西洋占星術

2020年。木星と土星と冥王星が合流してヤバくなる話

投稿日:

今回は西洋占星術的に重要な話です。

西洋占星術では現在の星の運行が大事であり、
何かが始まったタイミングでの星の位置に意味があると解釈します。

ここ最近、占い師の間で有名なのは、
土星と冥王星が近い位置にある期間が長く続いていることです。
2019年の4月頃からそれが顕著で、
2019年は土星と冥王星が近づいたりちょっと離れたりを繰り返す時期でした。
そして、2020年もその状態が続いていて、
さらに、3月に入ると今度は木星も近づいてきて合流してくるようになります。

これは結構すごいことなので話題になっています。

以下のように、3月の頭ぐらいから近づいてくるような配置になります。

※2020年3月5日のホロスコープ

そして、特に気になるのは東京オリンピック開催日
この日は見事に3つが近い状態の時に行われます。

※2020年7月24日のホロスコープ

木星と土星と冥王星が近くなっている状態は2020年の間は当分は続いていて、
2021年の1月に入ってようやく離れていく形になります。

そこで今回、それが何を意味しているのか?についてを書いていきます。
 

土星の意味と木星の意味のおさらい

まずは、占星術的な木星の意味と土星の意味のおさらいです。
ざっくりした説明とキーワードは以下です。

《木星》

膨張、広がってく性質を持つ。
成功と幸運の星でもある。
楽観的に物事に挑戦していき、領域を拡張していく星。
なんでも広く寛容する力が強い。
ギリシャ神話だとゼウスに対応し、霊的な指導者を意味することもある。
 
~キーワード~
成功、問題解決、膨張、和、学識と霊性の両方、師、意識進化
 
進行速度:1つの星座を移動するのに約1年。

《土星》

収縮、律していく性質を持つ。
忍耐と試練の星でもある。
現実的に世の中を見て、領域を保守していく星。
ルールに則ったメンテナンス能力が強い。
ギリシャ神話だとクロノスに対応し、時間の神を意味することもある。
 
~キーワード~
試練、忍耐、収縮、現実的、社会システム、父なるもの、時空
 
進行速度:1つの星座を移動するのに約2年半。

自分が占星術を習った所で強調されたのは、
木星は膨張するもので、土星は収縮するものということでした。
木星は大きくて広がっていく感じで、他者に対しての影響力が強いので、自己の思想が他者を通じて広がっていくような力を持っています。
それが成功にも繋がるから「成功をもたらす星」と言われています。

土星は収縮するもので、木星の逆ということになります。
収縮というか、意識が狭まっていって自己の思想が広がらないから、ルールを通じて他者と繋がっていく感じになります。
したがって、他者が決めたルールに従っていくような力を持っています。
人間社会ではこれが結構大事で、それが父親のような役割を持っていたり、試練のように機能するから「試練をもたらす星」と言われています。
 

「内側の法」と「外側の法」

占星術的には、木星と土星は「そこそこ遠い星同士」ということになり、
宇宙論『ヌーソロジー』的には、木星と土星は「対化の関係を持つ」とはっきり言われています。
したがって、その性質は真逆のものを持っているわけです。

木星と土星の関係について。
自分が連想するのは「法」のあり方の違いです。

「法」とは何でしょうか?
「法律」という熟語にも使われるので、ルールとかの意味もあります。

仏教だと「法」という言葉は法則とか真理とかの意味で使われることがあります。
特に「真理」の意味合いが強く、
「釈迦が法を説く」といったら「釈迦が真理を説く」に言い換えることができる意味になります。

ここで言う「法」は自然にあるシステムのことを指していると言っても良いでしょう。
それを扱うのが「魔法」というものだと言うこともできます。

それから、ローマ教会の最高権威は「ローマ法王(あるいはローマ教皇)」と呼ばれたり、
チベット仏教の最高権威の人は「ダライ・ラマ法王」と呼ばれたりします。
その辺りで使われる「法」という言葉にも特別な意味が込められているようです。

そして、こうした「法」という言葉と、木星と土星の関係についてだと、
自分は「内側から来る法は木星の力で、外側から来る法は土星の力」という解釈が気に入ってます。

「内側から来る法」とは「自己から湧き上がってくるもの」です。
これが湧き上がる瞬間は何か真理を掴む感覚があり、
自然に動いたことが理にかなっているような状態になります。
それから、真理を探究する動機の元となっているものです。

「外側から来る法」の方は単純で「他者が押し付けてくるルール」なので、
法律だったり社会のルールだったりするものです。

だから、木星は自身の中から湧き出てくる「真理」を重要視し、
土星はこの世にある「法律」や「ルール」を重要視します。

木星の力である「内側から来る法」というのは気付くのが難しいもので、
「自分の意志でやってます。」と言って行動しているようでも、
実は誰かの影響か洗脳によって動いていたり、はたまた脅迫か強迫によってやっているかもしれません。

こうした「木星の力」を目覚めさせるには、
まずは「素の自己」を発見していく課程が必要になります。
 

プルート・インパクト(冥王星の衝撃)

そして、占星術で今起きている星の配置で、
木星と土星が近づいていくようになるわけです。


これは占星術用語で「コンジャンクション」といって、
「合致協力」みたいな力を持ちます。


それらに加えて、
さらに冥王星までが「合致協力」することになります。
そうなると何が起きるんでしょうか?

何が起きるんでしょうね・・・・・・

とりあえず言えるのは、
木星と土星は共通して「多くの他者との繋がり」を担っているということです。
木星は「内側の法」で他者と繋がり、土星は「外側の法」で他者と繋がるものなので、
双方の繋がりが強まることで、何か大きな集団が動くことが予想できます。

そして、さらにそれが冥王星と絡んでくることになります。
冥王星は「破壊と再生を司る星」と言われているものなので、
かなり大きな変革が予想できます。

100万人・1000万人単位か、それ以上の規模の集団で何かが起きるかもしれません。
しかも、星の配置は世界中に影響を与えるものなので、
日本だけでなく世界全体で何かが起きることになります。

冥王星のインパクトなので、一見すると大災難かもしれませんが、
それは「より本質的な自己を目覚めさせるのに必要なもの」
と言えるものになるでしょう。

そして、そこで何が起きるかを予想するのが占星術師ってやつなので、
占星術師の間で色んな説が出てくるだろうと思います。
政治に詳しい人は政治、経済に詳しい人は経済を予想したりするかもしれません。

・・・ただ、政治予想や経済予想となると、
そっちの分野に詳しくないといけないので難しいものになりますが・・・

例えば、東京オリンピックは中止になるのか?とか。
確かに中止になってもおかしくないぐらいの星の配置になっていますが、
実際にどうなるかは政治家が何を考えてるのか次第だとも言えます。
「星の意識」を読み取るのは占星術師の専門ですが、
「政治家の意識」を読み取るのは
どっちかというとまったく違った専門になるので、
これについてはなんとも言えません。

社会現象というのはあくまで二次的なものなので、
「木星」と「土星」と「冥王星」が持つ力や、
原理の部分を理解しておくと良いと思います。
なので、今回は原理についてを説明しました。

 
以上。2020年は占星術的に目が離せない世情になるだろうという話でした。


-西洋占星術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「アストロロジーたん」を公開します

◆アストロロジーたん(@astrology_tan)さん | Twitter 『アストロロジーたん』というのをリリースしました。 アストロロジー(占星学、西洋占星術)に関するツイートをするbotです。 …

「12星座を写真加工で表現してみた画像」が出来ました。

strong

【メール鑑定】西洋占星術鑑定について

西洋占星術による鑑定依頼を受けつけています。 生年月日・出生日時・出生地の情報から 西洋占星術による鑑定をして、 結果となるPDFの鑑定書をメールでお送りします。 3000円の通常コースと、 1000 …

西洋占星術における各惑星サインの意味(引用)

西洋占星術における、各惑星の意味の一覧です。 松村潔著『最新占星術入門』に書いてあるものが、物凄く的確に、かつ、良くまとまってる気がしたので、載せておきます。 これは、カバラの解釈や、ヌーソロジーの観 …

「自分の知り合いに見る〇〇座の性格」シリーズ

西洋占星術ネタで、 自分がTwitterで何気なくツイートしてた、 『自分の知り合いに見る〇〇座の性格』というのがあります。 <自分の知り合いに見るおひつじ座の性格> ・とりあえず素で突っ走る能力が高 …

プロフィール

Author:Raimu

魔術・オカルト全般好きな理系。
サイキックの研究とか、占星術とか、
神秘と科学の考察的な、自分の好きなものを置いていきます。

詳しくはこちら

超能力や魔術の研究や、物理学・量子力学を絡めた解明を目的に、少しずつ書いていった連載記事。

『note』のテキストコンテンツとして執筆。社会不適合者が生き残るための考え方や知恵をテーマにしたテキスト。1~5でとりあえず一区切り。第1回目はこちら。

正式名称は『はじめての人でもホロスコープを自分で読めるようになるための記事』。西洋占星術で出した結果をある程度の所まで読めるようになることを目的とした記事。

半田広宣さん提唱の宇宙論・具体的イデア論と言われている『ヌーソロジー』。その基本から実践的な入門までを、自分なりに一通り説明したページ。

その他に作ったものはこちら。

『プロミテウス』というプログラミング学習用のブログを開設しました。
初心者向けの「プログラミング入門」がメインコンテンツになりますので、よろしくお願いします。

noteREQUで西洋占星術による鑑定を有料で受け付けています。生年月日と出生日時から占う命術鑑定です。
通常コースは3000円、簡易コースは1000円にて受け付けています。

Kindle本など。Amazonで買えます。
「佐道来夢」という名前で出してます。

書籍版Kindle版があり。
「4次元」とは何か?というのが主なテーマ。割と理系的な視点から「異世界」について探求していった本と言っても良いかもしれない。
『ヌーソロジー』の理解に必要な「4次元認識」の実践部分もあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
宇宙論『ヌーソロジー』の入門用。半田広宣さん監修の元、ヌーソロジーの主要な知識を押さえれるコンパクトなハンドブック。
「変換人生活のためのヒント」というテーマの書き下ろしテキストもあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
「リアルな魔法使い」とは何か?をテーマに、「目に見えないもの」との付き合い方や、その仕組みなどについて幅広く書いていった。オカルト的なことを実践していたり、関心のある人に読んでもらいたい本。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
ユング、フロイト、ラカンなどの「精神分析」のジャンルを、ヌーソロジーの概念を使って説明することを試みた「ヌーソロジー×精神分析」の本。精神分析の概念がゼロからでを分かるようにしつつ、ヌーソロジーの世界観の理解も深めることができる。
詳細はこちら

メイン⇒@raimu_23tm

占い関連⇒@raimu_23tm_thot

ヌーソロジーたん⇒@noosology_tan

アストロロジーたん⇒@astrology_tan