【連載】サイキック研究

■サイキックの研究と分析(4) ~量子力学と超能力~

投稿日:2018年8月18日 更新日:

Photo_2

不定期連載『サイキックの研究と分析』シリーズ。 記事一覧はこちら。


◆◇量子力学と超能力◆◇

超能力の在り方は、テクノロジーの発展によって異なってくる・・・というのは、
前にも述べたことですが、特に押さえておくべきポイントです。

古代からあるものだと、エジプトの魔術とかインドの神通力といったものがありますが、
日本だったら、卑弥呼の祈祷とか、中国から伝わった仙術のようなものがあります。
平安時代あたりだと、陰陽師がいて、陰陽五行思想に基づく風水的な術を使ってたし、
江戸時代だと、よく分からない存在は「妖怪」として扱われることがありました。

Youkai

テクノロジーが発展していくにつれ、「よく分からないもの」はそれに対して影に潜むようになり、
アメリカあたりでは、現代のテクノロジーに対抗するように現代的な超能力が出てきて、
アメリカあたりから出たそれが日本にも伝わるようになるわけです。

時にはテクノロジーに対抗するようなものとして超能力が出てきたり、
時には逆にテクノロジーに影響されるように、
SFっぽいエンターテイメントが出来るようになっていきました。
 

SFと言えば藤子不二雄さん・・・ということで、そうした作品で使われるようになったり。

Onmyouzi

平安時代の超能力者(陰陽師)が最新のテクノロジー(ニコニコ動画)でネタにされることも・・・

 
そして、テクノロジーの発展として重要な出来事になるのが「量子力学」の登場です。
これは、1920年代頃に骨格が出来上がっていきました。

量子力学については・・・次の節で詳しく説明することにしますが・・・
量子力学の登場によって、ミクロの物理学はこれまでニュートンが言っていたような物理学でないことが分かったし、
物質の大元を作り出しているものは、何だかよく分からないものだということが分かってしまいました。

ここで、量子力学をあくまで従来のように物質の動きを説明するための物理学のように扱うタイプの学者もいますが、
中にはユニークな解釈を試みる者も出てきました。
初期だとニールス・ボーアあたりの解釈は、サイキックと親和性が高いです。
デヴィッド・ボームも、物質は精巧なホログラムではないか?と主張しており、
1980年代のニューサイエンスブームの中で話題になっていました。
現代だとロジャー・ペンローズあたりが面白そうなので、自分は今、目をつけています。

現代物理学で起きてる現象に、東洋で伝えられていた教えを見出だすという人も出てきています。
フリッチョフ・カプラによる『タオ自然学』あたりが有名です。
1975年頃に出て世界的ベストセラーになったこの本は、
東洋思想と量子力学をかけ合わせた先駆的なものでした。

そんでもって言っておくと、量子力学に対して、
素粒子の正体はわれわれの意識であり、
「素粒子は人間の意識構造と同型対応している」
って言ってるのが、
『ヌーソロジー』提唱者の半田広宣さんです。
1997年に始めて本が出てます。世界的ベストセラーにはなってませんが(笑)

Zinkami

 
他にも、「素粒子の振る舞いをどのように解釈するか」を巡って、
あちこちで様々な言説も出てくるようになります。
適当に見繕うと以下のようなものがあります。

◆【宇宙】並行宇宙は存在し、それらは相互作用している…米豪の学者がパラレルワールドの新理論提唱

◆物理学の最新理論「宇宙は一つじゃない、我々と別の宇宙は本当にある」 | 不思議.net

◆宇宙は幻影。この宇宙がホログラムであることを証明する初の”証拠”を発見したと主張する物理学者(英研究)

◆この世界がゲーム内シミュレーションではないという証明は可能なのか?アメリカで有識者によるパネルディスカッション

◆人間の意識は「脳内ブラックホール」を通じて異次元に存在している!? 大学教授「意識=波動であり、脳=粒子」

このように、超能力も以上のような言説と絡めて扱われる時代になっているわけです
 


あと、現代物理学に影響されてるであろう作品といったらやっぱりこれ。 

 
・・・さて、ここまでは『サイキックの研究と分析』の導入として、
「超能力とは何か?」ということをメインテーマとして書いてきました。
次からは、この「量子力学」についてを詳しく書いていこうと思います。
 
 


-【連載】サイキック研究

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

■サイキックの研究と分析(33) ~精神世界の3大区分「天」「人」「地」~

不定期連載『サイキックの研究と分析』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇精神世界の3大区分「天」「人」「地」◆◇

■サイキックの研究と分析(35) ~一神教系のものと多神教系のもの~

不定期連載『サイキックの研究と分析』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇一神教系のものと多神教系のもの◆◇

■サイキックの研究と分析(29) ~「エーテル体」と「アストラル体」について~

不定期連載『サイキックの研究と分析』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇「エーテル体」と「アストラル体」について◆◇

■サイキックの研究と分析(24) ~時空間を超越した所にアクセスする~

不定期連載『サイキックの研究と分析』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇時空間を超越した所にアクセスする◆◇

■サイキックの研究と分析(5) ~素粒子の歴史について~

不定期連載『サイキックの研究と分析』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇素粒子の歴史について◆◇

プロフィール

Author:Raimu

魔術・オカルト全般好きな理系。
サイキックの研究とか、占星術とか、
神秘と科学の考察的な、自分の好きなものを置いていきます。

詳しくはこちら

超能力や魔術の研究や、物理学・量子力学を絡めた解明を目的に、少しずつ書いていった連載記事。

『note』のテキストコンテンツとして執筆。社会不適合者が生き残るための考え方や知恵をテーマにしたテキスト。1~5でとりあえず一区切り。第1回目はこちら。

正式名称は『はじめての人でもホロスコープを自分で読めるようになるための記事』。西洋占星術で出した結果をある程度の所まで読めるようになることを目的とした記事。

半田広宣さん提唱の宇宙論・具体的イデア論と言われている『ヌーソロジー』。その基本から実践的な入門までを、自分なりに一通り説明したページ。

その他に作ったものはこちら。

noteREQUで西洋占星術による鑑定を有料で受け付けています。生年月日と出生日時から占う命術鑑定です。
通常コースは3000円、簡易コースは1000円にて受け付けています。

Kindle本など。Amazonで買えます。
「佐道来夢」という名前で出してます。

書籍版Kindle版があり。
「4次元」とは何か?というのが主なテーマ。割と理系的な視点から「異世界」について探求していった本と言っても良いかもしれない。
『ヌーソロジー』の理解に必要な「4次元認識」の実践部分もあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
宇宙論『ヌーソロジー』の入門用。半田広宣さん監修の元、ヌーソロジーの主要な知識を押さえれるコンパクトなハンドブック。
「変換人生活のためのヒント」というテーマの書き下ろしテキストもあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
「リアルな魔法使い」とは何か?をテーマに、「目に見えないもの」との付き合い方や、その仕組みなどについて幅広く書いていった。オカルト的なことを実践していたり、関心のある人に読んでもらいたい本。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
ユング、フロイト、ラカンなどの「精神分析」のジャンルを、ヌーソロジーの概念を使って説明することを試みた「ヌーソロジー×精神分析」の本。精神分析の概念がゼロからでを分かるようにしつつ、ヌーソロジーの世界観の理解も深めることができる。
詳細はこちら

メイン⇒@raimu_23tm

占い関連⇒@raimu_23tm_thot

ヌーソロジーたん⇒@noosology_tan

アストロロジーたん⇒@astrology_tan