【連載】変換人型ゲシュタルト論

■変換人型ゲシュタルト論(23) ~「ミクロ知覚」がカギとなる~

投稿日:2022年5月29日 更新日:

不定期連載『変換人型ゲシュタルト論』シリーズ。 記事一覧はこちら。


◆◇「ミクロ知覚」がカギとなる◆◇

『変換人型ゲシュタルトの基礎』の項で書いたように、
ヌーソロジー的な高次元認識の基礎となるものは
『次元観察子ψ1』に対応する概念の「ミクロ」である。

そのため、理屈を超えてミクロを知覚をする「ミクロ知覚」が大事となる。

そこで、自分(Raimu)が以下の書籍でもよく書いている重要な話がある。

それは・・・

人間の「意識」は人間の「脳細胞」で出来ていると言えるし、人間の「脳細胞」は「原子」で出来ている。それから、「原子」は「素粒子」で出来ている。従って、我々の「意識」も、「素粒子」のようによく分からないものに通じていてもおかしくないのではないか?

・・という話である。

これはヌーソロジーを抜きにした素粒子論でも言えることかもしれない。

ちなみに、水素原子の大きさは「約10のマイナス10乗m」
その中の原子核の大きさは「約10のマイナス15乗m」と言われているので、
「素粒子」はそれ以下の世界ということになる。

したがって、人間の身体は1m~2mなので、それの10のマイナス1乗(10分の1)を15回以上続ければ素粒子に辿りつくってことになる。
人間の手の大きさは10cm~20cm。人間の指や目の細さ1cm~2cmなため、それを目安にすれば・・・

100101
イメージできるだろうか?

・・・困難そうな話ではあるけど・・・

これについては『サイキックの研究と分析』シリーズの『ミクロの世界に着目できるか?』の項でも書いている。

■サイキックの研究と分析(17) ~ミクロの世界に着目できるか?~

 

ペンローズの「量子脳理論」

さらに、ロジャー・ペンローズ「量子脳理論」についてが重要である。
これは「脳細胞が素粒子と繋がってるのなら、我々の意識も素粒子に繋がっているのでは?」という仮説に近いものであり、
脳細胞にある「マイクロチューブル(微小管)」が量子の性質を持つため、
意識と量子は関係しているというものだった。

Maikurotyuburu

著書『ペンローズの“量子脳”理論』より引用、ニューロンの中央部分の概念図

◆量子脳理論 – Wikipedia

量子脳理論はペンローズが提唱したものというより、昔から提唱してた人達がいて、
ペンローズはスチュワート・ハメロフと共同で独自のアプローチをしている立場になる。
ペンローズ達は「客観的収縮論」というものを提唱していて、それを元にした量子脳理論が成立すると考えられている。
これを詳しく説明するとなかなか難しい。
以下でも説明しているが・・・

■サイキックの研究と分析(12) ~「量子脳理論」というもの~

つまり、重要なのはアカデミズムの界隈でも有名な物理学者であるペンローズが、「意識の問題に量子力学的な性質が深く関わっている」系の考え方を採用していることである。
これはヌーソロジー的にもとても心強い。

それから、量子力学や素粒子の振る舞いが意識と関係しているということは、それらミクロの存在をどれほど意識できるかが重要になってくる。

ちなみに、『サイキックの研究と分析』の以下の記事では、さらにサイキックや魔術の観点から「ミクロ知覚の方法」についてを書いているので、そちらも参考にしてもらいたい。

■サイキックの研究と分析(18) ~「ミクロ知覚」の方法いろいろ~

 

「無」のコツはミクロのイメージ?

ミクロを意識する話は、前回の主題であった「止観」のコツにも通じた話になってくる。

「止観」の瞑想において、まずは「止(サマタ)」や「エポケー」から入らなければならないことを前回説明した。
これはつまり「何も考えない」状態になるということであり、完全な「無」の状態になれと言ってるのと同義である。

「完全に何も考えない」ということを、やってみてできる人間はどれほどいるだろうか?

・・・思うに、ほとんど人間にとっては、それができれば苦労はしないだろう・・・

しかし、コツとして言えるものがある。
それは「ミクロ」をイメージしてみることである。

100101

人間の身体は1m~2mなので、それの10のマイナス1乗(10分の1)を15回以上続ければ素粒子に辿りつくってことになる・・・
それをイメージしようとしてみたらどうなるだろうか?
そうすると思考が止まる領域に近づくし、
ミクロをイメージすることはそれと同義なのではないだろうか?

そんな感じで、ミクロや素粒子についての理解を深めることで、ヌーソロジー的な理解を深めることができるし、変換人型ゲシュタルトの認識もできるようになってくるのである。
 

↓続き

■変換人型ゲシュタルト論(24) ~量子力学における「重ね合わせ」の原理について~

2013:The Day God Sees God 人類が神を見る日 [ digital edition ]

ヌーソロジーをちゃんと学習するならこれ!
半田広宣さん初出版のものに加えて、
「変換人型ゲシュタルト」のレクチャーが付け足された代表書籍。
PDFのダウンロード版は1650円(税込)。

⇒NOOS ACADEMEIA ONLINE SHOPへ


-【連載】変換人型ゲシュタルト論

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

■変換人型ゲシュタルト論(8) ~変換人型ゲシュタルトとは?(後編)~

不定期連載『変換人型ゲシュタルト論』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇変換人型ゲシュタルトとは?(後編)◆◇ 前編はこちら↓ ■変換人型ゲシュタルト論(7) ~変換人型ゲシュタルトとは?(前編)~ …

■変換人型ゲシュタルト論(12) ~基礎用語④ ケイブコンパス~

不定期連載『変換人型ゲシュタルト論』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇基礎用語④ ケイブコンパス◆◇ これまで「基礎用語編」ということで、 ヌーソロジー用語について主に説明してきたけど、基礎用語編は …

ヌーソロジーと変換人型ゲシュタルトを学ぶ意義→他者への執着が治まることについて考える

『ヌーソロジー』を学ぶ意義とは何か? もとい、『変換人型ゲシュタルト』を理解する意義とは何か? 変換人型ゲシュタルトをマスターしているぐらいヌーソロジーに詳しい友人と ヌーソロジー話をしてた時にこの問 …

■変換人型ゲシュタルト論(24) ~量子力学における「重ね合わせ」の原理について~

不定期連載『変換人型ゲシュタルト論』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇量子力学における「重ね合わせ」の原理について◆◇ 量子力学に「重ね合わせの原理」というものがあることを知っているだろうか? これ …

■変換人型ゲシュタルト論(9) ~基礎用語① 次元観察子と定質/性質など~

不定期連載『変換人型ゲシュタルト論』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇基礎用語① 次元観察子と定質/性質など◆◇ これから変換人型ゲシュタルトを具体的に学習するための「基礎用語編」を始めていく。 言 …

プロフィール

Author:Raimu

魔術・オカルト全般好きな理系。
サイキックの研究とか、占星術とか、
神秘と科学の考察的な、自分の好きなものを置いていきます。

詳しくはこちら

2021年頃に書き始めたヌーソロジー学習用テキストの新作。
哲学、シャーマニズム、数学、神学、古代文明、意識進化、オカルト・・・など色んなジャンルが絡んでくる内容のもので、これを読めば『ヌーソロジー』ってどんなものなのかがざっくりと分かるようになるはず。

ユング心理学が専門でありながら古今東西の文化や宗教全般にも詳しく、スクールカウンセラーとして数多くの実績を持つ偉人、河合隼雄さんの書籍を読み直してその思想を学ぶシリーズです。

超能力や魔術の研究や、物理学・量子力学を絡めた解明を目的に、少しずつ書いていった連載記事。

正式名称は『はじめての人でもホロスコープを自分で読めるようになるための記事』。西洋占星術で出した結果をある程度の所まで読めるようになることを目的とした記事。

『note』のテキストコンテンツとして執筆。社会不適合者が生き残るための考え方や知恵をテーマにしたテキスト。1~5でとりあえず一区切り。
第1回目はこちら。

半田広宣さん提唱の宇宙論・具体的イデア論と言われている『ヌーソロジー』。その基本から実践的な入門までを、自分なりに一通り説明したページ。

その他に作ったものはこちら。

『Raimuのプログラミングノート』というプログラミング関連のブログを開設しました。
初心者向けの「プログラミング入門」がメインコンテンツになりますので、よろしくお願いします。

noteREQUで西洋占星術による鑑定を有料で受け付けています。生年月日と出生日時から占う命術鑑定です。
通常コースは4000円、簡易コースは2000円にて受け付けています。

Kindle本など。Amazonで買えます。
「佐道来夢」という名前で出してます。

書籍版Kindle版があり。
「4次元」とは何か?というのが主なテーマ。割と理系的な視点から「異世界」について探求していった本と言っても良いかもしれない。
『ヌーソロジー』の理解に必要な「4次元認識」の実践部分もあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
宇宙論『ヌーソロジー』の入門用。半田広宣さん監修の元、ヌーソロジーの主要な知識を押さえれるコンパクトなハンドブック。
「変換人生活のためのヒント」というテーマの書き下ろしテキストもあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
「リアルな魔法使い」とは何か?をテーマに、「目に見えないもの」との付き合い方や、その仕組みなどについて幅広く書いていった。オカルト的なことを実践していたり、関心のある人に読んでもらいたい本。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
ユング、フロイト、ラカンなどの「精神分析」のジャンルを、ヌーソロジーの概念を使って説明することを試みた「ヌーソロジー×精神分析」の本。精神分析の概念がゼロからでを分かるようにしつつ、ヌーソロジーの世界観の理解も深めることができる。
詳細はこちら

メイン⇒@raimu_23tm

占い関連⇒@raimu_23tm_thot

ヌーソロジーたん⇒@noosology_tan

アストロロジーたん⇒@astrology_tan