数学

学校で習う数学をカテゴリーで分けてみた図

投稿日:2016年12月10日 更新日:

学校で習う数学を以下のようにカテゴリー分けしてみました。
何気にこれは大学で数学の教職課程を受けていた頃から考えていた図です。

Photo

青はパズルや遊び寄りのカテゴリーといった所で、
赤は実用寄りのカテゴリーといった所です。
あと、「オイラーの公式」に繋がってくるものが多いカテゴリーです。

高校で習う数学は、大体は「実用に絡んだ数学」「オイラーの公式に絡んだ数学」に該当するので、
それを意識して学習をすると、多少は面白みが出るのではないか?と思います。

オイラーの公式ベースで数学を理解するには、
ブルーバックスの『オイラーの公式がわかる 数学の至宝を知る』あたりの書籍が良いと思います。


-数学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「物理学で使う記号を独自マークに置き換えた図」を作成しました。

「量子力学で使う記号を独自マークにする」という活動の一貫として、 「素粒子一覧(和名&独自マークへ置き換えた図)」に続いて、 『物理学で使う記号を独自マークに置き換えた図』というのを作りました。 PD …

佐藤博士の電子書籍シリーズについて紹介しておく

ヌーソロジー界隈でお馴染みの物理学者、 本業としての海外で研究員勤務をしていた実績もある、 佐藤博士が電子書籍を出してるので、 いくつか紹介しておきます。

「寿司 虚空編」というWeb漫画

『寿司 虚空編』というWeb漫画があります。 ◆寿司 虚空編 – 無料マンガサイト pixivコミック 前に読んだことあるけど、 内輪で話題になったからまた読みたくなりました。 タイトルに …

プロフィール

Author:Raimu

魔術・オカルト全般好きな理系。
サイキックの研究とか、占星術とか、
神秘と科学の考察的な、自分の好きなものを置いていきます。

詳しくはこちら。

超能力や魔術の研究や、物理学・量子力学を絡めた解明を目的に、少しずつ書いていった連載記事。

半田広宣さん提唱の宇宙論・具体的イデア論と言われている『ヌーソロジー』。その基本から実践的な入門までを、自分なりに一通り説明したページ。

その他に作ったものはこちら。

Kindle本など。Amazonで買えます。
「佐道来夢」という名前で出してます。

書籍版Kindle版があり。
「4次元」とは何か?というのが主なテーマ。割と理系的な視点から「異世界」について探求していった本と言っても良いかもしれない。
『ヌーソロジー』の理解に必要な「4次元認識」の実践部分もあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
宇宙論『ヌーソロジー』の入門用。半田広宣さん監修の元、ヌーソロジーの主要な知識を押さえれるコンパクトなハンドブック。
「変換人生活のためのヒント」というテーマの書き下ろしテキストもあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
「リアルな魔法使い」とは何か?をテーマに、「目に見えないもの」との付き合い方や、その仕組みなどについて幅広く書いていった。オカルト的なことを実践していたり、関心のある人に読んでもらいたい本。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
ユング、フロイト、ラカンなどの「精神分析」のジャンルを、ヌーソロジーの概念を使って説明することを試みた「ヌーソロジー×精神分析」の本。精神分析の概念がゼロからでを分かるようにしつつ、ヌーソロジーの世界観の理解も深めることができる。
詳細はこちら

メイン⇒@raimu_23tm

占い関連⇒@raimu_23tm_thot

ヌーソロジーたん⇒@noosology_tan

アストロロジーたん⇒@astrology_tan