現代社会考察

シャーマニズムとか、2010年代についてとかのつぶやき

投稿日:

先日、Twitterで以下のつぶやきをした。

 
これについて、もうちょい掘り下げて書きたくなったので書いていく。

まずは、「今の時代」はどんな時代なのかをおさらいしよう。

インターネットの発展と不景気が中心にあった2000年代が終わって、
そこから続いていった2010年代が終わって
いよいよ2020年代に入ってきた。

インターネットや携帯電話がどんどん発展していった2000年代と比べると、
2010年代はスマートフォンの普及やSNSの完成による「インターネット成熟期」と言える。
大衆が取り巻く状況は、LINE、Twitter、Facebook、Instagram、その他諸々のSNSにWebサービス。それから、Youtubeなどの動画コンテンツが中心となっている。

若者がそうして多様なSNSを利用するのが常識となる中で、
色んな奴はいると思うし、思い思いの個性を発揮する人も出てきたと思う。
昔ほどの同調圧力に対してや、古き悪しき風潮に対しては批判的な声が上がるようになってる感じもある。
良い面はもちろんあるが、悪い面ももちろんあると思う。

そうしてインターネットやSNS中心の社会で混沌としている中で、
もしかして恋愛事情とか結婚事情とか性愛事情とかについては、
あまり良くない方向に行きつつあったりするんだろうか?
分かんないけど。若い男女に聞いてまわりたいテーマである。

非婚化・少子化が進んでるのは統計的に確かのようである。

(不破雷蔵さんによる以下の記事より引用)
http://www.garbagenews.net/archives/2013777.html


 
男女問題が荒れると色々と荒れるため、
良い社会とは言いづらくなる。

そんな社会の中で、さらに儲けたい人も出てくるので、
結婚を成功させよう(ビジネス)とか、非モテを脱却しよう(ビジネス)とか、
そうことをやりたがる人も出てくるわけである。
動機は理解できるけれど、たいへん息苦しい。
いちいち金がかかるのとかは止めて欲しい。

 
さて、そんな時代にわざわざマニアックな「シャーマニズム」というテーマに重点を置くことに価値があるのだろうか?

逆に考えると、人間はシャーマニズムなしで幸せになれるのだろうか?

男性の場合は、まずは男らしい感じで自分を高めて、身体を鍛えて体力をつけて、コミュ力を上げて集団に強くなり、仕事もしっかりしたのを選んでなるべく高年収、女性ウケする感じでお洒落にもそれなりに気を使って、良い女性と結婚して末長く幸せになる。

女性の場合は、女らしい感じで自分を高めて、美容とかはまず気を使って、コミュ力は上げるようにして、自立できるように仕事もできるようになって、良い男性と巡り合えるように頑張って、良い男性と結婚して末長く幸せになる。

たしかにそんな感じで理想的な自分を目指せば幸せになれるかもしれない。

しかしながら、そこでハイスペック至上主義になる人は身を滅ぼす。
一部の人しか幸せになれないような考えは邪教みたいなものである。

(あともちろん、別に結婚しないでも幸せに暮らすという路線も全然アリである。ただし、その場合は性欲や孤独への対処が必要になってくる。)

もうちょい簡略化しよう。

男は男らしくて良い人、女は女らしくて良い人になって、
相性の良い人同士が結婚して、お互い浮気することなく幸せに暮らす。

大体、そんな感じで幸せになると良いのが正論だろうけど・・・
もしかして・・・ほとんどできてない人が多いんじゃないだろうか?

少なくとも婚姻率の低下は統計的に現れてしまっている。

なんでなんだろう。
上手くいってない理由はシャーマニズムが関係してるんだろうか?

そんなわけで、シャーマニズムのない世界について考えたら、
以下のテキストが思いついたわけである。

科学的に言うと、道具を使う人間達に勝てる野生動物はいない。
人間はさらにテクノロジーの発展によって、異常なほどに強くなることができた。
野生動物を武力で制圧できるからこそ、人間の文化は守られている。
だから、地球を支配しているのは人間ということになっているし、
人間がこの世で一番頭が良くて強い動物だと言えてしまう。
だから人類はこの世にあるものを全て支配すれば幸福になれると錯覚する。

そうか。人間は地球最強の動物として君臨しているから、
大体の人は目に見えるものを支配することで幸せになろうとする。
そして、大体の強い男や強い女はすぐ調子に乗る。
だから上手くいかないのかもしれない。

もちろんこれは錯覚である。
人間社会で大事なのは、集団で生きていくことである。
そして、そこではなるべくみんなが上手くいくようにならなければならない。向上心を持つ人が潰れることになるのは許してはならない。
利己的で支配的な奴を格好良いと思うのはエゴに過ぎないのである。

そもそも、現代の日本は割と欧米の真似をするのがメインカルチャーみたいになってて、
欧米のモデルで行くのが無理あるのかもしれない。
確かにそのモデルは強くて格好良くて楽しいみたいではあるけど、
別に全員が幸せに生きてるような社会じゃなさそうだし、
あっちの方こそ格差社会が凄い事情を持ち合わせている。
そこにはダークサイドもちゃんとあることを見ないといけない。

そんな社会にならないために、
シャーマニズムの発想や、「上位存在」みたいものが必要だったりするのだろうか?
上位存在という表現はいけ好かないけど、
人間より偉い存在が必要なのだろうか?

あと、シャーマニズムもスピリチュアルも「スピリット(split)」を感じることが前提になる。
スピリットは科学では解明できない。理屈では分からないものだ。
みんなスピリットで愛することができなくなったとか?
スピリットで行動することができなくなったのだろうか?

それから、男にせよ女にせよ
人生事情も恋愛事情もあくまで色々いるわけで、
だめだこりゃ、って人はだめだこりゃって方向行くしかないと思うけど、
ちゃんと頑張ってる人や、フツーに頑張ってる人はもうちょい上手くいって、それなりに幸せになって欲しい。

これもシャーマニズムでなんとかなる問題だったりしないだろうか?
なんというか、もっとこう……男女が誠実な信仰心のあった時代のが上手くいってたりしたのではないだろうか?
上手く言えないけど。

そもそも、人間には良い宗教が必要なものだ。
日本の新興宗教は1990年代でほとんど死んだ。
2010年代に立ち上がって来たスピリチュアルも、すっかり腐った商業手法=スピリチュアルみたいな言われようである。

もうちょい良い宗教とかはないものだろうか?
真面目に考えた方が良いのか?

やはり、今みたいな時代にこそ、
良い宗教のための神学とか、シャーマニズムについてとか、良いスピリチュアルについてとかを
ちゃんと考えていかなければならないのかもしれない。

 
以上。問題提起目的の、思いつきに近いテキストです。
最近そんなことを考えました。
 
ニュー・シャーマニズムについて考える、以下のシリーズをよろしくお願いします!

■変換人型ゲシュタルト論 ~はじめに~


-現代社会考察

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

戦後日本の各世代の特徴をざっくりとまとめてみた

『日本初! たった1冊で誰とでもうまく付き合える世代論の教科書―「団塊世代」から「さとり世代」まで一気にわかる』 ・・・という書籍を読みました。 Amazonより引用すると以下みたいな内容です。 あり …

書籍「ゼロ年代の想像力」に見る、作品分類について(セカイ系とかサヴァイヴ系とか)

宇野常寛という人の書籍『ゼロ年代の想像力』というのを読みました。 これはちょっと一昔前に出た本で、 ゼロ年代(2000年代)と、それ以前の作品から分析する、 大衆心理の変容みたいな批評本でした。 ちょ …

現代の若者意識、「さとり世代」「つくし世代」という言葉をよく考えてみる その1

前にこんなの↓を書きました。 ◆「現代の若者はどんな意識を持ってるのか」問題について考えてみた その1 現代の若者の世代を表す言葉に「ゆとり世代」とか「さとり世代」とかがありますが、 正直、この言葉に …

「現代の若者はどんな意識を持ってるのか」問題について考えてみた その3

前回の続きです。 ◆「現代の若者はどんな意識を持ってるのか」問題について考えてみた その1 ◆「現代の若者はどんな意識を持ってるのか」問題について考えてみた その2   ~目次~ ■「現代の若者は他人 …

「現代の若者はどんな意識を持ってるのか」問題について考えてみた その2

前回の続きです。 ◆「現代の若者はどんな意識を持ってるのか」問題について考えてみた その1   ~目次~ ■「現代の若者は他人からどう見られてるかを気にする」問題について ■学習指導要領の改定の問題に …

プロフィール

Author:Raimu

魔術・オカルト全般好きな理系。
サイキックの研究とか、占星術とか、
神秘と科学の考察的な、自分の好きなものを置いていきます。

詳しくはこちら

超能力や魔術の研究や、物理学・量子力学を絡めた解明を目的に、少しずつ書いていった連載記事。

2021年頃に始めたヌーソロジー学習用のテキストの新作。
哲学、シャーマニズム、数学、神学、古代文明、意識進化、オカルト・・・など色んなジャンルが絡んでくる内容のもので、これを読めば『ヌーソロジー』ってどんなものなのかがざっくりと分かるようになるはず。

『note』のテキストコンテンツとして執筆。社会不適合者が生き残るための考え方や知恵をテーマにしたテキスト。1~5でとりあえず一区切り。第1回目はこちら。

正式名称は『はじめての人でもホロスコープを自分で読めるようになるための記事』。西洋占星術で出した結果をある程度の所まで読めるようになることを目的とした記事。

半田広宣さん提唱の宇宙論・具体的イデア論と言われている『ヌーソロジー』。その基本から実践的な入門までを、自分なりに一通り説明したページ。

その他に作ったものはこちら。

『プロミテウス』というプログラミング学習用のブログを開設しました。
初心者向けの「プログラミング入門」がメインコンテンツになりますので、よろしくお願いします。

noteREQUで西洋占星術による鑑定を有料で受け付けています。生年月日と出生日時から占う命術鑑定です。
通常コースは3000円、簡易コースは1000円にて受け付けています。

Kindle本など。Amazonで買えます。
「佐道来夢」という名前で出してます。

書籍版Kindle版があり。
「4次元」とは何か?というのが主なテーマ。割と理系的な視点から「異世界」について探求していった本と言っても良いかもしれない。
『ヌーソロジー』の理解に必要な「4次元認識」の実践部分もあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
宇宙論『ヌーソロジー』の入門用。半田広宣さん監修の元、ヌーソロジーの主要な知識を押さえれるコンパクトなハンドブック。
「変換人生活のためのヒント」というテーマの書き下ろしテキストもあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
「リアルな魔法使い」とは何か?をテーマに、「目に見えないもの」との付き合い方や、その仕組みなどについて幅広く書いていった。オカルト的なことを実践していたり、関心のある人に読んでもらいたい本。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
ユング、フロイト、ラカンなどの「精神分析」のジャンルを、ヌーソロジーの概念を使って説明することを試みた「ヌーソロジー×精神分析」の本。精神分析の概念がゼロからでを分かるようにしつつ、ヌーソロジーの世界観の理解も深めることができる。
詳細はこちら

メイン⇒@raimu_23tm

占い関連⇒@raimu_23tm_thot

ヌーソロジーたん⇒@noosology_tan

アストロロジーたん⇒@astrology_tan