ヌーソロジー

ヌーソロジーの理解に役立ちそうな動画など

投稿日:2019年9月16日 更新日:

ヌーソロジーの枠外のもので、
「ヌーソロジーの理解に役立ちそうな動画」
に該当するものを、
いくつか心当たりがあるので、ちょっと載せてみます。

『Raimuのヌーソロジー入門』に載せてるのもありますが、
一応、ここにも載せておこうと思います。
 

視点調整系

一つの視点から色んな景色が映る動画

Kubrick – One point perspective w/Beethoven arr. Carlos

まずはこれです。
「一つの視点から色んな景色が映る」というコンセプトの動画。
言い変えるなら、「不動の視線」から「景色だけが動く」というものになります。
この感覚がヌーソロジーでは重要で、
「空間が不動で視線が変わる」
という感覚を逆転させることが、
ヌーソロジーで重要視する「反転」の入り口になります。

これらの映像は、まるですべて「記憶」にあるもののようで、
「記憶」が人間の世界のイメージを作っていることを問いかける動画とも言えます。

この画面から「垂直」の方向は、
3次元空間から「垂直」の方向になっていて、
「4次元目の軸」の方向を指している所も重要です。
つまり、「4次元空間」への入り口にもなっているわけです。

自分が作った下記の図の
真ん中の「・」も、「4次元目の軸」の位置を表しています。

 

~関係してる次元観察子~

次元観察子ψ3
 

フラフープ上につけたカメラ動画

Hula Cam- GoPro Hula Hoop (Watch in HD)

「フラフープにカメラをつけて、そこから映像を撮った」というもの。
なかなか光景としても面白いものです。
フラフープは「自分を中心に回っているもの」になるわけですが、
逆に「回ってる側」から観るとこうなる、というものになります。
これもある意味、「視線は変わってないけど景色が変わっている」という状態を表していることになります。
また、「自分の後ろ側」を映してる姿でもあるので、
ある意味では「客観」を不動の視線から映している姿でもあります。
 

~関係してる次元観察子~

次元観察子ψ3と、次元観察子ψ3⇒次元観察子ψ4の視点。
 

身体は移動してないけど景色が移動してる動画

Willow – Sweater (Official Video)

「身体は移動してないけど景色が移動してる状態」
という状態を、映像で無理やり作ってる作品です。
とある音楽のPVらしく、
こういう状態こそが「CREATE」の鍵になっているので、
このPVを思いついた人はなかなか良いセン行ってると思います。
こうした「不動の身体」も、ヌーソロジーを理解するためのキーワードなので、
この映像もかなりヌース的に面白いものになります。
 

~関係してる次元観察子~

次元観察子ψ5
 

3次元空間のイメージは人の想像が作り出してることが分かる動画

Assumptions

一見すると普通のテーブルとイスがあってコップが置いてある部屋。
ところが実際は・・・?
手品師であり心理学者であり啓蒙活動家でもあり
幅広い経歴を持つ『リチャード・ワイズマン』によるトリッキーな動画。
 

関係してる次元観察子

次元観察子ψ1~ψ2,次元観察子ψ4の脱出
 

ダグラス・ハーディングの方法

ここを指さす

『頭がない方法』という、自己発見メソッドで有名な
ダグラス・ハーディング氏の話は、
ヌーソロジーと凄く親和性がある、というか、
ほとんど同じことを言ってるレベルで近いものです。
気になる人は是非ともチェックしてみましょう。

以上の動画で説明しているワークを、
サイト上で説明しているページもあります。

◆ここを指さす

ダグラスの話を理解するには、まず、このワークを何度もやってみることから始めるらしいです。
ヌーソロジーでもそのまま使えるかもしれません。

Youtubeの「FacelessJapanFilms」チャンネルで、
色んな動画を観ることもできます。

 

少し脱線。「声と音」について

山崎阿弥「あなたが聞けば世界は歌い出す」

声と音を極めたアーティスト、
山崎阿弥さんという女性による、14分ぐらいのTED講演です。

この人は、非常に特殊な「音」が発声できる上に、
「音」の反響から遠くの空間まで把握できるらしいです。
動画内容のインパクトが凄いので、
とりあえず一見の価値があります。

「音の世界」は、ある意味「目に見えない世界」に通じているもので、
現代人が忘れがちな生命の感覚も、そこに含んでいます。
ベルクソンの言葉で言えば、「持続空間」というものがそこにあります。

ヌーソロジーで扱う「知性」と「音の世界」との絡みで言うと、
別物として解釈して繋げていく必要がありますが、
ヌースで行き着く世界としてとても重要なものになります。
 

おまけ。ミュージックビデオ作品

Fugenn & The White Elephants “Prays” from the album “Prays” official PV

『NOOS Beginner’s Rack』のOPの挿入曲に採用された音楽、
Fugenn & The White Elephantsというアーティストによる『Plays』という曲のPV。
めちゃくちゃ格好良いし、自分もこういう感じの曲こそが好きだし、
ヌーソロジーの「反転」の表現として適してるイメージなので聴いておくと良いと思います。
スピリチュアルでもマテリアルでもない感じ。

 
・・・以上。
ヌーソロジーを理解するにおいて、
絡んだジャンルに色々と脱線してみるのも良いと思います。


-ヌーソロジー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ヌーソロジー用語のIME辞書を作ってみました

ヌーソロジー用語のIME辞書を作ってみました。 IME辞書っていうのは、 パソコンで入力した文章を、漢字に変換する時に使う、 読み仮名と漢字の一覧です。 これを登録しておくと、用語を変換しようとした時 …

書籍「2013:人類が神を見る日」はここが良い

ヌーソロジーの公式サイトから、書籍『2013:人類が神を見る日』のダウンロード版(¥1,500)が出ました。 PDF形式の電子書籍です。 タブレット端末を持ってる方なら、「Sidebooks」などのア …

ヌーソロジーの次元観察子とVR(バーチャルリアリティ)空間の対応

最近、ヌーソロジーとVR・3Dゲームに関する気付きがあって、 これがなかなかしっくり来ているのでまとめてみます。 主に偶数系の元止揚の次元観察子、 ψ4、ψ6、ψ8のあたりは、 4次元時空としての空間 …

2013年コミックマーケット(冬)3日目販売、次元構想サークル「ヌーソロジー入門」

  著書の概要 タイトル:「ヌーソロジー」入門 ヌーソロジー基本概要/ヌーソロジー覚え書き サークル:次元構想サークル 著者:tatsu,Raimu イラスト:へびつかい ページ数:約100p 値段: …

Raimuのヌーソロジー入門で「アニマンダラ」の紹介ページを作りました。

天海ヒロさんの「アニマンダラ」は紹介しておきたい! ということで、Raimuのヌーソロジー入門の下の方に 紹介する項目を作りました。 ◆「アニマンダラ」について ページにも書いてありますが、 「内骨格 …

プロフィール

Author:Raimu

魔術・オカルト全般好きな理系。
サイキックの研究とか、占星術とか、
神秘と科学の考察的な、自分の好きなものを置いていきます。

詳しくはこちら。

超能力や魔術の研究や、物理学・量子力学を絡めた解明を目的に、少しずつ書いていった連載記事。

半田広宣さん提唱の宇宙論・具体的イデア論と言われている『ヌーソロジー』。その基本から実践的な入門までを、自分なりに一通り説明したページ。

その他に作ったものはこちら。

Kindle本など。Amazonで買えます。
「佐道来夢」という名前で出してます。

書籍版Kindle版があり。
「4次元」とは何か?というのが主なテーマ。割と理系的な視点から「異世界」について探求していった本と言っても良いかもしれない。
『ヌーソロジー』の理解に必要な「4次元認識」の実践部分もあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
宇宙論『ヌーソロジー』の入門用。半田広宣さん監修の元、ヌーソロジーの主要な知識を押さえれるコンパクトなハンドブック。
「変換人生活のためのヒント」というテーマの書き下ろしテキストもあり。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
「リアルな魔法使い」とは何か?をテーマに、「目に見えないもの」との付き合い方や、その仕組みなどについて幅広く書いていった。オカルト的なことを実践していたり、関心のある人に読んでもらいたい本。
詳細はこちら

書籍版Kindle版があり。
ユング、フロイト、ラカンなどの「精神分析」のジャンルを、ヌーソロジーの概念を使って説明することを試みた「ヌーソロジー×精神分析」の本。精神分析の概念がゼロからでを分かるようにしつつ、ヌーソロジーの世界観の理解も深めることができる。
詳細はこちら

メイン⇒@raimu_23tm

占い関連⇒@raimu_23tm_thot

ヌーソロジーたん⇒@noosology_tan

アストロロジーたん⇒@astrology_tan

今 日 の 月 相

各月相の意味の一覧