【連載】サイキック研究

■サイキックの研究と分析(15) ~「波の世界」に意識を飛ばせる~

投稿日:2018年11月4日 更新日:

Photo_2

不定期連載『サイキックの研究と分析』シリーズ。 記事一覧はこちら。


前回までは『サイキックの研究と分析』の「量子力学編」ということで、
量子力学の話をしてきました。
色々と小難しい話になってしまったかもしれませんが、
避けては通れない話だったため仕方がなかったです。

これまでは「前座」みたいなものでしたが、
ここからはいよいよ、「素粒子の性質から、サイキックがどのように起きるのか」に踏み込んだ
「素粒子から導けるサイキック仮説」の話をしていこうと思います。
ここからがやっと『サイキックの研究の分析』の本番になります。

『サイキックの研究の分析』において、
「量子力学編」で言いたかったことは、要するに以下になります。

・素粒子は「粒」としての性質と「波」としての性質を持っている。
・素粒子は「不確定性原理」や「重ね合わせ」といったよく分からない性質を持っている。
・コペンハーゲン解釈によると、「波」としての素粒子は、観測することで「粒」として収束する。
・「時間」には「直線的な時間」と「純粋持続」の2種類があり、「純粋持続」がサイキックの鍵を握っている。
・素粒子の性質と人間の意識を絡めて考える、ペンローズの「量子脳理論」は重要である。

以上の点を押さえていれば、
「量子力学編」の所は読み飛ばしても良いかもしれません。
これらの性質から、
「リアルなサイキックはこういう理屈で起こり得る」という
仮説的なものを書いていこうと思います。 
 

◆◇「波の世界」に意識を飛ばせる◆◇

まず、「素粒子は『粒』としての性質と『波』としての性質を持っている。」ということから、
「波の世界」というのがあることを仮定します。

人間の世界には「科学で証明されてないなんだかよく分からない存在が、
波のような形状でその辺をただよってる」
ということです。
これを仮説として、自分は信じています。
そう考えると色々なことが説明できるからです。

Hutatunosekai

この世界は、「波の世界」と「物質の世界」が重なって存在していると捉えると良いでしょう。

Bussitsutonami

さて、巷でよく言われている「幽霊」とかも、
それが見える理由を仮説的に説明するのであれば、
もともとは「波の世界」で「波のような形態」として、
概念というか情報のような状態で幽霊の意識がただよっていて、
それを受信する人が、上手く認識するために「幽霊の姿」のイメージが自動的に出ているのでは?
と思います。
「実際にその姿で存在する」というか、
ホログラムのようにそういう姿が写って見えるようになっていて、
自分の視覚に重なっているような感じです。
自分的にはそっちの解釈の方がしっくり来ます。

Yuureiisiki

「UFO」とかもそっちのがしっくり来ると思います。
「夜空にUnknownな光の飛行物体が見える」という奴です。
円盤の形してるかはどうかは別問題としましょう。
(あと、「何かを幽霊やUFOと見間違えてた」系の話も別問題です。)

Ufoisiki_2

そんでもって、こうした「波の世界」にあるものは、
人間の「意識」とちょくちょく干渉することができる存在になってます。
そこには、幽霊?のように何かしらの「意識」のような存在があって、
それと「イメージ」を介して相互干渉するということがアリなわけです。

Sougokansyou 
 

「波の世界」への意識送信

さて、「波の世界」というものがあることを前提として、
まず起こり得るサイキックとしては、「波の世界」に意識を飛ばす能力です。
あるいは、イメージを介して、目に見えない世界に色々と飛ばすこともできます。

これは、電波発信みたいなものでもあるし、
よく言われてるサイキックだと「テレパシー」に該当します。

「波の世界」を通して意識を飛ばすことで、
他の人へ意識を飛ばすことができる・・・という可能性があるわけです。
あとは、向こう側の「受信」が上手くいけば「テレパシー」の成立です。

Terepasi

ひとまず、「波の世界」というものと、
「意識」による相互干渉が可能ということで、
「波の世界」への意識送信が可能という話でした。
 
 


-【連載】サイキック研究

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

■サイキックの研究と分析(5) ~素粒子の歴史について~

不定期連載『サイキックの研究と分析』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇素粒子の歴史について◆◇

■サイキックの研究と分析(23) ~観測によって物質化する~

不定期連載『サイキックの研究と分析』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇観測によって物質化する◆◇

■サイキックの研究と分析(40) ~確信の法則~

不定期連載『サイキックの研究と分析』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇確信の法則◆◇ 次に、『確信の法則』についてです。 『確信の法則』は、『認知の法則』の次段階のものと言うことができるものです。 …

■サイキックの研究と分析(32) ~1980年代は精神世界のジャンルが流行っていたらしい~

不定期連載『サイキックの研究と分析』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇1980年代は精神世界のジャンルが流行っていたらしい◆◇

■サイキックの研究と分析(7) ~コペンハーゲン解釈と重ね合わせ状態~

不定期連載『サイキックの研究と分析』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇コペンハーゲン解釈と重ね合わせ状態◆◇

プロフィール

Author:Raimu

魔術・オカルト全般好きな理系。
サイキックの研究とか、占星術とか、
神秘と科学の考察的な、自分の好きなものを置いていきます。

詳しくはこちら

超能力や魔術の研究や、物理学・量子力学を絡めた解明を目的に、少しずつ書いていった連載記事。

『note』のテキストコンテンツとして執筆。社会不適合者が生き残るための考え方や知恵をテーマにしたテキスト。1~5でとりあえず一区切り。第1回目はこちら。

正式名称は『はじめての人でもホロスコープを自分で読めるようになるための記事』。西洋占星術で出した結果をある程度の所まで読めるようになることを目的とした記事。

半田広宣さん提唱の宇宙論・具体的イデア論と言われている『ヌーソロジー』。その基本から実践的な入門までを、自分なりに一通り説明したページ。

その他に作ったものはこちら。

noteREQUで西洋占星術による鑑定を有料で受け付けています。生年月日と出生日時から占う命術鑑定です。
通常コースは3000円、簡易コースは1000円にて受け付けています。

Kindle本など。Amazonで買えます。
「佐道来夢」という名前で出してます。

書籍版Kindle版があり。
「4次元」とは何か?というのが主なテーマ。割と理系的な視点から「異世界」について探求していった本と言っても良いかもしれない。
『ヌーソロジー』の理解に必要な「4次元認識」の実践部分もあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
宇宙論『ヌーソロジー』の入門用。半田広宣さん監修の元、ヌーソロジーの主要な知識を押さえれるコンパクトなハンドブック。
「変換人生活のためのヒント」というテーマの書き下ろしテキストもあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
「リアルな魔法使い」とは何か?をテーマに、「目に見えないもの」との付き合い方や、その仕組みなどについて幅広く書いていった。オカルト的なことを実践していたり、関心のある人に読んでもらいたい本。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
ユング、フロイト、ラカンなどの「精神分析」のジャンルを、ヌーソロジーの概念を使って説明することを試みた「ヌーソロジー×精神分析」の本。精神分析の概念がゼロからでを分かるようにしつつ、ヌーソロジーの世界観の理解も深めることができる。
詳細はこちら

メイン⇒@raimu_23tm

占い関連⇒@raimu_23tm_thot

ヌーソロジーたん⇒@noosology_tan

アストロロジーたん⇒@astrology_tan