【連載】サイキック研究

■サイキックの研究と分析(40) ~確信の法則~

投稿日:2020年1月18日 更新日:

Photo_2

不定期連載『サイキックの研究と分析』シリーズ。 記事一覧はこちら。


◆◇確信の法則◆◇

次に、『確信の法則』についてです。
『確信の法則』は、『認知の法則』の次段階のものと言うことができるものです。
『認知の法則』で捉えたものは、
それをさらに「確信」することによって強めることができるというのが『確信の法則』です。

『確信の法則』は、後述する『具現化の法則』とも相性が良いです。
「目に見えない世界」を認知した時に浮かんだイメージから、
「偶像」を実際に描くことで、「確信」が強まることもあります。

あと、不思議な力を持つ言葉を唱える「呪文」や、
自己暗示用の言葉を唱える「アファメーション」といったものも、
「確信」の力を高めるために効果的です。

◆アファメーションを「仕事や人間関係に活かす」7つの基本と8つの実践例

現代では、特に「アファメーション」が使われることが多く、
それらは「成功法則」や「引き寄せの法則」の力を強めることにも使われます。

この『確信の法則』は、人間の社会に「宗教」を成り立たせる原因となるものでもあります。
「宗教」というものは、何かしらの神様的存在や、その神様の教えのような、
特定の抽象的な存在や教えを「確信」した人が集まって、集団になった時に生まれるものです。
集団になって大きくなれば大きくなるほど「確信」の力が強まる一方で、
集団が分裂していく要因や、集団としての危うさも出てきますが、
一応、人間の社会に宗教が出てくること自体は、
サイキック的に理に適ったことであるため、間違っているわけではないです。

ただ、「思想の押し付け」や「思想の排除」などをしていたり、
一線を越えるようなことをしていると、人として間違った行為になるため、
間違ったことをしている宗教が間違っている、と理解するべきでしょう。
 

確信してる人同士での差異

それから、これは『認知の法則』でもあったことですが、
「確信してる人」と「確信してない人」の違いというのもあり、
この両者もまた、住む世界が違うぐらい発想が違ってくるため、
言い争いが起きやすい所です。

また、自分のしている「確信」が、他者にも通じているとは限らないため、
下手に「他人も一緒」と捉えてしまい、思想の違いが分からないまま行動していると、
どこかで違うということに悩むこともあります。人間社会ではあるあるです。

「認知」のレベルで違う人同士の場合は、ちょっとした違いで済んだとしても、
「確信」のレベルで違う人同士となると、キリスト教とか仏教とかイスラム教とかヒンドゥー教とか、
宗教が異なる人ぐらいの違いがあるでしょう。
なので、この辺は「自分と違う宗教を信じてる人は、違うものを信じている」といった、
異文化交流への配慮が必要な所です。
他宗教が混在している場所や国に住んでいる場合ほど、そういう配慮が必要になってくるでしょう。
そうした配慮がないと、宗教戦争というやつが起きてしまうわけです。

 
以上、『確信の法則』によって「確信」をすることは、サイキック的にも強い力を生みますが、
一つのことにひたすらこだわるのは、それ以外の視点が見えずらくなったりするので、
盲目的になるリスクのあることでもあります。
自分が信じているものと他の人が信じているものは違うかもしれないという可能性は、
頭の片隅に置いておくべきことです。

 
 

■次へ

◆浄化の法則


-【連載】サイキック研究

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

■サイキックの研究と分析(2) ~実際にある超能力~

不定期連載『サイキックの研究と分析』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇実際にある超能力◆◇

■サイキックの研究と分析(38) ~自分に合った生存戦略を選ぶ~

不定期連載『サイキックの研究と分析』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇自分に合った生存戦略を選ぶ◆◇

■サイキックの研究と分析(26) ~「夢の世界」と「無意識の世界」~

不定期連載『サイキックの研究と分析』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇「夢の世界」と「無意識の世界」◆◇

■サイキックの研究と分析(36) ~「呼吸法」が基本にある?~

不定期連載『サイキックの研究と分析』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇「呼吸法」が基本にある?◆◇

■サイキックの研究と分析(29) ~「エーテル体」と「アストラル体」について~

不定期連載『サイキックの研究と分析』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇「エーテル体」と「アストラル体」について◆◇

プロフィール

Author:Raimu

魔術・オカルト全般好きな理系。
サイキックの研究とか、占星術とか、
神秘と科学の考察的な、自分の好きなものを置いていきます。

詳しくはこちら。

超能力や魔術の研究や、物理学・量子力学を絡めた解明を目的に、少しずつ書いていった連載記事。

半田広宣さん提唱の宇宙論・具体的イデア論と言われている『ヌーソロジー』。その基本から実践的な入門までを、自分なりに一通り説明したページ。

その他に作ったものはこちら。

Kindle本など。Amazonで買えます。
「佐道来夢」という名前で出してます。

書籍版Kindle版があり。
「4次元」とは何か?というのが主なテーマ。割と理系的な視点から「異世界」について探求していった本と言っても良いかもしれない。
『ヌーソロジー』の理解に必要な「4次元認識」の実践部分もあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
宇宙論『ヌーソロジー』の入門用。半田広宣さん監修の元、ヌーソロジーの主要な知識を押さえれるコンパクトなハンドブック。
「変換人生活のためのヒント」というテーマの書き下ろしテキストもあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
「リアルな魔法使い」とは何か?をテーマに、「目に見えないもの」との付き合い方や、その仕組みなどについて幅広く書いていった。オカルト的なことを実践していたり、関心のある人に読んでもらいたい本。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
ユング、フロイト、ラカンなどの「精神分析」のジャンルを、ヌーソロジーの概念を使って説明することを試みた「ヌーソロジー×精神分析」の本。精神分析の概念がゼロからでを分かるようにしつつ、ヌーソロジーの世界観の理解も深めることができる。
詳細はこちら

メイン⇒@raimu_23tm

占い関連⇒@raimu_23tm_thot

ヌーソロジーたん⇒@noosology_tan

アストロロジーたん⇒@astrology_tan