【連載】サイキック研究

■サイキックの研究と分析(21) ~サイキックのエネルギー問題~

投稿日:2018年12月15日 更新日:

Photo_2

不定期連載『サイキックの研究と分析』シリーズ。 記事一覧はこちら。


◆◇サイキックのエネルギー問題◆◇

前回、『微小レベルで物質に影響する』の所で「エネルギー」の話を少ししました。
物理的に大きな現象を起こすには、それだけ大きなエネルギーが必要になります。

例え便利そうな魔法があったとしても、何でもできるわけではない。
何かを生み出すためには同等の代価が必要になる・・・
錬金術における等価交換の原則
みたいなものです。

Renkin

有名な漫画に書いてある原則。

サイキックで出てくる「エネルギー」とは、
とりあえず「意識エネルギー」みたいなものということにしましょう。
それがサイキックエネルギーみたいなものです。ドラクエとかだとMP。

サイキックで使えるエネルギーは、物理的には大した量ではないので、
これは目立った物理現象を起こすことには向いてません。
だから、スプーンをちょっと柔らかくするとか、生体への作用が期待できる程度の力になります。
他にも、物が何かズレて音が鳴るとか、風の向きが変わるとか、ラップ音とか、電化製品に異常が出る・・・といったこともあり得ます。
この辺は、リアルにありそうなポルターガイストというやつです。

結局、火を出したり、空飛んだり、シールド張ったり、装甲を作ったり、瞬間移動したり・・・とかをするには、
石油何リットル分のエネルギー(みたいなもの)がいるの?という話になる。・・・と思います。
そういうのに相当する意識エネルギーがあればの話ですけど。

ちなみに、漫画『鋼の錬金術師』では、錬金術を使うのに地殻エネルギー(地震とか噴火とかを起こす地下にあるエネルギー)を使ってるという設定になっています。
さすが、等価交換の原則が出てくるだけあってリアリティが考慮されています。
あの世界の錬金術師達は地殻エネルギーの変換能力者ということになります。
 

それから、この世界にリアルに偏在する「意識エネルギー」の世界も奥が深く、
例えば、日本の神社に住まわれる神様なども力を持っているものです。
しかし、力やエネルギーをただで貸してくれるかどうかは分からないし、
やはり物理的に大きな現象を起こすものとなると難しいものです。

Zinzya

俗に言う「スピリチュアルスポット」という場所にはエネルギーが偏在している。日本だと神社が一番身近なスポットだと言える。

サイキックの実現において、エネルギーの問題とか考えてしまうと、
夢のない話になってしまいますが・・・

ただ、逆に言えばエネルギーの問題を解決すれば、
大きな現象を起こすことも可能かもしれない?ということでもあって、
仮に、電気エネルギーや熱エネルギーといったものを、
サイキックエネルギーに変換する技術があって、
エネルギーのこもったバッテリーを利用するシステムであれば、色々と可能かもしれません。

あと、これは「フリーエネルギー」の話にもなりますけど、
何か特殊なエネルギーの発生機構みたいなものが作れれば強力なサイキックが可能であるとか?
そういうファンタジーを考えると夢が広がるかもしれません。
 

ピラミッドについて

ここまで、割と夢とロマンのない話をしてしまいましたが、
自分がなんとなく信じている伝説・噂話があります。

それは、エジプトのピラミッドはサイキックの力を使って作られたというものです。

Piramiddo

これについては、自分は何故だかリアリティを感じていたりします。
まぁ、そもそも普通の労働システムであれだけ巨大な建造物を作るのは
物理的にどこまで可能なのか?って話もあるので、
その辺の追求は考古学者や科学者にお任せしたいです。

自分のツテの情報(大体ヌーソロジーの情報)によると、
ピラミッドが作られた時代(およそ紀元前2600年ぐらいから長期間)は、
今のように人間が住んでいたような感じでは無かったらしいです。
いわば、人間の前にいた宇宙人か、古代人のような存在が住んでいたようなものと言っても良いでしょう。

Eziputo2

不思議な絵、変な絵がいっぱい残っている時代。数学、天文学とかの発展ぶりも凄かった記録がある。

その辺りの時代は、物質というものが今のように物質的・・・というよりかは、
もっと物質と意識の境界、粒と波の境界が曖昧な時代だったらしいです。
だから、「波の世界」⇒「物質の世界」への作用も、
「物質の世界」⇒「波の世界」への作用もしやすく、
サイキックが全般的に作用しやすかったわけです。

ピラミッドはそんな時代に作られたからこそ、サイキックによって作られたという可能性があります。
(そもそもあれが作られた理由は神々との交信のためとか、宇宙のための壮大な儀式のためとか、諸説あります。)

 
※ちなみに、ヌーソロジーだけじゃなくてこの辺の情報もなかなか良いです。

以上のように、紀元前より前ぐらいにあった古代文明はおおよそ・・・我々の常識とは全然違っていて、
実は想像がつかないことになっていたような、そんな感じなのだと思います。

サイキックを使って作られたのはエジプトのピラミッドだけでなく、イギリスのストーンヘンジとか、イースター島のモアイ象とか、メキシコのマヤ文明の遺跡とか・・・その辺もそうかもしれません。

というわけで、自分は真面目にサイキックの研究をしている中で、
そういうことにはロマンは感じているわけです。
 
 


-【連載】サイキック研究

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

■サイキックの研究と分析【番外】 ~サイキックとタイムリープ~

『サイキックの研究と分析』シリーズの番外編。 記事一覧はこちら。 ◆◇サイキックとタイムリープ◆◇ 「タイムリープ」というのを聞いたことがあるでしょうか? 直訳すると「時間跳躍」なので、 その言葉が指 …

■サイキックの研究と分析(44) ~共鳴の法則~

不定期連載『サイキックの研究と分析』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇共鳴の法則◆◇ これまで、『贈与の法則』と『源泉の法則』について説明していきました。 基本的に、サイキックで扱う意識エネルギー的 …

■サイキックの研究と分析(48) ~癒着してしまうこと~

不定期連載『サイキックの研究と分析』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇癒着してしまうこと◆◇ 次に『癒着してしまうこと』についてです。 「癒着」の意味は、ざっくり言うと「くっつくべきでないものがくっ …

■サイキックの研究と分析(34) ~魔術や魔法の4大区分「術」「信」「智」「体」~

不定期連載『サイキックの研究と分析』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇魔術や魔法の4大区分「術」「信」「智」「体」◆◇

■サイキックの研究と分析(28) ~サイキックとタルパについて~

不定期連載『サイキックの研究と分析』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇サイキックとタルパについて◆◇

プロフィール

Author:Raimu

魔術・オカルト全般好きな理系。
サイキックの研究とか、占星術とか、
神秘と科学の考察的な、自分の好きなものを置いていきます。

詳しくはこちら

超能力や魔術の研究や、物理学・量子力学を絡めた解明を目的に、少しずつ書いていった連載記事。

『note』のテキストコンテンツとして執筆。社会不適合者が生き残るための考え方や知恵をテーマにしたテキスト。1~5でとりあえず一区切り。第1回目はこちら。

正式名称は『はじめての人でもホロスコープを自分で読めるようになるための記事』。西洋占星術で出した結果をある程度の所まで読めるようになることを目的とした記事。

半田広宣さん提唱の宇宙論・具体的イデア論と言われている『ヌーソロジー』。その基本から実践的な入門までを、自分なりに一通り説明したページ。

その他に作ったものはこちら。

noteREQUで西洋占星術による鑑定を有料で受け付けています。生年月日と出生日時から占う命術鑑定です。
通常コースは3000円、簡易コースは1000円にて受け付けています。

Kindle本など。Amazonで買えます。
「佐道来夢」という名前で出してます。

書籍版Kindle版があり。
「4次元」とは何か?というのが主なテーマ。割と理系的な視点から「異世界」について探求していった本と言っても良いかもしれない。
『ヌーソロジー』の理解に必要な「4次元認識」の実践部分もあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
宇宙論『ヌーソロジー』の入門用。半田広宣さん監修の元、ヌーソロジーの主要な知識を押さえれるコンパクトなハンドブック。
「変換人生活のためのヒント」というテーマの書き下ろしテキストもあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
「リアルな魔法使い」とは何か?をテーマに、「目に見えないもの」との付き合い方や、その仕組みなどについて幅広く書いていった。オカルト的なことを実践していたり、関心のある人に読んでもらいたい本。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
ユング、フロイト、ラカンなどの「精神分析」のジャンルを、ヌーソロジーの概念を使って説明することを試みた「ヌーソロジー×精神分析」の本。精神分析の概念がゼロからでを分かるようにしつつ、ヌーソロジーの世界観の理解も深めることができる。
詳細はこちら

メイン⇒@raimu_23tm

占い関連⇒@raimu_23tm_thot

ヌーソロジーたん⇒@noosology_tan

アストロロジーたん⇒@astrology_tan