ヌーソロジー

ヌーソロジー本「ワンネスは2つある」レビュー

投稿日:2018年3月10日 更新日:

ヒカルランド社より新しく出た『ワンネスは2つある』
川瀬統心さんが書いた待望のヌーソロジー本。
一通り読み終わったので、せっかくなのでレビューがてら感想を書きます。

1997年頃から続いているヌーソロジーですが、
商業出版で半田さん以外がヌースを説明するのはこれが初めて。
半田さんが書くと何故かやたらと本が分厚くなりがちだし、
他所からの視点というのも必要なので、
長らく望まれていたことだけど、ようやくここまで来たか・・・という感じです。

分かりやすさ、面白さを重視する川瀬統心さんなだけあって、前半はヌースな話というかは、個人的な体験談や人類史の話が多い。
1980年代の信仰宗教ブームの話とかありますが、自分ぐらいの世代だと、ほとんど生まれてないのでそういうものだったの?という感覚ですが、分かる人も多そうです。
過剰な科学批判や医療批判をする人たちというのもそうした中で出てくるようになります。
しかし、信仰宗教や精神世界ブームもオウムのテロ事件で一気にダメになってしまったから、今度は現世利益で「儲かれば正義」という拝金教の流れに・・・
そして、宗教にせよ拝金教にせよ、みんな1%の成功体験を追い求めるものだから、失敗する人のことを考えておらず、
そもそも、拝金ビジネスも、1%ぐらいの少数の人にしか金が集まらないような仕組みになってるため、失敗する99%の方が現実。
・・・といった、宗教、ビジネスあるあるで勉強になる内容もしばしば書かれてます。

その他、一神教の性質や、そこかしこに難しめの内容も散らばっていますが、
自分が特に気に入ったのは、人類史とキリスト教を絡めた話。
西暦0年以前から始まる人類史において、『前・キリスト期』『従・キリスト期』『脱・キリスト期』『反・キリスト期』『超・キリスト期』・・・といった区分けをすることができて、
かつ、これは特定の人の人生にも表れることがあるという話。
「キリスト教」というのは一神教の在り方の代表で、宗教や信仰の在り方の全般にそういうのが当てはまる。
この辺は個人の生き方にも関わってていて、自分はどの時期を生きてることが多かったか?というテーマは、自分を見つめなおす指標にもなる所です。

後半の章になって、ようやくヌーソロジーの本論へと入ります。
やはりヌーソロジー本論ということで、ここで一気に難しくなるので、人によっては集中して読むなり、何度も読むなりが必要になりそうです。
ただ、難しいヌース用語がどんどん出てくるというのは避けていて、ちゃんと分かるように配慮はされています。
それでいて、「対称性」という幾何学的な構造を押さえているため、しっかりとヌースな内容でもあります。
なかなか難しい所でもあるので、情報が足りない場合は、自分が書いた入門部分なども参照して欲しい所です。

◆「トランスフォーマー型ゲシュタルト・ベーシックプログラム・オマージュ」

川瀬さんによるヌーソロジーの説明では、「別のモノの到来」という所が強調されています。
ユングとも親和性が高い内容なため自分もよく分かりますが、それは自分の中から目覚めるようなものでもあります。
難しい構造の話もありますが、要は「それ」とどう付き合っていくか?というのも、具体的なテーマとなってくる所でしょう。

以上、適度な値段で適度なページ数ですが、
内容が凝縮されているようにボリュームがあって、読んでて面白かったです。
よくまとめてくださったという内容でした。


-ヌーソロジー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【次元観察子ψ5の具体的解説】ヌーソロジーのテキストの追加分ができました

トランスフォーマー型ゲシュタルト・ベーシックプログラム・オマージュ: https://raimuspace.com/noosology/02/tgbp-o_index.html 『トランスフォーマー型 …

ヌースレクチャー2013の内容メモ書きを一挙公開(第1~6回)

東京ヌースレクチャー2013、第1回のメモ書き: http://tetugakunarehate2.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/2013-c62b.html &nbs …

「ヘミシンク」に興味を持ち始めた話

最近、「非物質ガイドの探索」にハマった影響で、 同じくハマり始めたのが「ヘミシンク」。 「ヘミシンク」とは、左右の周波数に意図的に違いを出すことによって、 意識を特殊な精神状態に持っていくという、 モ …

「ヌースレクチャー2009年版DVD」の「メモ書き」を置きました

ヌースレクチャー2009年版のDVD(現在はダウンロード販売)を、 大分前から少しずつ観てたんですが、 そのDVDの内容が観やすいように、 「動画内のどの時間にどういうことを言っているのか?」 を書い …

「NCキューブ」の感想

実は、8月頃に『NC-Cube』なるものを買ってました。 自分の研究してる宇宙論『ヌーソロジー』による技術が使われてる 「空間をフィールド化するパワースポットジェネレーター」(とかなんとか言われている …

プロフィール

Author:Raimu

魔術・オカルト全般好きな理系。
サイキックの研究とか、占星術とか、
神秘と科学の考察的な、自分の好きなものを置いていきます。

詳しくはこちら

超能力や魔術の研究や、物理学・量子力学を絡めた解明を目的に、少しずつ書いていった連載記事。

『note』のテキストコンテンツとして執筆。社会不適合者が生き残るための考え方や知恵をテーマにしたテキスト。1~5でとりあえず一区切り。第1回目はこちら。

正式名称は『はじめての人でもホロスコープを自分で読めるようになるための記事』。西洋占星術で出した結果をある程度の所まで読めるようになることを目的とした記事。

半田広宣さん提唱の宇宙論・具体的イデア論と言われている『ヌーソロジー』。その基本から実践的な入門までを、自分なりに一通り説明したページ。

その他に作ったものはこちら。

『プロミテウス』というプログラミング学習用のブログを開設しました。
初心者向けの「プログラミング入門」がメインコンテンツになりますので、よろしくお願いします。

noteREQUで西洋占星術による鑑定を有料で受け付けています。生年月日と出生日時から占う命術鑑定です。
通常コースは3000円、簡易コースは1000円にて受け付けています。

Kindle本など。Amazonで買えます。
「佐道来夢」という名前で出してます。

書籍版Kindle版があり。
「4次元」とは何か?というのが主なテーマ。割と理系的な視点から「異世界」について探求していった本と言っても良いかもしれない。
『ヌーソロジー』の理解に必要な「4次元認識」の実践部分もあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
宇宙論『ヌーソロジー』の入門用。半田広宣さん監修の元、ヌーソロジーの主要な知識を押さえれるコンパクトなハンドブック。
「変換人生活のためのヒント」というテーマの書き下ろしテキストもあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
「リアルな魔法使い」とは何か?をテーマに、「目に見えないもの」との付き合い方や、その仕組みなどについて幅広く書いていった。オカルト的なことを実践していたり、関心のある人に読んでもらいたい本。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
ユング、フロイト、ラカンなどの「精神分析」のジャンルを、ヌーソロジーの概念を使って説明することを試みた「ヌーソロジー×精神分析」の本。精神分析の概念がゼロからでを分かるようにしつつ、ヌーソロジーの世界観の理解も深めることができる。
詳細はこちら

メイン⇒@raimu_23tm

占い関連⇒@raimu_23tm_thot

ヌーソロジーたん⇒@noosology_tan

アストロロジーたん⇒@astrology_tan