話は、要する「ワクチンの有効性(メリット)と危険性(デメリット)」の話です。
ワクチンを打つ/打たないの判断はそれによってするべきだし、
それらの事象でまだ不確定な要素があるなら、慎重になるのは間違いではないと思います。
また、③も科学的に謎が多いらしいので、警戒が必要なものとなっているらしいです。

④⑤⑥まで主張してる人は、確定で『スマル』だと思います。

特に⑥については明確におかしい。
そもそも新型コロナといったウイルスは電子顕微鏡で確認できる大きさであるし、
遺伝子解析の技術によって、どういった種類のウイルスなのかは遺伝子配列を見れば変異株の種類まで特定できるし、
そうして確認された感染症が世界的に流行っているのは当たり前な事実ですし、
日本国内でもかつてないほどに医療現場に患者が殺到して大変なことになっています。
新型コロナをフェイクだと茶番だのを信じる人は物理や科学を正しく理解することができていないと言えるでしょう。

こういうものは、もはや「何を信じたいか」の信仰の問題になってきます。
国を信じる/信じないとか、メディアを信じる/信じないの話とかは、
どっちを信じたいかの問題で意見が分かれるので、そこで疑いが生じるのは理解できます。

ただ、「新型コロナの存在はフェイク」とまでするのは、
科学的に事実が確認されてるものまで信じないということです。
流石に科学をそこまで信じないのはやり過ぎだと思います。
当たり前に信じられてる物理現象を疑うのは、さすがに信仰の問題の域を越えています。

それに・・・一般の人とあまりにも考え方が違い過ぎるので、
友好的な関係を築くのが難しいでしょう・・・

一般人にあまりにも理解されない宗教みたいになったら非常にマズいと思います。
そういう宗教もスマル化しやすいです。

「宗教の世界では、先駆者となった者ははじめは嫌われ者だった」の理屈があるので判断は難しいですが、
本当に良いものは、一般の人にも多少は話が通じるはずのものなはずです。
ブッダもキリストも、大衆の中からも支持するものが出てきたし、賢い者も味方してくれたから成功しました。

狂人しか信じる人がいないのは、狂人にしか通用しない邪教の可能性があります。

こうした問題もまた『左翼のスマル』や「ルシフェル的な悪」の問題として深刻なものです。
嫌われ者サイドは時代に逆らうからひねくれやすいし、理想が高いが故に、スマル化にも一層気をつけなければなりません。
 

まとめ

繰り返しになりますけど、
要するに伝えたいのは、以下の図のように左右双方の方向性において『スマル』のような存在があることです。

それから、こうした「2×2」の構造のことを『キアスム』と呼び、
ヌーソロジーの考え方の基本になっていることです。

そんな構造が世の中のあちこちにあるので、
双方の立場の中にあるものに気をつけましょうという話でした。


-ヌーソロジー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ヌースレクチャーのPDFをコンビニで簡単に冊子化できたのでやり方のメモ

2020年9月28日に、 ヌーソロジーレクチャー2009年シリーズの書き起こしPDFテキストが発売されました。 ◆書き起こしテキスト「01」を発売開始しました | NOOS ACADEMEIA onl …

ヌーソロジー本「2013:世界はグレンとひっくり返った~」感想

ヌーソロジーの例の新作、 半田広宣さんと、中山康直さんの対談本、 「2013:世界はグレンとひっくり返った 反転の創造空間<<シリウス次元>>への超突入! いつでも「今」どこで …

Kindle本「NOSとNOOSの精神分析」をリリースしました

これまで、『4次元思想とフラットランド』や 『ヌーソロジー基本概要+(プラス)』や 『リアル魔法使い研究』などの本を書いてきましたが、 新しく『NOSとNOOSの精神分析』という本をリリースしました! …

Raimu的ヌーソロジー用語解説集

『シリウス革命』とかに出てくる、 ヌーソロジーの用語で、 自分が重要だと思った所、 ヌーソロジーの概要を掴むために一通り抑えとくべきだと思った用語の、 簡潔な解説集です。 以下の用語が入っています。 …

精神分析用語とヌーソロジー用語のすり合わせまとめを最新にしました

『NOSとNOOSの精神分析』のリリースに伴って、 自分が以前に上げた、以下の二つの記事を最新の内容にしました。 ◆ユング心理学とヌーソロジー用語のすり合わせまとめ ◆ラカンの精神分析とヌーソロジー用 …

プロフィール

Author:Raimu

魔術・オカルト全般好きな理系。
サイキックの研究とか、占星術とか、
神秘と科学の考察的な、自分の好きなものを置いていきます。

詳しくはこちら

超能力や魔術の研究や、物理学・量子力学を絡めた解明を目的に、少しずつ書いていった連載記事。

2021年頃に始めたヌーソロジー学習用のテキストの新作。
哲学、シャーマニズム、数学、神学、古代文明、意識進化、オカルト・・・など色んなジャンルが絡んでくる内容のもので、これを読めば『ヌーソロジー』ってどんなものなのかがざっくりと分かるようになるはず。

『note』のテキストコンテンツとして執筆。社会不適合者が生き残るための考え方や知恵をテーマにしたテキスト。1~5でとりあえず一区切り。第1回目はこちら。

正式名称は『はじめての人でもホロスコープを自分で読めるようになるための記事』。西洋占星術で出した結果をある程度の所まで読めるようになることを目的とした記事。

半田広宣さん提唱の宇宙論・具体的イデア論と言われている『ヌーソロジー』。その基本から実践的な入門までを、自分なりに一通り説明したページ。

その他に作ったものはこちら。

『プロミテウス』というプログラミング学習用のブログを開設しました。
初心者向けの「プログラミング入門」がメインコンテンツになりますので、よろしくお願いします。

noteREQUで西洋占星術による鑑定を有料で受け付けています。生年月日と出生日時から占う命術鑑定です。
通常コースは4000円、簡易コースは2000円にて受け付けています。

Kindle本など。Amazonで買えます。
「佐道来夢」という名前で出してます。

書籍版Kindle版があり。
「4次元」とは何か?というのが主なテーマ。割と理系的な視点から「異世界」について探求していった本と言っても良いかもしれない。
『ヌーソロジー』の理解に必要な「4次元認識」の実践部分もあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
宇宙論『ヌーソロジー』の入門用。半田広宣さん監修の元、ヌーソロジーの主要な知識を押さえれるコンパクトなハンドブック。
「変換人生活のためのヒント」というテーマの書き下ろしテキストもあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
「リアルな魔法使い」とは何か?をテーマに、「目に見えないもの」との付き合い方や、その仕組みなどについて幅広く書いていった。オカルト的なことを実践していたり、関心のある人に読んでもらいたい本。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
ユング、フロイト、ラカンなどの「精神分析」のジャンルを、ヌーソロジーの概念を使って説明することを試みた「ヌーソロジー×精神分析」の本。精神分析の概念がゼロからでを分かるようにしつつ、ヌーソロジーの世界観の理解も深めることができる。
詳細はこちら

メイン⇒@raimu_23tm

占い関連⇒@raimu_23tm_thot

ヌーソロジーたん⇒@noosology_tan

アストロロジーたん⇒@astrology_tan