【連載】サイキック研究

■サイキックの研究と分析(16) ~「波の世界」のものを受信する~

投稿日:2018年11月10日 更新日:

Photo_2

不定期連載『サイキックの研究と分析』シリーズ。 記事一覧はこちら。


◆◇「波の世界」のものを受信する◆◇

前回は、意識の「送信」の話でしたが、
今回は「受信」の話です。

意識の「送信」で放たれた想念みたいなものを受信したり、
あるいは、「波の世界」にあるものを受信する能力というのがあります。

Namizyusin

これは、サイキックで言うとテレパシーの逆で、
「テレパス」という能力に該当します。

実は、ここで「波の世界」にある、漠然とした「想念」を受け取って
解釈する技術はなかなか難しいです。

「波の世界」の受信によって「漠然とした想念」や「イメージ」が出てきますが、
そこで出てきた「イメージ」は、
「自分の妄想」なのか「ちゃんとした波の世界からのメッセージ(真言)」なのか、とか、
「自分の想念」なのか「他者からの想念」なのか
、とか、
正体は何なのかの区別ができるようにならないと、
それらをごっちゃにして認識するようになってしまい、勘違いだらけになってしまいます。

「妄想」を「真実」と勘違いするようになってしまったら・・・
そういう方面でヤバくなってくると、「統合失調症」みたいになってしまうわけです。

実は、サイキックを使う人間はこの辺をしっかりしなければならない・・・という話になります。

Namimousou

サイキックの天敵は妄想である。
これは肝に銘じなければいけない。

それから、ここまでで「テレパシー」と「テレパス」の能力が説明できたわけですが、
これを使ってのコミュニケーションが簡単なわけではないです。
自分が思った通りのことを他人はそのまま受け取らないものなので、
そこには必ず、妄想か思い込みによる阻害があります。

よって、人とコミュニケーションをしたい場合は、
普通に直接話すなり、メールなどをして確認するなり・・・とかが一番なので、
その原則は忘れてはなりません。 
 

五感を使った受信について

あと、「受信の方法」についてですが、
その内容も様々あります。
視覚で受けるタイプ、聴覚で受けるタイプ、
触角で受けるタイプ、嗅覚で受けるタイプ、
あくまで「何となく感じる」で受けるタイプ。

人間は「五感」というのを持っていますが、
それに第六感を加えると6通りあります。
いや、あるいは第六感というのは、
五感がそれぞれ覚醒することで、それに対応した第六感が得れるものかもしれません。
「体感」というか「何となく感じる」の力が強い人は、
「触覚」あたりが敏感かもしれません。
あるいは「神経」のあたりが敏感なのかもしれませんし。
自分も割とそのタイプです。

この中で、特に「視覚」で受けることにかなり優れている人が「霊視能力者」というやつです。
一般的に「霊能者」と呼ばれる人が持ってることが多い能力です。
これによって「幽霊」が見れたり、「前世や守護霊」といったものが見れたりするようです。

西洋魔術のジャンルにおいて、「視覚」でそういう情報を見れるようになることを「視覚化」と言い、
そのためのトレーニング方法もあります。
(西洋魔術に限らず、目に見えないものを感知するジャンル全般で「視覚化」は出てきます。)

この「視覚化」や「霊視」というものは、実は「見え方」が結構いろいろあることが想定されるので、
そこがまたややこしい所だったりします。
基本的に「どういう風に見えるか」は、「自身がどんな文化を育ってきたか」に依存します。
「波の世界」にあるような「漠然とした想念」を受信した時、
「自分にとって最も適したイメージ」が「自分の育ってきた文化」から
自動的に検索されて、当てはまったイメージが出てくるので、
「文化」によって色んなイメージが出てくるものです。

Namibunka

「霊視能力」というのは恐らく、
「受信」の能力に加えて、自動的なイメージ能力によって成り立っているものなので、
先天的にそういう能力を持ってる人は、脳の機能のどこかが特別な構造になってるかもしれません。

自分はそういうのは持ってない類ですが、
よく言われている仕組みとしては、
それぞれ「霊」には「波長」みたいなものがあって、
「自分の波長」に合ってるものほど受信してよく見えやすい、
という法則があります。

そんでもって、波長のレベルが低そうなやつ、波長のレベルが高そうなやつ、高そうなフリしてる低いやつ・・・と色々といるわけです。
(波長が低いのには動物霊などがいて、高そうなフリして低いやつはよく宗教団体にとりつこうとするらしいです。)

Namihatyou_3

特定の周波数を受け取るようにできてるみたいな原理は、
ラジオみたいなものなので分からないでもないです。

そして、そうした「電波」みたいなものを、強く受信することができるタイプほど、
強力なものを受信して上手く活かすこともできますが、
これには当然、余計なものも受け取るリスクもあります。
そもそも、こういう能力を活かすといっても、
「何か不思議なものが見えるし感じる」とか言ったら、
世間では怪しげな霊能者扱いになったりするので、そう簡単にはいかないわけですね。

余計なものを受け取るのは、正直な所、面倒な時は面倒なので、
普通の人がそういう能力を封鎖するのも理に適っています。

ただ、目に見えない「波の世界」に絡んだ
「目に見えないエネルギー」には、非常に有用なものもあるため、
それを活かして生活することもできます。
サイキックを使う利点は色々とありますが、
「エネルギー運用」はそのうちの一つになります。

サイキックは基本的にリスクがあるものなため、
それを踏まえて扱っていくべきものです。
 
 


-【連載】サイキック研究

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

■サイキックの研究と分析(20) ~微小レベルで物質に影響する~

不定期連載『サイキックの研究と分析』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇微小レベルで物質に影響する◆◇

■サイキックの研究と分析(18) ~「ミクロ知覚」の方法いろいろ~

不定期連載『サイキックの研究と分析』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇「ミクロ知覚」の方法いろいろ◆◇

■サイキックの研究と分析(48) ~癒着してしまうこと~

不定期連載『サイキックの研究と分析』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇癒着してしまうこと◆◇ 次に『癒着してしまうこと』についてです。 「癒着」の意味は、ざっくり言うと「くっつくべきでないものがくっ …

■サイキックの研究と分析(29) ~「エーテル体」と「アストラル体」について~

不定期連載『サイキックの研究と分析』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇「エーテル体」と「アストラル体」について◆◇

■サイキックの研究と分析(14) ~「量子力学」と「量子哲学」~

不定期連載『サイキックの研究と分析』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇「量子力学」と「量子哲学」◆◇

プロフィール

Author:Raimu

魔術・オカルト全般好きな理系。
サイキックの研究とか、占星術とか、
神秘と科学の考察的な、自分の好きなものを置いていきます。

詳しくはこちら

超能力や魔術の研究や、物理学・量子力学を絡めた解明を目的に、少しずつ書いていった連載記事。

『note』のテキストコンテンツとして執筆。社会不適合者が生き残るための考え方や知恵をテーマにしたテキスト。1~5でとりあえず一区切り。第1回目はこちら。

正式名称は『はじめての人でもホロスコープを自分で読めるようになるための記事』。西洋占星術で出した結果をある程度の所まで読めるようになることを目的とした記事。

半田広宣さん提唱の宇宙論・具体的イデア論と言われている『ヌーソロジー』。その基本から実践的な入門までを、自分なりに一通り説明したページ。

その他に作ったものはこちら。

noteREQUで西洋占星術による鑑定を有料で受け付けています。生年月日と出生日時から占う命術鑑定です。
通常コースは3000円、簡易コースは1000円にて受け付けています。

Kindle本など。Amazonで買えます。
「佐道来夢」という名前で出してます。

書籍版Kindle版があり。
「4次元」とは何か?というのが主なテーマ。割と理系的な視点から「異世界」について探求していった本と言っても良いかもしれない。
『ヌーソロジー』の理解に必要な「4次元認識」の実践部分もあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
宇宙論『ヌーソロジー』の入門用。半田広宣さん監修の元、ヌーソロジーの主要な知識を押さえれるコンパクトなハンドブック。
「変換人生活のためのヒント」というテーマの書き下ろしテキストもあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
「リアルな魔法使い」とは何か?をテーマに、「目に見えないもの」との付き合い方や、その仕組みなどについて幅広く書いていった。オカルト的なことを実践していたり、関心のある人に読んでもらいたい本。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
ユング、フロイト、ラカンなどの「精神分析」のジャンルを、ヌーソロジーの概念を使って説明することを試みた「ヌーソロジー×精神分析」の本。精神分析の概念がゼロからでを分かるようにしつつ、ヌーソロジーの世界観の理解も深めることができる。
詳細はこちら

メイン⇒@raimu_23tm

占い関連⇒@raimu_23tm_thot

ヌーソロジーたん⇒@noosology_tan

アストロロジーたん⇒@astrology_tan