ヌーソロジー

「NCキューブ」の感想

投稿日:2018年12月24日 更新日:

Dkyvqn0vsaa7ktc_3

実は、8月頃に『NC-Cube』なるものを買ってました。
自分の研究してる宇宙論『ヌーソロジー』による技術が使われてる
「空間をフィールド化するパワースポットジェネレーター」(とかなんとか言われているもの)です。
以下に専用ページがあります。

◆NC-cube – NOOS ACADEMEIA.SHOP

ヌーソロジーの副産物ということで、
せっかく買ったので毎日利用する勢いで使ってます。

まぁ、流石なお値段なだけあって、
確かなエネルギーを感じるので良い商品なのではないでしょうか?
 

NCキューブの特徴と使い方

この「NCキューブ」というものは、
要は「目に見えない」系のエネルギーを発生させるものですが、
その特徴は「エーテルモード」「アストラルモード」という二つのモードを、
電流の流れをそれぞれ逆にすることで実現していて、
二種類のエネルギーを使い分けることができる所です。

よって、この二つのモードでそれぞれ違った働きがあります。
公式の説明書による説明では、
エーテルモードは「生体の生命力を活性化する働き」、
アストラルモードは「心の疲れを癒す働き」、
と書かれていますが、
どういう印象を持つかは、
それぞれ人によって異なるかもしれません。

自分的には、それぞれの二つのモードの感想は以下でした。


エーテルモード
どっちかと言うとスピリチュアルとかアセンションとかそっち系の能力。
基本的に浄化力が強い。塩とか水晶とかにも近い力。
使ってると眠くなってくることもあるかもしれない。
何もしてないと意識が薄くなってきて、思考が曖昧になる感じ。

アストラルモード
第一印象は、なんか「筋トレに良さそう」だった。
筋肉をつける方向性というのは・・・ちゃんとした肉体を持って物事に対処しようとする方向性であり、
どっちかというと確たる自我を持っておく方向になる。
あとは、なんか「遊び」をするときに、
アストラルモードを使うと熱中できる要素もある気がする。


という感じ・・・
こういうものの効果の説明ってのは恐らく難しくて、
それぞれ「生体の生命力を活性化」・「心の疲れを癒す」とありますが、
「エーテル」「アストラル」で、
「どっちかと言うと逆」な力も持ち合わせてるんじゃないか?と思います。

自分の主な使い方としては、基本は「エーテルモード」ぶっ放し状態というか、
外出中とか以外でなんか付けたくなった時は、
とりあえずエーテルモードでスイッチを入れてます。

特に、寝る時は大体エーテルモードにしています。
こちらのモードは、意識を曖昧にする作用がありそうなので、
睡眠時につけるのには良さそうです。

そんでもって、
「毎日の5分程度の瞑想にNCキューブのエーテルモードを使ってやろう」
ということで、
手持ちの水晶と一緒にエネルギーを感じつつ、
呼吸法を使いつつの、
簡単瞑想行みたいなことをやってます。

Suisyoueteru

以上のように、水晶などを効果を底上げする力はありそうなので、
そういう使い方はあると思います。

例えば、仏教で伝統的な「座禅」とかをするとき、間違えると魔境に入ってしまうなんて話がありますが、「魔境除けの作用」ってのも確実にあると思います。

あと、タロットカードとか使ってる人だったら、
確実に効果を上げることができるんじゃないかな?と思います。
 

アストラルモードの使い方

それから、次に「アストラルモード」の使い方について。

Autorarumodo

さっき書いたように、第一印象が「筋トレに良さそう」と思ったので、
簡単な筋トレの時につけてみたり、
あとは・・・そうですね、
ネットでガチの対戦ゲーム(スマブラのネット対戦)とかやる時に、
つけると良いんじゃないか?ってことで、
そういう時につけてみたりしてます。

人が集まってパーティとかやる時も、
もしかするとアストラルモードとかのが良いんじゃないですかね?
自分はまだそういう使い方はしてないですけど。

こちらのモードはどっちかというと、
「自我強化」だったり、「自我安定」の効果があるので、
意識がフワフワしすぎた時に、
グラウンディング的に地に足をつけたい時の
意識への移行に良いんじゃないか?と思います。

あと、先ほど、自分の使い方の基本は、エーテルモードぶっ放しと言いましたが、
たまに「熱気みたいなエネルギーが欲しい」という時はアストラルモードにしてます。
それから、「エーテルのが睡眠に適してる」と言いましたが、
アストラルのが向いてる時もたまにあります。
やはり、グラウンディングした方が寝れる時はアストラルモードの方が良さそうです。

それから、「朝のアストラルモード」は良いです。
意識の輪郭みたいなのがすっきりしてきて、
何だかムキムキマンのイメージが出て、
今日も一日頑張ろうな目覚めになります。

この本の表紙みたいな感じ。

以上、そんな感じがNCキューブの効用です。
(個人の感想です。)

エーテルモードとアストラルモードはそれぞれ別の用途があるので、
色々と試してみるとまだまだ使い道があるかもしれません。

買ったからには使い込んでいきたいですね!


-ヌーソロジー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ヌーソロジー・半田広宣氏に聞く「2013年以降の世界とは?」という記事

ヌーソロジー・半田広宣氏に聞く「2013年以降の世界とは?」: http://www.right-net.co.jp/mt/2013/08/07/post-46.html こんな記事見つけました。 投 …

「シリウス・ファイル」を非公式公開します

「シリウス・ファイル」公開所(非公式): https://raimuspace.com/noosology/sf/sirius_file.html 『シリウス・ファイル』とは、 半田広宣さん提唱の宇宙 …

「ヌーソロジーたん」の姿をリニューアルしました

◆ヌーソロジーたん(@noosology_tan)さん | Twitter 『ヌーソロジーたん』の姿を新しくしました。名付けて、2019年、令和元年Versionです。 『ヌーソロジーたん』とは、20 …

【次元観察子ψ1~ψ4、具体的解説】ヌーソロジーの新しいテキストができました

トランスフォーマー型ゲシュタルト・ベーシックプログラム・オマージュ: https://raimuspace.com/noosology/02/tgbp-o_index.html ヌーソロジー入門用の新 …

ヌーソロジー本「ワンネスは2つある」レビュー

ヒカルランド社より新しく出た『ワンネスは2つある』。 川瀬統心さんが書いた待望のヌーソロジー本。 一通り読み終わったので、せっかくなのでレビューがてら感想を書きます。

プロフィール

Author:Raimu

魔術・オカルト全般好きな理系。
サイキックの研究とか、占星術とか、
神秘と科学の考察的な、自分の好きなものを置いていきます。

詳しくはこちら

超能力や魔術の研究や、物理学・量子力学を絡めた解明を目的に、少しずつ書いていった連載記事。

『note』のテキストコンテンツとして執筆。社会不適合者が生き残るための考え方や知恵をテーマにしたテキスト。1~5でとりあえず一区切り。第1回目はこちら。

正式名称は『はじめての人でもホロスコープを自分で読めるようになるための記事』。西洋占星術で出した結果をある程度の所まで読めるようになることを目的とした記事。

半田広宣さん提唱の宇宙論・具体的イデア論と言われている『ヌーソロジー』。その基本から実践的な入門までを、自分なりに一通り説明したページ。

その他に作ったものはこちら。

『プロミテウス』というプログラミング学習用のブログを開設しました。
初心者向けの「プログラミング入門」がメインコンテンツになりますので、よろしくお願いします。

noteREQUで西洋占星術による鑑定を有料で受け付けています。生年月日と出生日時から占う命術鑑定です。
通常コースは3000円、簡易コースは1000円にて受け付けています。

Kindle本など。Amazonで買えます。
「佐道来夢」という名前で出してます。

書籍版Kindle版があり。
「4次元」とは何か?というのが主なテーマ。割と理系的な視点から「異世界」について探求していった本と言っても良いかもしれない。
『ヌーソロジー』の理解に必要な「4次元認識」の実践部分もあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
宇宙論『ヌーソロジー』の入門用。半田広宣さん監修の元、ヌーソロジーの主要な知識を押さえれるコンパクトなハンドブック。
「変換人生活のためのヒント」というテーマの書き下ろしテキストもあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
「リアルな魔法使い」とは何か?をテーマに、「目に見えないもの」との付き合い方や、その仕組みなどについて幅広く書いていった。オカルト的なことを実践していたり、関心のある人に読んでもらいたい本。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
ユング、フロイト、ラカンなどの「精神分析」のジャンルを、ヌーソロジーの概念を使って説明することを試みた「ヌーソロジー×精神分析」の本。精神分析の概念がゼロからでを分かるようにしつつ、ヌーソロジーの世界観の理解も深めることができる。
詳細はこちら

メイン⇒@raimu_23tm

占い関連⇒@raimu_23tm_thot

ヌーソロジーたん⇒@noosology_tan

アストロロジーたん⇒@astrology_tan